« 伊豆の温泉と花見 ラーメンと宿編 | トップページ | レンジャク »

2018/03/12

伊豆の温泉と花見 桜・桜・菜の花編

Img_5672

 昨日の強風は何だったのかと思わせるほど風は止み雨も降っていない。残念なのは太陽が顔を出していないがこれなら花見が楽しめる。

※写真は下賀茂の「みなみの桜」

 

Img_4534

宿の朝食は有り触れた内容です。味噌汁には伊勢海老が入って居る。伊勢海老コースでない人はどうなって居るのかと気に成る。伊豆のアジの開きは美味い。 会場は建具が取り外され大広間に変身し5組の宿泊客が居た事が解った。
10時のチェックアウトですが9:45分出発。

Img_5747

みなみの桜と菜の花畑に向かう。

Img_5681

有料駐車場500円を払い散策。強風にもめげず花は散っていなかったが寒い。

Img_5684
Img_5687
早速見つけた桜茶のサービスと100円の甘酒。フ~生き返る。 そして道の駅で野菜の買い出し。

Img_5741

Img_5723

車を1.5キロほど東の駐車場に駐め直し「日野の菜の花畑」を見る(駐車場は一度払うと供用出来る)。

Img_5787

場所を変えて河津まで来ました。 駐車場は700円。因みに甘酒200円で全て物価が高い。平日なのに駐車場は満車に近い。

Img_5756

満開をチョット過ぎた感じだった。観光客が押し寄せている。隣の国からも声も態度も でかい連中が大勢来ている。

Img_5760

Img_5760_1

カタカナの「シ」と「ツ」が書けない人は多い。「れつぴ って何ですか?」と店に聞きたくなる。

Img_5772

やっぱり猿回しは来ているんですね。

Img_5816

昼ご飯はセルフで焼いて食べるこの店で食べる事にした。

Img_5802

Img_5809

サザエ・アジの干物各300円・豚汁セット500円。

Img_5822

隣の店で こんにゃくの味噌デン100円。これらを夫婦でシェア。
今回はサザエの串焼き(偽サザエ)は何所にも売られていなかった。 何時も思う事は二ヶ所の桜名所ですが圧倒的に みなみの桜が良いですね。落ち着いてユックリ見られ情緒もあります。

Img_4536

花見が終わって向かったのは東京ラスク。

Img_4537

此所では無料のコーヒーが飲めます。 妻は?と見ればラスクを買わないで店先で売られている農産物を買っています。

Img_4538

旅の〆は村の駅。此所でも農産物に宍道湖産のシジミとナメタガレイを見つけて買った。 二人きりの生活なのに農産物を沢山買って、食い終わる頃には鮮度が落ちてるよ、、、

« 伊豆の温泉と花見 ラーメンと宿編 | トップページ | レンジャク »

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

吹き付ける風は冷たくて寒いですが、暖かな部屋でブログを拝見していると春そのもの風景ですね。
今年も桜と菜の花の風景がとても綺麗です。
ウキウキする春の風景ですね。
伊豆にも五月蠅い団体さんがいましたか・・・二週続けて梅鑑賞に出かけたのですが、此方両方ともに居られましたよ。
本当に五月蠅いですね!!
農産物を買うのも主婦の楽しみです。^^ アジの干物が美味しそうです。

ちょっと待ってくださいな!!
私は長い間ずっと『みなみの桜』 = 『河津』 だと思っていました。
どちらも川沿いなんですね。似たような地形なので何の疑いも持ちませんでした^^;
県内に住んでいながら恥ずかしいです^_^;

わさびの新芽もあったんですね。季節の物ですね。

桜茶が美味しそうです。桜葉が使われているものは香りも味も好きなので桜を愛でながら飲みたいものです。

ニャン様
桜の元で毛氈を引いて花見をする気にはとても成れないほど寒い日でした。
河津と違いジックリ味わいたい人には みなみの桜が良いですね。菜の花畑もとても良いです。
梅見に行かれたのですね。特に雪が降るほど寒い地方にいる方達にとっては梅の季節は待ち遠しいことと想像出来ます。靜岡でも彼方此方でイベントをやって居ます。我が家は自宅で観賞しております。
そおですか五月蠅い連中が何所にも出没するんですね。突然バカみたいに大声で怒鳴っていますからね。連れてくるガイドが「大声出すのは世界の非常識だ」と教えないのかな〜。
ウンザリです。

ごくらくとんぼ様
アレレ、、、河津よりズット下。下田よりまだ下です。下賀茂温泉にあります。端から端まで歩いても良し、駐車場を変えて楽しむも良し。河津のようなお祭り騒ぎはありませんがジックリ落ち着いて楽しめます。
来年いかがですか?

山葵の新芽を買ってきました。れつぴ をくれるという店で買いました。山葵の茎の三杯酢漬けを造りました。もうじき食べられるのかな?楽しみなんです。

お宿に5組も? ほぼほぼ満室だったのですね。

私が宿泊した時には 朝食に 美味しい自然薯が たっぷりあったのですが、
時期的なものだったのでしょうかね。
https://runslowly.exblog.jp/26360124/

「山葵の茎の三杯酢漬け」 大好きなのですが、いつも瓶詰を買うばかり。
自家製なんて、、、羨ましい!!
きっと 少食のよし坊様が 「御飯がすすむ君」になりすね。

shinmama様
夕食の時には3組居る気配は有ったのですが朝見てビックリしました。
自然薯ですか、僕は大好きです、、、時期?2ヶ月違うだけですし帰りに道の駅で天然自然薯も買ってきましたからね。何で付いていないんでしょうかね?
所で、同じ部屋に泊まっていたんですね。あの部屋が一番良さそうです。実は帰りに他の部屋を一寸のぞき見してみて違いが解りました。
山葵の茎の三杯酢漬けは大好きなんです。

 強風にも散らないということはまさに満開のピークだったんですね。
 みごとな桜の並木です。
 「みなみの桜」は知りませんでした。
 下賀茂なんですね。
 来年は検討してみようかな?
 ちなみに、熱海は 熱海桜 も 河津桜 もすでに散って、葉桜になっていました。
 

うつきよう様
みなみの桜は宣伝がヘタなんでしょうか?知っていて花見に行く人にとっては静かに落ち着いて花見が出来ますから良いんですがね。
下賀茂にも良い温泉宿がありそうですから是非来年。お待ちしております。
熱海は温かいでしょうから早咲きの種類は咲き終わって居るんでしょうね。
靜岡ではソメイヨシノが来週は開花しそうなことをTVで報じていました。もう春ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66477231

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の温泉と花見 桜・桜・菜の花編:

« 伊豆の温泉と花見 ラーメンと宿編 | トップページ | レンジャク »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ