« 飛んでクルーズ沖縄Cコース 3 | トップページ | 飛んでクルーズ沖縄Cコース 5 »

2018/05/02

飛んでクルーズ沖縄Cコース 4

Img_6631_2

 日本の最西端、与那国島に到着。眼が覚めると次の島というのが今回のクルーズの特徴です。 モニターを見れば台湾の直ぐ隣を実感する。
今日も天気予報とは大違い、見事に晴れています。

Img_6586

メインダイニング瑞穂で朝食。

Img_6598

Img_6595

Img_6601

果物は二人分です。食べたければいくらでも取って来れますが果糖の取り過ぎも良く有りませんから。

Img_6604

Img_6613

Img_6620

目の前に有る与那国島を見ながら出発まで船内を散策。

Img_6625

この島も接岸出来ませんので通船で渡ります。スタッフがボートを降ろしています。

Img_6633

出発時間が近づき一端部屋に戻りますが同じ階の1階にクリニックがあります。

Img_6646

通船に乗り込み。

Img_6658

道が細いらしく小型のバスしかないようで『最西端観光(株)』と社名が書いて有りました。

Img_6667_1

にっぽん丸の全景が見えました。

Img_6676

車窓から 裏野墓地です。え~、、墓地が観光コース?国有地だそうで此所にすると決めて造れば其所が自分の家の墓地になるそうです。

Img_6681

Img_6683

東崎展望台(アガリザキと読みます。沖縄地方では太陽が上がる方向の東をアガリと言い、日が沈む西の方向をイリと言います。その良い例が西表島と書いてイリオモテジマです)に来ました。

Img_6706

此所にはヨナグニ馬がいます。やや小型の在来種。

Img_6713

船のスタッフが付いてきています。手に持っているのはトイレットペーパーで観光地のトイレに備え付けがない事が多いので持って来るのだそうです。

Img_6718

立神岩(たちがみいわ)。軍艦岩は撮り損ねしました。

Img_6725

3月、天皇皇后両陛下がお立ちになった最西端の碑。

Img_6742

台湾まで111km、年に5日ほど台湾が肉眼で見えるそうですがこの日は見えませんでした。

Img_6760

尖閣諸島は北方向。

Img_6764

展望台の壁にモザイクがあり「こんな形で台湾が見えます」と運転手件ガイド(女性)が説明をしています。島内観光のバスの運転手が運転しながらガイドを兼任しています。

Img_6773

パイナップルのような実は「アダン」。ほのかに甘いが固いし とても食べられる代物ではないそうだ。

Img_6787_1

小さいながらも飛行場がある。丁度テイクオフするところだった。

島一周した。与那国島を舞台に撮影されたTVドラマ Drコトー診療所は観光コースから外れた所に有り別枠でタクシーなどをチャーターしないと帰りの通船に間に合わないと言われ諦めた。

Img_6817

観光は右回りでDrコトーは比川にある。

Img_6793

Img_6796

通船乗り場には島の物産が売られていた。延命酢 成る物を何本も買い込んでいる人が居ました。なんでも程々だと思うけど どうぞ長生きして下さい。

Img_6798

Img_6802

手抜きのお昼では無かったですね。

Img_6804

Img_6808

Img_6809

美味しかったです。満腹です。

Img_6823

食後のデザートは7階リドテラスでアイスクリームとゴディバのチョコレートです。

Img_6832

Img_6844

Img_6847

4時与那国島出航。

Img_6853

通船に使った船を引き上げています。

Img_6841

船長がデッキに出て様子を見て居ます。 その後ドルフィンホールでビンゴゲーム。当たりました。旅行などで使える折りたたみ式布袋をもらってきました。

Img_6891

部屋に戻って窓から外を見ると、船は西崎に近づくところでした。

Img_6910_1

船最後のディナーを食べにメインダイニング瑞穂に向かう途中西崎が目の前に見えました。

Img_6925

Img_6928

Img_6934

Img_6937

Img_6952

Img_6958

Img_6961

美味しく頂きましたがお腹がはち切れそうです。
食事で感心した事はお皿にマークが付いていますがキチット正しい向きに置く事です。とても気に入りました。
その後は二回目の柳亭燕路師匠の落語を楽しみ、その後大風呂に。狭い部屋のシャワーは一度も使わず終いでした。
眼が覚めれば那覇に到着しているはずで、ヘルニアも痛まなかったし妻も特に問題なく過ごせ楽しい船の旅はアット言う間に終わります。

明日の那覇は天気が良いようです。

« 飛んでクルーズ沖縄Cコース 3 | トップページ | 飛んでクルーズ沖縄Cコース 5 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

プリンセスのような大型船ですと、テンダーボートの順番待ちに長い時間がかかりますが、
日本丸なら それほど気にしなくて良いでしょうから いいですね。
揺れなかったようですし、日本丸に乗るには 良い航路を選ばれたような気がします。

主人は「一般レストランは 飛鳥の方が美味しい」というのですが 
よし坊様が 日本丸に満足されたご様子を拝見して、
乗船した航路によって料理内容が変わるのかもしれないと 話しています。

美食家のよし坊様には 是非アッパーダイニングの「春日」を 試していただき、その評価を伺いたいものです。
主人は今まで乗ったクルーズ船の中では 有料レストラン、一般レストラン合わせて、「春日」が最高だと言ってます。

でも 我が家の場合(他の船でも アッパークラスに乗れませんが)
特に日本丸の部屋は アッパークラスでなくても良いと思っているところが 悩みのタネです。

shinmama様
順番待ちはまったく気に成らない時間でしたね。気に成ったのは遅れてきた人が居た事。部屋と同じ階からなのになんで?と思いました。
shinmama様が概ね にっぽん丸の方が食事は美味しいと言っていましたので楽しみにして居ました。美味しかったです。でも春日は最後まで行けませんでした。
我が家の基本は窓から外を見ながら部屋に居る事もないだろうし見たければ上に行けば見られるし、サービスが変わる訳でもないから最低の部屋で良いと割り切っています。
年金以外これと言った収入もない我が家ですからそれが分相応です。
クルーズは良いですね。又乗りたいです。以前のように歩けなくなった妻には特に手頃です。
3日、さすが首位を走るサンフレッチェ、完敗です、オソレイリマシタ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66655397

この記事へのトラックバック一覧です: 飛んでクルーズ沖縄Cコース 4:

« 飛んでクルーズ沖縄Cコース 3 | トップページ | 飛んでクルーズ沖縄Cコース 5 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ