« 飛んでクルーズ沖縄Cコース 4 | トップページ | 飛んでクルーズ沖縄Cコース 6 完結編 »

2018/05/04

飛んでクルーズ沖縄Cコース 5

Img_6967

 にっぽん丸 とは今日でお別れです。
眼が覚めると沖縄に間もなく到着するところまで来ていた。

 


Img_6973

お早う体操もモーニングコーヒーも最後まで参加しないで朝食です。

Img_6976

Img_6982

1度は6Fのオーシャンダイニング春日(夕食はスイートのお客さん専用になる)で食べて見たかったのですが妻がどうしても和食派ですので2Fの瑞穂に。
Img_6983
スーツケースを送る人は7時までに部屋の外。持ち帰る人は7時以後部屋の外の指示が出ています。出口には高層階から順番に綺麗に並べてありました。2Fは最後の最後ですから案内放送が有るまでは船内でユックリします。お気に入りの場所で本を読む人、アイスクリームやコーヒーを飲む人様々です。

Img_6988

Img_7003

船は那覇空港の真北を通過。

Img_6997

船は真っ直ぐ旅客船バースに向かって進んでいます。

Img_7024

下船しました。 タクシーに乗り4日前に泊まったロワジールホテル那覇に向かい荷物を預け

Img_7037

ゆいレールに乗り

Img_7048

Img_7051

首里城へ。

Img_7072

Img_7061

Img_7083

Img_7090

首里城に入る直ぐ手前で無料で見られる舞台があります。今回もタイミング良く見る事が出来ました。余りにも美人揃いで追っかけが居る事で知られています。確かに美人です。

Img_7091

Img_7098

玉座に痩せた王様が座ったら様にならない程大きい。

Img_7102

これは模型ですが、道が斜めになって居るのがよく解ります。聞くと斜めだと邪気が入って来れないとか、家臣の顔が一列ずつずれるので重ならず全員が見える等諸説有るとの事でした。

Img_7138

昼ご飯は蕎麦が食べたいけど沖縄の蕎麦は美味しくないし、ラーメンも本土の物とは似て非なるものだし、カレーなら当たり外れ有るまいと、入ったところが(゜゜;)エエッ  ネパール料理屋?イヤイヤ食べ始めると、これが旨い!!!思わずお釣りは要らないからチップだと言って店を出た。

Img_7147

Img_7150

Img_7156

ホテルに戻りました。

Img_7165

Img_7168

オーシャンビューの価値が有ります。

Img_7178

夕食は旭橋駅近くの めんそーれ と言う店です。

Img_7186

ネット検索しサービス券をプリントしてもらえたのがオリオンビール。

Img_7196

女将が なかなかやり手で細かい、、

Img_7199

シャコ貝のウニ焼き。これは美味かったが妻は身が固すぎて思う様にかめないという。

Img_7205

食べたかったのは ヤシがにです。100グラム千円だそうで当店で 今一番小さいのが500グラムですと言う。ではそれを と頼むと 女将が今最低は700グラムしかないという。500グラムがあるからと言ったから頼んだのだと押し問答し結局500グラムの値段でOKとなる。 初めて食べましたが感想は蟹と同じ味。実は殆ど無くミソは甘いですが一寸しかない。結論は、食べるなら1キロ以上の物を食べないと意味がない。

Img_7207

イカのゲソ焼きと巻き寿司を頼む。 勘定もごまかされそうな雰囲気で薦められない店だった。

Img_7220

Img_7229

明日は帰宅します。

« 飛んでクルーズ沖縄Cコース 4 | トップページ | 飛んでクルーズ沖縄Cコース 6 完結編 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

心配されていたような天候でなくてよかったですね。
首里城、懐かしく拝見しました。正殿の所々に警備の人が目を光らせていましたがもちろん今もそうでしょね。私は首里城の他、『金城の石畳』を歩きました。赤瓦の塀に囲まれたとても雰囲気のある石畳の坂でした。沖縄本島はほんのちょっとかじっただけなのでもう一度行きたいと思っています。

ごくらくとんぼ様
全ての天気予報がひっくり返りました。晴れて良かったです。
警備関係の人は居ましたがそれほど眼に付くほどではありませんでした。女性が多かったですね。あたりがやわらかで良いと思います。
金城の石畳・・・知りませんでした。知っていれば時間がありましたから行ったと思います。
沖縄、是非行って下さい。静岡空港からひとっ飛びですよ!

楽しい時間は、あっという間に過ぎていきますね。
流石、よし坊様! お天気良いじゃないですか! 何よりです。
そしてよし坊様も奥様も元気にご旅行され良かったです。
痛みが出ると楽しさも半減してしまいますものね。
与那国編、2度3度と拝見させていただきました。
これと言った観光施設があるわけではなさそうですが、最西端ならではの雰囲気、
長閑にゆったりとした時間が流れていそうな島。
やはり行ってみたいです。Drコトー診療所のあるのは比川という場所なんですね。
忘れないようメモさせて頂きました。
ヤシガニ食べたことがないので、よし坊様の感想を拝見して、そうなんだ!
私は、普通の蟹より、まったりとした少し油気のある味かと想像しておりました。
楽しく拝見させていただきました。ありがとうございました。^^

ニャン様
天気も良く傷みもなく全て順調でした。有難い事です。妻は船の食べ物も好みに合っていて気に入ったようです。油っぽい物もなく帰宅したら体重が減っていた事にビックリしました。
ニャン様に教えて頂いたDrコトー診療所の撮影に使われた建物は見に行けなくて残念で妻も一寸ガッカリして居ました。

ヤシがに は選んだ店が悪かったのかも知れません。もう一度食べたいとは思いませんでした。食べるならセミ海老の方が良いですね。
沖縄近くには未だ行っていない島もありますから未だ未だ楽しめそうです。

 与那国島はとりたてて何かあるわけではなさそうですが、
 そこが良さですね。
 とってもゆったりした気持ちになりそうです。
 日本の最西端、やはり一度は行ってみたいです。
 沖縄本島は大半まわりましたが、まだ那覇の南が残っています。
 日にちが必要なので、いつになるかわかりませんが、また行ってみたいです。

 連休後半、伊豆におじゃましていました。
 
 
 

うつきよう様
後半に伊豆ならお天気はよかったですね。堪能されましたでしょうか。
クルーズの楽しみにプラスされた西の端に立った実績が出来ました。ダイビングやカジキ釣りをするならそれなりの楽しみが有りますが観光だけなら半日で充分ですね。是非お出かけ下さい。

寄港地だけでなく、前泊 後泊で那覇を楽しまれたことも良かったですね。

横レスですが  『金城の石畳』は 道100選になっているだけあって 良かったです。
https://runslowly.exblog.jp/24101902/
首里城の方から下る方が楽ですが、奥様の手を引いてこけない様にしてあげてください。
凸凹していて、つまづきやすいので、、、。

今月 また那覇に行きますが、車いすの母を連れて行きますので、
行動範囲が制約されるため、行き先に悩んでいます。

shinmama様
そうですか、、、皆様良く知っているんですね。最近調べるのがめんどくさくなり 宛がいぶち が楽で良いと思う様に成りました。妻は自分から調べて此所に行きたいとは言わないですし。手を繫いで・・・何処かで見られて居るみたいですね。恐ろしや、、、
今月那覇で親孝行ですか?良いですね〜羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66656997

この記事へのトラックバック一覧です: 飛んでクルーズ沖縄Cコース 5:

« 飛んでクルーズ沖縄Cコース 4 | トップページ | 飛んでクルーズ沖縄Cコース 6 完結編 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ