« 三度 アサリ | トップページ | 母の日に »

2018/05/11

朝・朝・朝 三つ

20180505_074207

 連休中何所にも行かないのは寂しいものです。
そこで、朝早く出かけて昼に帰って来しまえばそんなに混まないだろうと思い出かけた。
島田の 麺や燕 本店。この地方には朝ラーと言って朝ラーメンを食べる風習がある。

20180505_074455

妻は新商品の 海燕 で、説明に寄れば釧路直送の最高級コンブをふんだんに使用し、燕トリスープに合わせました とある。 一寸味見させてもらいましたがそれほどでもないと感じました。妻は気に入ったらしく次も食べたいと言って居ます。

20180505_074519

僕はお決まりの 燕塩。 アッサリ系で極細面にスープが良く絡む逸品です。 驚いた事に朝7:15だと言うのに満席でした。

20180505_081503

20180505_081525

朝ラーの次は朝風呂で、麺や燕から15分ほどで伊太和里の湯へ。 8時からやって居ます。さすがこちらはガラガラ。4時間居られますからタップリユックリ昼寝というか朝寝付。 朝ラー・朝風呂・朝寝付の楽しくも安上がりの半日でした。

« 三度 アサリ | トップページ | 母の日に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

家の近くにも早朝からやっているラーメン屋さんがあります。出勤前の若い人とか夜勤明けの人たち、トラックの運転手さんたちが大勢寄っているようで繁盛しています。その日の仕込み分が終わると午後の早い時間に閉めてしまいます。
よし坊さんが召し上がっているラーメンは量が少ないように見えますので私でも朝ラーができるかもしれませんね。

私は混雑が嫌いなので混む時は出かけませんが、中には混んでないと遊んでいても面白くないと言う人もいます。

呑ベエの私なら、「朝酒」を付けたいところですが、、、
あまりに下品すぎてブログにできませんね。(笑)

ごくらくとんぼ様
その店はネギラーメンで売っている店でしょうか。早朝からやって居るラーメン屋はそちらでは珍しいんじゃないでしょうか。
確か以前 とんぼ様は燕の別の店に行ったけど美味くなかったと言っていたと記憶しています。僕は全ての店で食べて居ますが本店が一番です。何故味が変わるのか、親父の教育が悪いのかも知れませんね。スープは同じなんですよ。全ての店で使うスープを1ヶ所で作って各店に配達しているのですから。
量は少ないです。是非本店の 燕塩 を召し上がってみて下さい。昼過ぎに行くとスープが無くて終了してしまいます。9〜10時頃が狙い目かも知れません。

shinmama様
僕も♪朝寝朝酒朝湯が大好きで♪としたいところですし語呂も良いのですが酒はお付き合い出来ませんので、、、ハイ、、、なので妻は不満です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66686661

この記事へのトラックバック一覧です: 朝・朝・朝 三つ:

« 三度 アサリ | トップページ | 母の日に »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ