« ブログは 1,500回 に成りました | トップページ | フマキラー(株)の株主になった »

2018/06/08

これが鮨や?

20180502_112859

 清水区の一廓に「グリーンハウス」という店が有って屋号も建物の外観も鮨屋には見えない。
妻はこの店に1年前に予約した。予約が全く取れない事で有名な店だそうだ。しかも11時半のお客さんと1時半のお客さんに別れていると言う。

僕は思いました、そんな店では大広間に ちゃぶ台が並び、其所にお客さんがズラッと並んで一斉に同じ物を食べる。しかもその握りは田舎の出前のような大きな握りで見ただけでお腹がいっぱいに成りそうな握りが出て来るにちがいない。
そんな店に行きたくないというのが本音でイヤイヤ付いてきたのです。 一歩店に入ると酢の臭いが強く(最近の鮨屋は酢が薄くなるばかり)テーブル席とカウンター4人で計20人座れば満席の小さな店だった。
我が家は運良くカウンターを指定された。

20180502_113357

先ずサラダが出て来た。 続いて握りが1貫ずつでる。テーブル席の人は5貫ほどが纏めてでる。カウンター席に座れて良かったと思う。

20180502_114435

20180502_114554

20180502_114930

20180502_115346

20180502_120008

20180502_120332

20180502_120852

20180502_121238

握りの大きさも一寸小振りで妻には丁度良い大きさ。

20180502_121717

20180502_121815

一寸家庭的な味噌汁もでる。

20180502_122210

20180502_123153

20180502_123556

巻物は手巻きでしたがテーブル席は巻き簀でした。

20180502_123621

玉は大好きな端っこが当たった。嬉しい。

20180502_123912

最後に、炙りハマグリ以外で今日出た中で気に入った物を指定して食べられるという。 ハマグリにしたかったけどウニにした。

20180502_124652

コーヒーまで付いた。これで税込み3,000円。安ーーーーーーい。そして美味い。
こんな店なら何度来ても良い。
残念な事は今年9月で休業するという。聞けば母親の看病だと言う。再開したら全てのお客様に再開の電話をすると言う。そしたら又行こうと思う。
※写真の写りが悪いですが全てスマホで撮った

« ブログは 1,500回 に成りました | トップページ | フマキラー(株)の株主になった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

美味しいお寿司を 目の前で握って 食べさせてもらうと テンションが上がりますね。

1年も前に予約された 奥様のお手柄ですね。

このお寿司屋さんは 夜も営業をされているのでしょうか?

コンバンハ!!!
よし坊さんは田舎っぽいチンケな鮨やを想像していたようですが、私は最初の部分を呼んで和のものをあえて洋風に思わせることで『こだわりの店』っぽくしているように感じました。
店の名前や外観はともかく又行きたいと思わせる素晴らしいお店に出会えてよかったですね。
9月で閉店ですか。これくらいの値段なら私でも行けそうなので何とか探して行ってみたかったです。

 お洒落な店構えで、たしかにお寿司屋さんには見えませんね。
 一年前の予約? すごーい!
 お寿司はおまかせなんですね。
 >酢のにおいがする・・・
 おっしゃるように最近のお寿司は酢が効いていませんね。
 人肌の温度が残るご飯に酢が香り、
 つまんだときはしっかりしていて、口に入れるとご飯がほぐれる・・・
 昔は長野の田舎でもそんなお寿司が食べられましたが、 
 近頃はとんとお目にかからなくなりました。
 回るお寿司屋さんばかりになりましたものね。
 一年待っても美味しいお寿司が食べられるなら待ちます。
 いいなあ・・・食べたい。 

shinmama様
グループで申し込むとテーブルで、一人二人で申し込むとカウンターのようです。妻は以前食べに行って気に入ったみたいで直ぐ申し込んだそうで僕が行かないと言ったら他の人を誘うつもりで居たようです。

以前は夜もやって居たらしいのですが今は昼だけと言って居ました。
とにかく美味しかった。

ごくらくとんぼ様
外観も店名も鮨屋とは思えませんからビックリしました。
ネタも一品ずつ丁寧に説明して出してくれました。シャリの量も良かったですね。一々「小握りに」と言わなくても丁度良く見た目の品もありました。

再開の連絡が来るのを心待ちして居ます。

うつきよう様

一年待ちと言うのが凄いですね。お任せでも「ダメだこりゃ」と言うのは無くどれも美味しかったです。
我々の年代では酢が好きですが若い人は酢が嫌いみたいですね。健康にも良いのに。
回転鮨も悪いと言いきれないですね。偽物では無さそうなネタだけを選んで注文すればそれなりの楽しみもありますから。

行きつけの鮨屋の対応が悪くて他の店に変えようと思っていますが一年待ちのこの店という訳にはいかずここ半年ほど考えています。

一年待ちの予約ですか?凄いですね。
外観もお寿司屋さんには見えない洋風の建物で
カウンターにも一輪挿しに季節の花。お洒落です。
そんな人気店なのに、しばらく休業とは勿体ないです、、、。
ハマグリは今や貴重・・・国内産は特にですね。
美味しそうな握り。雲丹もとても美味しそうです。

ニャン様
お酒をチクチク飲みながらの人にはむいていないかも知れませんが僕みたいに鮨屋では寿司を食べる事に専念する人には良いですね。他には奥様らしい人と配膳する人だけでやって居ました。少人数ですからあの値段でやれているんでしょうね。
ハマグリがホントに美味しかったです。是が非でも又行きたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66707654

この記事へのトラックバック一覧です: これが鮨や?:

« ブログは 1,500回 に成りました | トップページ | フマキラー(株)の株主になった »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。