« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅳ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅵ »

2018/07/11

華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅴ

Img_8573

 オーストリアの首都ウイーンの観光です。 写真はシェーンブルン宮殿です。
※Ⅰで出た2枚目の写真です

Img_8553

さすが冠が付く ザ リッツカールトン。翌朝改めて眺めてみるとドッシリしています。

Img_8562

Img_8566

朝食です。好きなものを食べられる量だけですからこの位です。イングリッシュティーと言って頼むと茶こし付でくれました。

Img_8582

Img_8594

宮殿内部は20室ほどをインペリアルツアー。栄華を誇ったハプスブルグ家の歴史などを細かく説明を受け、その後庭に出てみました。

Img_8606

美術史美術館では主にフェルメールについて細かい説明を他の観光客が来ない時間に作品の前で受けました。
長男から見るべき絵画は ラファエロ「草原の聖母」ルネサンスの傑作中の傑作でこの作品だけでルネサンスの何かが解る。他には「ロザリオの聖母」「バベルの塔」「雪中の狩人」ルーベンスの「自画像」「毛皮を纏った妻」「ヴィーナスの饗宴」「青いドレスのマルガリータ王女(8歳)」「白いドレスのマルガリータ王女(5歳)」「皇帝マキシミリアン1世」アルチンボトルの「火」「夏」「水」「火」これらを見るとよいと連絡があり、有難い事に現地ガイドに案内されて全て見る事が出来た。ハッキリ言って観賞する時間はなく見ましたという実績だけでしたが・・・
※館内は撮影禁止なので掲載された本を1冊買ってきた。

Img_8627

さて、昼ご飯は運河の辺に建つホテルで名物のウィンナーシュニッツェル(仔牛のカツレツ)を食す。

Img_8630

Img_8633

Img_8636

Img_8639

主食は美味しくなく半分食べるのがやっと。しかし他の人を良く見るとほとんどが完食している。

Img_8618

見晴らしもよくシュテハン寺院や

Img_8624

眼下にはドナウ運河が見える。 ホテルに戻り午後は自由行動。

Img_8657

オペラ座

Img_8660

黄金のキャベツと言われているオブジェ?等見ながら

Img_8669

Img_8673

食品市場を散策。スリが多そうです。

Img_8676

がらくた市場は名の通り びどいがらくたばかりだった。

Img_8702

ホテル横の市立公園に ヨハンシュトラウスの像が有った。

Img_8709

この日は夕食が付いていないので近くで日本語のメニューが有る店だと聞きお腹は空いていないのですが無理矢理行ってみた。

Img_8715

Img_8723

スープ・キノコと卵の炒め物を取り夫婦でシェアした。沢山頼まなくて良かった。不味かった。地元の名物料理屋なんだけどな〜ぁ。

Img_8730

Img_8743

さて、夜は音楽の殿堂 楽游協会へ。オマケはウイーンフィルのCDが1枚。

Img_8754

Img_8761

ウイーンフィルハーモニーがニューイヤーコンサートを行う部屋 黄金の間 でモーツアルトコンサートの鑑賞です。堅苦しいコンサートと思って居たのですが気楽にとても楽しめました。(撮影禁止)
添乗員は「何回も来ましたが黄金の間に当たるのは初めて」と言っていましたので我々は運がよかったのです。中国人も大勢来ていましたが此奴らは決まりを破って撮影し注意されていました。国の外交と同じで自分の事しか考えない馬鹿者たちです。
明日はスロバキアの観光後ハンガリーに入ります。

Img_8787

今回もブログタイトルはJTBパンフレットのタイトルをそのまま使いました。正確には「ビジネスクラスで行くラグジャリーホテルに泊まる華麗なる中欧の旅8日間」です

« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅳ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅵ »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!!!
暑いですね。よし坊さんはお元気だからバテてはいないですね?私は今日から一週間、お盆でお裁縫の稽古はお休みですが家のお盆の準備でノンビリもしていられません。

さて、どの写真も懐かしく拝見しています。シェーンブルン宮殿の小高い丘に建つ建物の所まで行かれましたか?私は行っていないのであそこからの景色がどんなだったか興味があります。
息子さんお薦めの絵画をご覧になったそうで良かったですね。ゆっくり鑑賞できるともっといいですね。
楽友教会・黄金の間のコンサートは私も体験しました。CDも頂きましたよ。中世の衣装で演奏していたんじゃないでしょうか。
私は午後の自由時間をオプショナルツアーに申込み、『ウィーンの森観光』をしました。男性修道院や地底湖探検などをしました。言葉も通じない所を自由行動できないもんですから・・・・・・・・・^_^;

みやび様
突然洒落たザッハートルテ?なんて言われるとサッパリ解りません。この日の夕食はホテルではありません。
それより先ずはお元気そうでなによりです。

ごくらくとんぼ様
トンボさんにキュウリと茄子を使った作り方を教えてもらいましたが毎年出来合を買ってきて良しにしている我が家です。
岡ノ上の建物・・・行っていません。
そおでしたか!!共通の思いでが出来ましたね。はい、確かに衣装を着ています。暑いんじゃないだろうかと心配してみました。
面白そうなOPが有るんですね。今回はこんなOPが有りますとは一つも案内がありませんでした。ホテル内か外かの食事はありましたが。

ご心配お掛けしました。
元気にしています。
ザッハートルテはホテル・ザッハーと洋菓子店デメルで食べられる
チョコレートケーキです。
両方のお店で食べ比べをしました。
日持ちすると言うのでホテル・ザッハーでお土産に購入しました。

みやび様
Ⅳに返事をしなくてはならないところをⅤに入れてしまい糸が絡んでしまいました。
お許し下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66902893

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅴ:

« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅳ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅵ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ