« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅵ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅷ »

2018/07/16

華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅶ

Img_9582

 観光は今日が最後。ライン川クルーズがある。

Img_9099

幸いな事に今日も晴れた。 雨になるかも知れない天気予報続きでしたが全行程中降られる事もなく過ごせた。

Img_9121

Img_9115

毎日の集合時間も早すぎず遅すぎず朝食も落ち着いて食べる事が出来た。

Img_9124

今回は中国人や他の日本人と鉢合わせるる事もなくロビーも落ち着いていられた。

Img_9133

Img_9151

英雄広場は先週末イベントがあり後片付けをしていて近づけなかった。

Img_9193

Img_9188

Img_9187

Img_9187_1

イシュトバン大聖堂はハンガリーの初代国王イシュトバンの右手がミイラ状態で展示され誰でも見る事が出来ました。

Img_9217

Img_9266

市内要所を通りながら

Img_9259

Img_9253

ハリネズミの看板のある店に。

Img_9238

Img_9249

ハンガリーは刺繍で有名だそうです。妻はずっと刺繍をやってきましたが余り感心もせず店内を見て居ました。土産物も所狭しと並んで居ましたがどれも高いです。

Img_9295

Img_9296

Img_9303

マーチャーシ教会は歴代ハンガリー国王の載冠式が行われ王妃のレプリカが飾られている。

Img_9343

王宮の丘にある漁夫の砦に来た。

Img_9328

Img_9334

此所からはドナウ川に掛かる鎖橋や眼を転じれば丘の内部が見られた。

Img_9359

ドナウ川を見渡せる絶好の居地に建つレストランで昼食。

Img_9370

Img_9373

Img_9379

Img_9382

Img_9385

メインは肉と魚をチョイス出来た。

Img_9418

Img_9419

Img_9424

Img_9427

Img_9431

Img_9437

Img_9445

午後は自由行動。鎖橋まで行き、昔ならブランド店を必死で探し買いまくったのが今は全く興味が無くなり雑貨を一寸買う程度でバーツィ通りを散策した。

Img_9451

夕飯は「アスー」という有名な店に。

Img_9452

生演奏も入り雰囲気もいい。

Img_9483

前菜の特産フォアグラ。出来損ないの固くなった ういろう みたいで美味くない。

Img_9474

Img_9488

メインは国宝と称されるマンガリッツア豚を食べる。 けっこうな値段を出していると想像出来るのですが全く美味くない。半分残した。勿体ない話だ。 アンケートにはボロクソに書いてやろうと思う。

Img_9508

Img_9510

夜はチャーター船でドナウ川クルーズが有る。

Img_9550

夜の帳が下り始める9時

Img_9564

見事な夜景が広がる。

Img_9569

鎖橋も名の通り鎖が繫がつて居るように見えた。 ※拡大できます
食事中自由時間をどうしたか皆さんに聞いてみると有名なカフェに行ったそうな。るるぶや地球の歩き方など参考書を確り持ち、下調べも怠りなくやって来ていた。何も調べることなく、全て あてがいぶち だけの旅行をして居るのは我が家だけ。 明日は帰国します

« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅵ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅷ »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

ツアーで、食事に満足しようと思われたら、
人数が少なくて、ツアー用のお決まりメニューではないので、jtbのグランドツアーがお勧めです。
今回のご旅行は、コンパクトに各都市を廻ることが出来るツアーのようですね。
めったに海外に行くことが出来ない私は、下調べをして予定を詰めなければなりませんが、よし坊はその必要はないでしょう。

shinmama様
若いときはなんでもお腹いっぱい食べられれば満足でしたが少ししか食べられなく成ってきた今は美味いものを一寸が一番ですが海外ではダメですね。ほとんど諦めております。
グランドツアーも担当者が薦めますがたまたま使ってないんですね。
今回のような行程が妻の行動範囲を考慮すると我が家には丁度良いのかも知れません。

※プラチスラバでマンホールから出て来た人気者を見たとき「shinmama様のブロブを思い出し同じ場所・同じ景色を供用出来たと思いました」

コンバンハ!!!
私もナイトクルーズで美しい夜景を見ました。国会議事堂も王宮もうっとりするほど綺麗でしたね~~。王冠のレプリカもしっかり見てきましたよ。
赤いハリネズミのお店も寄りました。現地ガイドの話しでは元はホテルだったそうです。
よし坊さんは午後自由だったようですが私はオプショナルツアーに申込み日本で言うなら白川郷のような場所・ホーロック村を訪ねました。
紀行文をずっと拝見してきてほぼ同じところを観光していることが分かりました。

ごくらくとんぼ様
此所のクルージングは期待以上でしたね。息を呑むような美しさでした。とんぼ様と同じ景色を共有出来ましたね。そして寄った店も同じ。なんか嬉しいですね。
午後はOPが有ったんですか〜。今回のツアーは自由行動の日にもOPは無しでした。集まるお客が行動力のない人達と解って居るのかも知れませんね。
僕の風邪が妻にうつって最悪な状態です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66929026

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅶ:

« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅵ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅷ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ