« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅰ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅲ »

2018/07/04

華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅱ

Img_7744

 6月20日の集合時間がAM8:30分ですので前泊しか有りません。成田駅前のメルキュールホテルに素泊まりします。
先ずは荷物を預けて旅の安全を願い成田山にお参り。

Img_7757

Img_7764

夕飯は表参道を入って直ぐの左側に 海鮮屋鳥𠀋があり、妻と来た時は必ず此所に入ります。

Img_7762

Img_7771

Img_7774

Img_7775

ハッピータイム中の生ビールと美味しい刺身の盛り合わせを食べニコニコしている妻。結婚して つまらなかったのは主人が飲まないから居酒屋っぽい店に行かない。こんな店でチクチク飲みながら美味しい物を食べたかった。と何時も言われる。今回の旅行が最後にしたいそうだけど、ならば来年はこの店には来ない事に成るね。それで良いのかい?あ~それは困るぅ。

Img_7784

翌朝は朝食を食べずに空港に。KLMはスカイチームでエアフランスのビジネスクラス受付に。

Img_7787

荷物検査も専用の入り口があってスンナリ通過。

Img_7798

Img_7807

Img_7799

食べ物は和洋と揃いスターアライアンスやワンワールドと負けず劣らずの広さと内容だっただった。

Img_7819

Img_7825

この優越感が何とも言えない。

Img_7828

2×2×2の真ん中の席で一寸残念だった。

Img_7835

Img_7838

飛ぶ前に運ばれた飲み物と焼き鳥。

Img_7843

行きはアムステルダムまで11時間掛かります。飛んで水平飛行が始まるとと直ぐに昼食が始まる。

Img_7852

食前の飲み物。

Img_7860

Img_7864

Img_7867

Img_7879

アイスクリームのフルーツ添えデザートまで順に運ばれてくる。

Img_7888

ワイン好きは種類が多くて選ぶのが大変なくらいですが下戸はつまらないね、、、 食後座席を真っ平らにしてグッスリと眠れた。

Img_7900

Img_7904

Img_7912

到着2時間を切ったところで軽食が配られる。

Img_7917

1時間を切った。

Img_7936

アムステルダムに到着。時差は-7時間。今回訪ねる4ヶ国は全て同じ時間です。

Img_7939

残念ながら此所からはエコノミーで

Img_7963

Img_7969

チェコの プラハ ヴァーツラフハヴェル空港まで1時間半。

Img_7975

Img_7978

Img_7987

バスでホテルに向かいます。参加者16人。最終日まで3列のデラックスバスは同じバスが使われる予定です。

Img_7988

Img_7993

アールヌーボー パレスホテル プラハ 此所に連泊します。

Img_7999

Img_8002

今回も全てバスタブ付の部屋プランです。お陰で疲れも取れグッスリ眠る事が出来ました。
明日から観光が始まります。
チェコの人口は1,020万人、首都はプラハです。

« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅰ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅲ »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント


今は ざると呼ばれるほど呑兵衛の私ですが、自分がこれほどお酒を呑めると知ったのが 40歳ごろでしたので、
私たちも 夫婦で居酒屋に行く、という発想は ありませんでした。

でも 今ではワインなどは主人の方が詳しくなり、味や香りなどは 私より敏感に感じることができるので、
テイスティングは 一口ですし、主人がしてくれています。

それでも正直を言うと 私は 居酒屋では大勢でワイワイ呑んだ方が美味しいし、絶対に楽しいと思っているので、
「よし坊様と居酒屋で飲みたい」とおっしゃる奥様は お優しい方だと思います。

shinmama様
飲まない人や飲めない人の方が味を確かに感じる事が出来ると思って居ますから(ライオンズクラブで銘柄当てをして全問正解は僕で、酒好きは総崩れ)。

必ずしも亭主と一緒に行きたいのではなく誰とでも連れて行ってくれる人が居ればそれでいいのかもしれませんね。支度も片付けも無しで飲めて食べられるのが良いんですよ きっと。。。
という訳で優しい訳ではありません。

アルコール好きのコメント2です。^^;
夫もお酒が飲めませんので、ひとり飲むのはつまらないというのが本音ですが、
夫はお酒のお供となるような料理を好んでくれるので居酒屋さんのような店を利用することは多々あります。
ただ飲まないので食事が早いのが難点。お酒を飲む私は急いで食べて急いで飲んで・・・^^;
ビジネスクラスは快適そうで良いですね。
バスもゆったりしていますね。

ニャン様
特に女性は一人でチビチビと飲んでいては何か有ったのか?と心配になってしまいますね。
家で食べて居るものとたいして変わらなくても外で食べると味が違うんでしょうね。
確かに食事時間は早いですね。我が家は妻がビールを飲み終わるまで僕はおかずは少し食べて居ますが、ご飯は食べずに待ちます。それでも全体の食事時間は他家に比べれば早いです。
ビジネスは良いですね。しかし値段も高いし贅沢です。

 お寺から始まったので一瞬びっくりしましたが、
 前夜泊で成田山だったんですね。
 我が家はふたりで飲むので食事時間は長めです。
 ただ、私はそんなに強くなくて、ツレアイの4分の1くらいしか飲めません。
 でも私は居酒屋さん好きですが、ツレアイはさほどでないのでつまらないです。
 乗り心地がとても良さそうなシートのバスですね。
 ここに16人ですか!
 ゆったりで、いいですね!

お酒を呑める人が羨ましいです。
呑めれば同級生たちとの飲み会も心からもっと盛り上がるでしょうが、素面でブっ騒いでいる自分にちょっと呆れます^_^;
暑い日にグーーっとビールをあけて “キ~~、美味しいっ!!” って言ってみたいです。

いよいよ旅が始まりましたね。私の時もそうでしたが参加者がギリギリだったのでバスの座席一列全部使えました。よし坊さんのバスは豪華でこれまた楽に旅ができそうですね。プラハの観光楽しみにしています。

うつきよう様

妻の実家は飲むので長かったようですよ。支度するのも最中も、片付けも大変だったようですがそれが当たり前の生活を子供の頃からして居たそうです。

居酒屋は調理場が衛生的でないと勝手に決めつけているところがあり,行かない原因の一つにも成っています。

バスの席は好き勝手に使ってました。水曜日出発は3列バスが使われる事を初めから謳っていました。それも選んだ一つです。

ごくらくとんぼ様
飲める人が羨ましいのは僕も同じです。いくら練習しても気持ちが悪くなってしまうので諦めました。
飲める人はその時間に合わせて風呂の時間まで調整していますからね・・・どうせ飲むなら美味く飲みたいと思う努力。凄いですね。

バスの席を余裕で使えたとは良い思いをしましたね。気兼ねなく席も倒せましたでしょうし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66886028

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅱ:

« 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅰ | トップページ | 華麗なる中欧の旅 8日間 Ⅲ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ