« 彼岸花 | トップページ | 牛肉ひらたけ »

2018/09/28

綺麗に成った 菩提寺

20180923_112219_resized_1

 お彼岸で墓参りに行った時「あっ\(◎o◎)/!山門が綺麗に成っている」と気づきました。

20180923_112219_resized

屋根瓦共々とても綺麗に成りました。

20180923_112248_resized_2

山門を潜ると仁王様が立っています。
子供の頃この横を通るのが怖くて怖くて、必死で駆け抜けました。

※奥に写るのは浪切不動尊(本尊は波切不動明王)。本堂は不動尊前を右に曲がり進んだ先。 他に弁天堂・善光寺堂・九頭竜王堂・観音堂が有る。

« 彼岸花 | トップページ | 牛肉ひらたけ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

大人なって見て怖いものが少なくなり、子供の頃はそれだけ純粋だった?気がします。
「言う事を聞かないと鬼が出る」と言われたときには泣いていた頃が懐かしい・・・・
お彼岸にお墓参りに行かれたのですね。
三連休で京都市内は混むのでお墓参りはまた、改めてのつもりですが、
ご先祖様は「薄情者」と怒ってらっしゃるかも・・・^^;

ニャン様
そおですね、怖いと思うものは沢山有りましたね。仰る通り純粋だったんでしょうね。
鬼が出るや、人さらいが来るとか色々有りました。
我が家は菩提寺が遠いので大変です。僕が運転出来なくなったらもう行けません。今の内に何か策を考えなくてはならないと思っております。
そおか、京都は混むでしょうね。しかも三連休では観光客で身動き取れませんでしょうね。理由が理由ですからご先祖様も怒ってはいないだろうと思います。気持ちの問題です。

 大きなお寺ですね。
 よし坊様もずいぶんとご寄進なさったのでは?

 今でこそ我が家の周りも住宅地になりましたが、
 両親が家を建てて現在の場所に引っ越してきた55年前はあたり一面田んぼで、
 夜は真っ暗。 外の暗闇が怖かったです。
 ただ、その分夜空を見上げると、天の川もはっきりと綺麗に見えました。
 今では星も数えるほどしか見えません。

 彼岸花、普通の土手にたくさん咲いていてびっくりしました。
 うちのほうでは、墓地にたまにあるくらいで、あまり見かけません。
 真っ赤な花が道沿いに見えたら、だいたいサルビアです。
 
 
 

うつきよう様
父は村の出世頭だったと自負していたようで色々寄進しました。今はその当時の住職では有りません。
うつきよう様のお宅は55年前に引っ越されたんですか?天の川や流れ星も探さなくても普通に見られたんでしょうね。今の日本は余程の田舎に行かなくては見られませんものね。

彼岸花は何年増えています。小さな庭のある家でも咲いて居ることが有ります。
彼岸花の咲く前は厄介者のオオキンケイギクが一面咲いて役所も手を付けられない状態です。この外来種は日本中を覆い尽くす勢いですね。その事を知らずに庭に植えている家があるのも困った事です。

コンバンハ!!!
街中ではなかなか見かけないような風情あるお寺さんでホッとしますね。
山門の両脇にあるのは桜の木ですか?
もしそうなら桜の咲くころはまたお墓参りにも足が向くんじゃないかと想像しました。

ごくらくとんぼ様
古刹だと言って胡座をかいては居られませんね。何もかも古くなって痛みが激しいです。
桜だったかどうか忘れましたが、その時期境内は見事に桜が咲きます。
他には藤棚もあって綺麗に咲くらしいですが行った事はありません。棚の手入れをする時、出ない人は出不足金を取られます。寺の費用でやるんじゃないのか?と毎年ブツブツ文句を言っている我が家です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/67201758

この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗に成った 菩提寺:

« 彼岸花 | トップページ | 牛肉ひらたけ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ