« さあ マツタケを食うぞっ 2 | トップページ

2018/10/07

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

San05

 前泊する9日からスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラに向かいます。


昨年大晦日まではイタリアにトレッキングに行こうと考えていた。
元日、新年の挨拶と 一通りの行事を済ませた後の妻の後ろ姿は、左手を腰の辺りに添え、痛々そうに引きずりながら歩き、とても弱々しく哀れに見えた。元を正せば大腿骨頸部骨折の原因を造った責任を強く感じた。
そこで急に考えを変え巡礼の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを、妻の回復を祈念して歩く事にしたのだ。

900kmの路の105kmを5日間で歩きます。100キロを超すと完歩が認められ認定書が出ます。

日本のお遍路さんヨーロッパ版と言っても良く、特に人気のフランス人の道を歩くツアーがアルパインから出ていてそれに参加します。

San01

San02

ヨーロッパ各地やスペイン国内からサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅は途絶えることなく、今もそれぞれの思いを胸に続いているのです。
写真に出て来る帆立貝は巡礼の目印です。
※写真は全てアルパインから書き出しました

« さあ マツタケを食うぞっ 2 | トップページ

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

単純計算しても一日20km越え。
骨折の原因がよし坊様であっても奥様の回復を祈って歩く、なかなかできる事ではありません。
奥様思いの優しいよし坊様、旅の安全と奥様の回復を私も祈りたくなります。
くれぐれも無理なさらずに元気なご帰国を祈っております。
お気を付けて行ってらっしゃいませ。^^

ニャン様

はい、今回はほとんど平らな所ばかり歩きますから体力的には どおって事ないんですが僕は平らな所ほど腰が痛くなるのでそれがもの凄く心配なんです。おかしな事に山道の方が楽なんです。
心願成就して元気に帰って来たいと思います。
明日は持ち物点検とパッキングです。
有難う御座います。行って参ります。


 5年前、クルーズの最後の寄港地観光で サンティアゴ・デ・コンポステーラに行きました。
 https://runslowly.exblog.jp/18687192/
 今でも その時の感動が忘れられず、スペイン人に会うと
 マドリッドに行った、バルセロナに行った、という前に サンティアゴ・デ・コンポステーラに行った、、と話しています。
 
 教会の中で 牧師さんが 天井からぶら下げられている 大きなやかんのようなものを 頭の上にぶんぶんと振ると
 煙が舞い落ちてくるのですが、長い道のりを歩いてきた人たちが 皆、頭を垂れ 涙している姿は
 なんとも神聖で 私は歩いてきたわけではないのに 感動して胸が熱くなりました。

友人にそれを話したとところ 友人も観光ルートで サンティアゴ・デ・コンポステーラに行き、
良かった、良かったと言っていました。
でも 私の周りで 走破した人は スペイン人を含め よし坊様が初めてです。

以前、その気になっていた時に、調べたのですが、
朝日旅行に この道を走破するツアーがあり、それは ホテルに荷物を置いたままにして、
毎日 その日の出発地点まで バスで送ってくれて その日の終点に迎えに来てくれる というツアーでした。
それなら 歩けるかなあ、、と話していたのですが、実行できぬままです。

私が サンティアゴ・デ・コンポステーラで買って帰り ストックに付けている 「貝のお守り」に向かって
よし坊様の 旅の安全を ひたすら祈っています。

よし坊殿

お早うございます。 もう出発の日にちが来たんですか。月日の経つのは早いですね。そして現地に行けばあっという間に終わりますよ。
よし坊の言われる通リ平地を歩くのは辛いですよ。辛いから巡礼の道であり、何かが見つかるやもしれません。皆がやらないことを実行してみて下さい。きっと良いことがあります。応援しています。
辛いと思えば辛い。苦しいと思えば苦しい。気の持ちようによって足は重くも軽くもなります。体調にはくれぐれも留意して無事のお帰りを待っています。 ガンバレ! ガンバレ! 

shinmama様
無事にお帰りなさい。
温かな励ましのお言葉本当に有難う御座います。
ハイ、あの煙の儀式は何時でもやるんでしょうかね?もしそうなら僕もきっと泣いてしまうかも知れません。
曾てスペイン旅行をして居ますがサンティアゴ・デ・コンポステーラには行って居ませんのでその意味でも期待が大きいのです。
仰る通りアルパインも含めて旅行社のそれは、その日に必要な物以外は全てその日の宿に運ばれてしまいますから楽ちんです。極端なことを言えば水も最小限で、途中で買いながら歩けばいい訳ですからね。
ただ、平らな所を歩くと腰痛ががひどくなりますからそれが心配です。

旅の安全をひたすら祈って頂けるとはナント有難い事か。
行って参ります

青大将殿
いよいよ出発です。
山のトレッキングと違いますので持ち物や衣服をどうするか悩みましたが結局ほとんどが山用品です。汗をかいても匂わないし直ぐ乾くしね。
そうか、、、平地を歩く辛さが巡礼に通ずるんですね、、、頑張ります。
きっと歓喜の丘に立っても涙が出てきてしまうかも知れません。歳と共に涙もろくなりました。
昨日はサッカーの靜岡ダービーで勝って涙しました。

僕の留守中は又花を求めて山歩きですか?歩ける内に沢山歩きましょう。

松茸を思う存分召し上がって体力は十分かと思われます。
あとは腰の具合と天候のみですね。
私は掛川と横浜の空を見上げて好天をお祈りしています。

ごくらくとんぼ様
ハイ、体力は充分、今日は出発前のトレーニングもしました。
天気だけは自分の都合通りには成りませんが天に任せて
行って参ります(^0^/〜〜〜〜)

 でかけておりましたので、
 ご出発前にこのコメントが間に合うかどうか・・・
 奥様を思われるよし坊様のお気持ちだけでも胸が熱くなります。
 平坦な道を歩き続けるのは辛いですものね。
 でも、奥様への思いが、きっとよし坊さまの背中を押してくれますとも。
 心願成就なさいますように。
 旅の成功をお祈りしています。
 お気をつけて行ってらっしゃいませ。
 
 
 
 
 
 

うつきよう様
旅に出る前の上天気で気持ちよい朝を迎えました。
苦労して歩いた昔と違いますから歩く体力さえあれば どおって 事も無い道程だと思います。
腰をかばいながら歩いて参ります。
観光では味わえない旅の土産話も報告出来ると思います。
行って参ります(^_^)ノ""""

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/67189473

この記事へのトラックバック一覧です: サンティアゴ・デ・コンポステーラ:

« さあ マツタケを食うぞっ 2 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ