« サンティアゴ・デ・コンポステーラ 4 | トップページ | サンティアゴ・デ・コンポステーラ 6 »

2018/11/05

サンティアゴ・デ・コンポステーラ 5

Img_1870

 この日はアメナルまで23キロを歩きます。

今日はSさんが先頭を歩いて居ますね。年の割には元気で毎日6千歩ウォーキングして居るそうです。
昨夜の予報では本格的な雨が降る予報で、全員が完全武装。僕はアイスブレーカーを1枚着ただけで、その上に合羽を着ています。蒸れないし汗もかかなく丁度良い。

Img_1770

Img_1778

朝食を済ませ

Img_1783

外に出ると激しく大粒の雨。8時15分出発です。

Img_1790

最初の休憩ですが濡れていて座る場所を確保するのも大変です。
此処で韓国人3人グループと会いました。そお言えば中国人に会いません。彼らは未だ精神的文化が此処まで来ていないのだろうと推察出来ます。

Img_1791

アジサイが日本の花の倍くらい大きいです。

Img_1802

Img_1808

二回目の休憩。体力を付けようとホットチョコレートを注文したら これだった、、、熱いミルクに入れて溶かすのね、、、解りましたぁ。

Img_1816

Img_1823

雨は少しずつ小降りになってきた。相変わらず皆さん元気です。

Img_1844

昼食会場らしい。

Img_1849

Img_1851

今日の昼は此処で美味いスペアリブが食べられるそうだ。

Img_1855

Img_1856

Img_1867

焼きたてで美味しかった!!それにトマト付きのサラダも量があって日本人好みです。他に韓国人20人ほどが団体で食べて居た。

Img_1887

初日からずっと、道の横に大量の栗が落ちている。足で踏みつけてみると大きくて立派な栗が飛び出てくる。この国の人は収穫しないのだろうか?

Img_1897

何時しか雨は止んだ。雨具を乾かす為そのまま着て歩く人がほとんど。

Img_1904

Img_1918

Img_1919

Img_1922

Img_1931

町を抜け田舎道を抜け

Img_1951

元気に歩く・歩く・又歩く。

Img_1955

何となく町の臭いがしてくる頃

Img_1960

今日のゴールに到着。時間は5時。マアマアのタイムだった。

Img_1975

Img_1961

Img_1971

ホテル ベロ カストロフェイト は一寸離た場所らしく車が迎に来てくれた。

Img_1977

Img_1983

食事時、コーラを頼む。ワイン組は美味しそうに毎日飲めて幸せそうです。呑まない組の前にあるボトルも呑める組の前に何時の間にか移動。

Img_1986

前菜ですがなんだか解りません。これだけでお腹がいっぱいに成っちゃいそうで、半分で止めました。

Img_1988

Img_1993

Img_1994

どうしてもメインが半分しか食べられない。腹八分目が理想だから無理もしません。

アレ?今日は 39,516歩? 距離の割りに少ないな。M嬢曰く「あたしの万歩計は少なめに出るから」。
ところで、同室者のSさんは毎日洗濯をしています。バスルームだけでなく部屋の腰掛けにも掛けて干しています、、、、朝までに乾きますか?と聞いたところ「乾かないけど着て1時間もすれば乾くから」と言う。オイオイオイ、、、、、
風呂から出て来る時は何時もスッポンポンで出て来る。我慢出来ずに昨夜は言ってしまいました。「バスタオルくらい巻いて出て来てよ」っと。で、今日は巻いて出て来た。 他人がどう思うのか気にしない性分のようで、これでは離婚する訳だ。

さて、明日は巡礼最終日。雨は降らないらしい。

« サンティアゴ・デ・コンポステーラ 4 | トップページ | サンティアゴ・デ・コンポステーラ 6 »

コメント

 上田からだと、どのあたらりまでかな? と毎回あてはめながら拝見しています。
 23キロだと上田から小諸くらい。
 みなさん楽しそうですね。
 私も歩いてみたくなりました。
 栗がもったいない・・・ほんと、食べないお国なんでしょうかね?
 いよいよ最終日ですか!
 大願成就間近ですね。
  

うつきよう様
上田 小諸間ですか。当てはめてみればそれほどの距離ではないですね。
機会が有りましたら是非歩いて下さい。山とは違う景色があります。それどころか山は最後まで見えませんでしたね。
栗が勿体ないです。林檎も生りっぱなし。この国は剪定や間引きをしないらしく、小いさいのが鈴なり。見るからに不味そうでした。

私も調べてみました。
広島駅から 宮島くらいでした。
私には とても 歩けない、、、と再確認しました。

ただ、毎晩 ワインを飲めるのは いいなあ、、、。

shinmama様
歩けるでしょう〜。機会を捉えてハイキングをしている方なら大丈夫ですよ!

ワインは白を飲んで飲みきると赤を飲んで、胃の中でロゼになって・・・
口も六口に成って、楽しかったですよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンティアゴ・デ・コンポステーラ 5:

« サンティアゴ・デ・コンポステーラ 4 | トップページ | サンティアゴ・デ・コンポステーラ 6 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。