« サンティアゴ・デ・コンポステーラ 7 | トップページ | にっぽん丸で行く奄美大島と西郷隆盛ゆかりの鹿児島5日間 2 »

2018/11/12

にっぽん丸で行く 奄美大島と西郷隆盛ゆかりの鹿児島5日間 1

Img_3004

 10月27日出発、二回目の日本丸乗船です。

 

Img_2765

JTBチャーター特別企画だそうで副題に“美食の客船 にっぽん丸で航く”と成って居ます。 更に靜岡・長野地区は無料送迎バス付き。これは行くしかない!と電話。
条件は一番安いスダンダードステート193,000円が取れればで頼むと、即決で取れますとの事。グランドスイートとの差687,000円。お札を鼻紙にするほどの人も居るのだと思ってしまう。ハイ、貧乏人の僻みです。

Img_2770

長い前置きになりましたが沼津→清水→靜岡→浜松と順にお客を乗せてバスは名古屋港に。JTB添乗員は参加者総勢327人だと言っている。500名超の船なのに少ない、、、添乗員はそれでも自慢げに言っている。

Img_2788

Img_2791

出航前にメインダイニングで昼食。

Img_2795

ラーメンの麵を使った うどんだそうです。美味かった。

食後美味しいコーヒーが飲みたいというので普段はスーイーとのお客さんしか使えないオーシャンダイニング春日へ。メインダイニングはコーヒーか紅茶しか選べませんが、春日だとコーヒーも紅茶も種類が揃っている。

Img_2803

テーブルも腰掛けもナフキンも比べものに成らないほど全て上等だ。

Img_2815

フルーツまで付いてます。
さて、13時出航です。

Img_2818

Img_2825

Img_2836

見送りは・・・少ない、、、

Img_2851

Img_2852

忘れない内にフロントでクレジットカードの登録を済ませる。

Img_2863

Img_2869

Img_2872

セントレアを左舷に見ながら7Fリドテラスで少しノンビリ。この時季ですから最後までプールに入る人は見なかった。

Img_2879

同じ7Fの先端にはホライズンラウンジが有る。此処でも一寸した食べ物や飲み物もあるが体重の事を考えて注文しない。

Img_2884

館内説明ツアーが有るというので参加してみたが、操舵室や機関室を見せるのではないと言う。店やイベント会場などを回るだけでしたが、男が入る事は出来ない超が付くほど豪華なエステ(スパ&サロン)を見る事が出来た。感想は「贅沢の極み」

Img_2896

船は伊良湖岬横を通過。
映画『海難』を見に行く。その他船内では薩摩紅茶の話を始め様々なイベントがあるが適当に参加したりしなかったりで過ごす。

Img_2899

初日のディナーが始まる。

Img_2902

Img_2905

Img_2908

Img_2911

Img_2914

Img_2917

Img_2920

美食のイメージを客に与えたいのか豪華で美味しい内容だった。

Img_2921_1

Img_2926

4Fドルフィンホールでカクテルパーティーが始まる。と言っても演奏を聴きながら飲み物を飲むだけ。
この後吉村美樹コンサート。(写真不可)ソプラノを生で聴くのもなかなか良い。

さて、3Fの風呂に入って寝るか・・・部屋の ちっぽけなシャワーは今回も使わず終いだった

« サンティアゴ・デ・コンポステーラ 7 | トップページ | にっぽん丸で行く奄美大島と西郷隆盛ゆかりの鹿児島5日間 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

日本丸は 亡父の会社の船でありながら、一度しか乗ったことがありません。
飛鳥に比べると安いので、主人は 気に入っているようですが、
私は ショーのステージが小さいので ちょっと敬遠気味です。

今回は名古屋からのJTBチャーター特別企画だったので、一般のパンフレットに掲載が無かったのですね。

どの船も チャーターの場合、食事の程度が落ちる、という噂でしたが
よし坊様のブログを拝見すると 日本丸はそうでもなさそうですね。

噂は怖いですね。
ブログで拝見することが とても参考になります。

shinmama様
そおでしたね、お父様の会社の船だった事。その話を船長との写真の時話したら少しは違うかな〜と思いながら写真に収まりましたが、勿論そんな話は出来ませんから、、、
食事はJTBがメンツに懸けて良くさせていると感じながら食べました。最後までずっと良かったです。その反面、こんな無駄な時間を掛けて航海しているのか?この航程なら船は楽だろうな〜 と思う節がありました。

サンフレッチェ・・・・どうしちゃったんですか、、、

 陸路の旅のあとは海路の旅ですね。
 JTB中部の企画のようですので、
 我が家にも案内が来ていたかもしれませんね。
 ご一緒させていただく気分で楽しみに拝見します。
 副題通り、「美食」の旅の始まりですね。
 

うつきよう様
ハイ、御指摘の通り忙しい毎日です。
今回の船は参加者が少なかったので、どれも何所も空いていました。
我が家は窓際だとか真ん中の良い席を取る気は無いので何時もギリギリの時間。それで何の不満もありません。
食事はどれも美味しかったです。

あら! テンプレートが変わりましたね。
いまの記事にピッタリのデザインで良いと思いました。
私もそうですが時々変えたくなりますよね。でも10年以上もブログをやっていると記事数が多くて全ページ変えるのに結構時間がかかって今までのもので我慢しています。

食べ物にしか目が行きませんが美味しそうですね。航行中はカロリーを考慮して一生懸命船内を歩かれたんでしょうね。

ごくらくとんぼ様
実はカテゴリー事にテンプレートを変えたいのですが上手く出来て居ません。
そこで、トップページだけ変えるを選択してやって居ます。しかしこれもおかしくて他のページも みな同じに成ってしまうんです。面倒なのでそれでいいや、、、と成って居ます。
今回のは食べ物が全て良かったです。太りそうな料理も出なかったので運動もろくにしませんでした。巡礼で使った体力を取り戻すのに丁度良かったと思って居ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にっぽん丸で行く 奄美大島と西郷隆盛ゆかりの鹿児島5日間 1:

« サンティアゴ・デ・コンポステーラ 7 | トップページ | にっぽん丸で行く奄美大島と西郷隆盛ゆかりの鹿児島5日間 2 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。