« 川奈ホテル1 | トップページ | チョウゲンボウ4 »

2018/12/25

川奈ホテル2

Img_4272

 日の出時間は6時41分とメモをもらって居ました。 しかし一面雲に覆われています。

朝食前に展望台に登ってみました。エレベーターで5Fに。其所から更に百段ほどの階段を登ります。

Img_4277

Img_4281

Img_4287

Img_4291

写真は東・南・西・北の順です。
8時ですがゴルフのスタートを待つカートが何台も並んで居ました。 北側の写真でホテルエントランス正面に僕の車が駐まって居ました。車はベルボーイが運びます。

Img_4317

Img_4318

妻は和食。この和食フルーツを含めて我が家の朝食とほとんど変わりません。

Img_4314

Img_4323

Img_4326

僕の頼んだ洋食。卵とパン類は好みで選べました。飛びきり美味しい訳ではありませんでしたが不味くもありませんでした。他のお客様も全く同じ内容でした。

Img_4341

11時チェックアウトをした後1Fでドリンク。県民プランに付いている無料券を使ってコーラを飲みました。

Img_4345

Img_4350

せっかく此処まで来ているし、このまま帰るのも勿体なく、水仙が咲いているだろうからと爪木崎に。とは言えホテルから1時間掛かります。 横風が強烈で証拠写真を撮っただけで退散。 伊豆中央道を通り

20181211_144825_resized_1

20181211_143513_resized

ラーメン屋に寄りましたが うまくね〜。ラーメンとワンタンです。

20181211_150714_resized_1

お決まりの村の駅によって帰宅しました。特別収穫があった訳ではありませんが温泉好きの妻には良い保養が出来たと思います。

« 川奈ホテル1 | トップページ | チョウゲンボウ4 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

あ〜〜、爪木崎だあ〜!!
県内なのに近くて遠い爪木崎です。
高校の卒業旅行で仲良し四人で行って以来かもしれません。
アロエと水仙が綺麗です。
もう50年も前のことですから今はずいぶん整備されているのがわかります。

ごくらくとんぼ様
それは又長い間行かないんですね。伊豆中央道を使えばそんな遠い感じはしませんから水仙を見た後は観音温泉を初め伊豆の温泉に入って命の洗濯をするのも良いですよ。
爪木崎そのものも遊歩道が整備されてとても歩きやすくなっています。

 川奈ホテルには展望台があるのですね。
 わあ、芝がまだ青い!

 やっぱりかっこいい車は正面ですね!
 以前にも書きましたが、
 旅先では我が家が借りる車は「軽」ではないまでも、小さなコンパクトカーなので、
 どこか、目立たないところに運ばれてしまいます(笑)

 もう水仙とアロエが咲くんですね。

うつきよう様
車は目立つ所の方がぶつけられないし、いたずらもされませんから安心です。ただしスーパーや量販店では端に置きます。何故なら大きな荷物を持って車の間をすり抜けられると引っ掻き傷を付けられてしまいますから。
新聞に寄れば水仙は300万本だそうです。たしかにそうだろうと思われるほどずっと先の灯台まで続いています。行くたびに綺麗に成っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川奈ホテル2:

« 川奈ホテル1 | トップページ | チョウゲンボウ4 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。