« チョウゲンボウ1 | トップページ | ボランティア懇親会 »

2018/12/17

チョウゲンボウ2

Img_0823

 飛翔体がとても美しい。

Img_0890

Img_0891

二ヶ月ほど前から人を恐れないチョウゲンボウが居ると聞いていたのですが行く機会が無かったのです。イザ行ってみると面白くて続けて通いました。

表情が可愛くてトリコになってしまいました。チョウゲンボウ まだ続きます。

« チョウゲンボウ1 | トップページ | ボランティア懇親会 »

」カテゴリの記事

コメント

 猛禽類とは思えない、かわいい顔ですね。
 前回、コチョウゲンボウらしいと教えていただきましたが、
 コ がつくくらいですから、小ぶりなのでしょうか。
 そういえば長野の中野に、国の天然記念物になっているチョウゲンボウの集団繁殖地があって、
 ニュースの話題に取り上げられることがありました。

うつきよう様
いずれカラスとバトルしているのもUPしようかと思っています。それを見ると解るのですがカラスよりかなり小さいです。
とても可愛くて思わず眼を細めてしまいます。
集団繁殖地があるんですか?羨ましい環境ですね。

最近、バタバタと余裕のない生活を送っているので
美しい鳥の姿を拝見させていただき、心が和みました。

鳥たちにとって、いつまでも住みやすい環境であってほしいですね。

あっ! 遅くなりました。
喜寿、おめでとうございます。
お元気なので、還暦の間違いじゃないですか?

shinmama様
火曜日から出かけて居りまして返事が遅くなってしまいました。お許し下さい。
さて、元々此処は水害から静岡を守る遊水地なのですが公園に成ってしまいました。全体が低くできていますから多少の水は溜められるんだろうとは思うのですが。雑草で被われていた部分が平らで野芝に成ってしまい鳥にとっては居心地が悪くなったはずです。そんな場所に現れたチョウゲンボウ。勇気が要ります。
喜寿、有難う御座います。どなたも言います。絶体にそんなには見えない、と。
その一方で、ヘマをすると年甲斐もなくと言われますから、言われないように楽しく生きたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/67455598

この記事へのトラックバック一覧です: チョウゲンボウ2:

« チョウゲンボウ1 | トップページ | ボランティア懇親会 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。