« 今年も行きます越前へ1 | トップページ | 今年も行きます越前へ3 »

2018/12/10

今年も行きます越前へ2

Img_4072

※写真は日本海に沈む夕日


Img_4025

昨年と同じ店で朝食です。

Img_4028

Img_4031

フレンチトーストと焼きたてのトーストにハムと野菜が挟んである二品を頼みました。品名は忘れた。これを夫婦でシェア。

Img_4043

10時5分前、三越前では既にお客さんが並んで居た。聞けば京都の小倉山荘が特売するというので並んでみた。買えました。大都会は有名店が沢山入っていて羨ましいです。

Img_4048

11時、一寸早いのですが昼ご飯は千寿の天むす。

Img_4050

小さなテーブルが幾つかある。

Img_4057

一人前とプラス2ヶ頼んでシェア。食べて居る間もテイクアウトのお客さんが次々買いに来る。
1時にチェックアウトして越前に向かう。カーナビは2時間掛かると示して居る。

Img_4059

Img_4064

Img_4067

例年どおり かねともに泊まります。畳が新しくなっていた。

Img_4068

風呂もリニューアルされて居た。

Img_4076

予約内容はアツアツコース27,000円と、めおとコース23,760円いずれもサービス料別で頼んで有り、めおとコースのオスは食べずに持ち帰ることにしています。

Img_4083

思い切り食べたい蟹刺しが少ないな~。なんか年々少なく成っているように感じる。

Img_4085

Img_4086

めおとコースのセイコ(メス)味が濃厚で美味しい。

Img_4087

Img_4088

アツアツコースのオス。甘いので何も付けずにそのまま食べます。蟹酢は要りません。 良く見るとタグの裏が船名に変わって居た。

Img_4089

蟹ミソを付けて食べるのも絶品。

Img_4090

Img_4091

Img_4092

Img_4094

Img_4107

Img_4108

今年は おじやまで完食出来ました。

Img_4118

夜はイカ釣りの船の灯りが目の前に広がっていた。

« 今年も行きます越前へ1 | トップページ | 今年も行きます越前へ3 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

結構な量じゃないですか。完食出来たんですか。少食と伺っているのでわざわざ遠出してまで食べに行く物は別なんだと思いを新たにしました。
日本海に沈む夕日も良いですね~~(うっとり)

 この時期はやっぱり蟹ですよね!
 蟹みそもたっぷりでおいしそうです!
 タグは場所によっていろいろですね。
 静岡から日本海へ、 遠そうなイメージがしますが、
 名古屋経由で、思ったより近くてびっくりです。
 お天気が良くてよかったですね。
 夕日がとってもきれいです。

よし坊殿

お久しぶりです😆🎵🎵 今年も越前へ行かれましたね🎵
何回 食べても蟹は美味しいですね🎵 日本海の越前まで出かけられる気力に脱帽します❗喜寿であろうが気力が衰えたら人生は次第劣りでまっ逆さまに転げ落ちて行きます❗
後輩として反省やら勉強させられました。
今❗私はスマホから安静された無菌室にいます。生きていますのでご安心下さい。今年も少しですね🎵ありがとう🎵

ごくらくとんぼ様
今年は何故かたべられました。
おじやには蟹の身をほぐして入れて有ります。ご飯の量は普通の半分ぐらいしか入れませんでした。とても美味しかったです。
夕日も中々見られ無いんですが今年は奇麗に見られました。丁度沈む頃から夕食が始まりました。
出かけて居て返事が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

うつきよう様
そうなんですね。我が家は蟹を食べないと年が越せません。
タグは一定以上の大きさになるとダブルタグとか言って蟹の大きさも凄いですね。そお成ると一人で一杯は食べきれなくなってしまいますからね。
岐阜経由だと とんでも無い事に成りますが、東名・名神経由だと意外と早いですね。行こうと思えば一泊で行けますが我が家は他の目的もありますので。

青大将殿
大将は今シーズン かねとも に行く計画が有りますか?あの宿は部屋にトイレがないのが欠点ですね。実は眺望のない山側の部屋にはトイレがあります。年と共に近くなると眺望よりトイレ優先で考えなくてはならなくなりますね。
大将より僕の方が年上ですが気力も体力も僕の方が有りそうですね。負けるのは知識と財力です。
何でもかんでも名古屋の大学病院に掛かるなんてとても真似は出来ません。今夜の栄養源は点滴ですか?
お大事に!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も行きます越前へ2:

« 今年も行きます越前へ1 | トップページ | 今年も行きます越前へ3 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。