« 喜寿の祝い2 | トップページ | 今年も行きます越前へ1 »

2018/12/05

平成最後のサッカーも終わりました。思えば色々有りました。

Img_4635

 昨年の靜岡ダービーでは一勝も出来ず惨敗したエスパルス。

今年は何が何でも勝とうという気持ちも強く向かえた10月7日、5-1で勝てた。

1540086071854

10月にはパルちゃん・コパルちゃん・ピカルちゃん達もハロウイン衣装。

Img_4641

Img_4731

ヘリが飛んできました。 目的は満員のスタジアムの撮影だろうか。

Img_4716

翌日の静岡新聞に載りました。

Img_4732

続いて10月20日何年も勝っていないサンフレッチェを迎えサポーター全員がオレンジのボードを掲げコレオグラフィーをした。

Img_4740

2-0で勝ち、勝った時だけやる勝ちロコが始まる。
これで3連勝。 11月2日湘南相手に4連勝を狙うも引き分け。

Img_4776

続く名古屋戦

Img_4754

この日もチケット完売で入場を待つ待機列は駐車場の上まで繫がって居た。

Img_4757

Img_4764

初めての試みでQRコード対応の装置が試験的に入れられた。

Img_4769

Img_4778

名古屋から2,200人の大応援団。統制が取れ見事な応援です。

Img_4779

選手入場。

Img_4794

Img_4809

試合は2-0で完封。リーグ戦は残り2試合。J1残留は確定し、数字上では3位~13位が保証。ACL出場の可能性も微かに有る。

Img_4802

チケット完売にしては入場者が少ない。

Img_4819

試合後選手が御礼に回ってくる。

Img_4827

勝つとやる“勝ちロコ”はエスパルスだけがやる独特の儀式。 勝ちロコを導入した時のキャプテン兵働選手は今シーズンで引退する。彼がやろうと決めなければ勝ちロコは無かった。

Img_4831

そして歌うのは王者の旗。

Img_4835

勝ったら花火も上がる。

Img_4849

ホーム最終戦の神戸は発売と同時にチケットが売りきれるほどでアウエーサポも1450名が来る。

20181125_171154_resized

イニエスタ・ポドルスキーと言った有名選手を見たいからもありますが

20181125_170945_resized

兵働選手の引退セレモニーも有るからです。※この2枚は帰宅後DAZNから撮った。

Img_4866

試合は1点先行されるも追い付く。

20181125_171105_resized

更にその後1-3の劣勢から2-3に。 そしてロスタイム。捨て身の攻撃を仕掛けキーパーのヘディングで3-3の引き分け。キーパーの得点はJリーグでは22年ぶり2人目だそうだ。 しかしこの試合激しくも取っ組み合いの喧嘩になる。

20181125_170604_resized

20181125_170609_resized

20181125_170620_resized

20181125_170632_resized

20181125_171047_resized

※この写真もDAZNから切り抜き
事の次第はこうだ。河井が相手選手と激しくぶつかり頭から血を流して倒れるがレフリーが試合を止めない。次に相手チームのウエリントンが石毛に体当たりを食らわせる悪質ファウルでイエロー1枚目。更にウエリントンはレフリーに文句を言う。仲裁に入ったキーパーをなぎ倒す。此処で2枚目のイエローが出てレッドカードで退場。その後これを切っ掛けに両チーム選手スタッフがエスパルスベンチに入り込み入り乱れガードマンまで入って乱闘と成る。 審判に詰め寄ったウエリントンの暴挙と乱入 相手の大崎も立田をも倒したり更に立田はボトルスキーとも接触して倒れる。ロスタイム18分50秒でやっと試合終了。イエロー7枚レッド2枚Jリーグ25年の歴史の中で最悪の試合内容に成り国内はおろか全世界に映像が流れた。

Img_4870

Img_4877

ホーム最終戦セレモニーで副社長兼GMの久米氏がお亡くなりになった報告等の社長の話と兵働選手の引退と挨拶が有った。
この日はエスパルス選手スタッフは全員喪章を付けて戦った。そしてスタジアム始まって以来の20,109人の来場者と救急車5台の新記録でも有った。 この試合勝てばACLアジアカップに行ける可能性のある試合が引き分けで望みは絶たれ、神戸は引き分けでJ1残留が決まった。そして神戸の一部サポーターは最後まで残って兵働コールをしてくれた。友情応援に感謝したい。

Vsn01

Kane01

続く12月1日リーグ最終戦はV・ファーレン長崎。僕の一押し選手金子君のゴールは10得点目。今シーズンチームから3人が10得点を上げた。そして8位でシーズン終了。マズマズの出来だ。
※上二枚はオフシャルより

Vsv1

終わってみれば、得点力がリーグ2位の56点 優勝した1位の川崎は57点で差が1点しかない。 失点が48で川崎は27。失点を減らせば優勝も夢ではない。が、資金力にものをいわせ大物助っ人を雇い入れるチームにどうしたら勝てるかが今後の課題だ。
それから昨年までは先行されると負けるイメージしかありませんでしたが、今シーズンは先行されても追い付くか逆転できると言う自信も付いた事が収穫です。

Yo01

※拡大できます
シーズン初めにはほとんどのサッカー評論家は自働降格を予想していたエスパルス。 よく頑張ったと思います。

« 喜寿の祝い2 | トップページ | 今年も行きます越前へ1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成最後のサッカーも終わりました。思えば色々有りました。:

« 喜寿の祝い2 | トップページ | 今年も行きます越前へ1 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。