« アジアグランドクルーズ 1 | トップページ | アジアグランドクルーズ 3 »

2019/03/08

アジアグランドクルーズ 2

Img_5240_2

 神戸を出てから6日目にベトナムのハロン湾に到着します。写真は船上から見たハロン湾。

一寸ガスが掛かったような天気で水墨画のよう。丁度良かったのではないかと思って居る。

Img_4974

2月3日。朝食の和食も5日目には飽きてきて11階のリドガーデンで食べる事にしました。此処は和洋有りますが妻はやっぱり和食を選んでいます。

Img_4977

シリアルです。蜂蜜をたっぷり掛けてあります。牛乳は食べる直前に掛けてパリパリした感じで食べた方が美味しいことに気がつき最近はそれを実行しています。

Img_4980

Img_4983

朝食後はしばし同じ11階のパームコートで飲み物を飲みながら読書と毎日更新される電子新聞のプリントを読みます。

Img_4992

写真教室の後いか飛ばし大会が行われ参加。

Img_5001

Img_5007

足の甲に疑似餌の(本物の疑似餌)イカを乗せて片足で飛ばします。中には後ろに飛んでしまう人等が有りとても人気のあるゲームです。

ムキになって勝ちたいと思う人も居るようですが、これらのゲームは参加することに意義があると僕は思って居ますし、ヘタなほど喜ばれ人気者に成ります。

Img_5008

妻の入って居たチームが優勝して50飛鳥ドルをもらいましたが、僕の入ったチームはビリ3。ブービーなら10ドルもらえたのに、、、

Img_5019

Img_5020

Img_5023

昼ご飯はポテトコロッケでしたが、僕は軽食セットの鶏飯風茶ズケにしました。

Img_5034

Img_5040

Img_5043

フイットネスセンター 妻は3回程使ったそうですが僕は使いませんでした。

Img_5055

Img_5058

7デッキです。

Img_5093

教養プログラムの世界遺産への旅。更なる海外旅行に思いが高ぶります。

Img_5102

クッブ ボウリング

妻はコーラスやフラ・ジャンケンリレー等休む間もなく参加して居ます。足腰の弱い人には椅子に座ったまま出来るチェアストレッチ等もあります。

今回ハゲと白髪と男女ともカツラの参加者が多いと感じて居るのですが、杖の人と車椅子の人も多く参加して居ると思いました。高齢者が多い証拠です。

Img_5121

綺麗な夕日が沈みます。食事前でしたのでデッキに行って撮りました。

Img_5146

Img_5153

Img_5156

Img_5157

Img_5162

Img_5164

節分でニンジンは鬼の顔に細工されています。

Img_5168

恵方巻です。

Img_5170

Img_5172

夕食後お風呂に。この時間が一番空いています。風呂場で男性の会話「朝昼夕方、日によっては寝る前にも入って居る」・・・まあ、楽しみは色々有りますから。しかしそんな人ほど風呂に入る暇があったら食事を抜かしてでも運動しなよ」と言いたく成る人ばかり。

女性のお風呂は何時も空いているそうで「部屋のお風呂に入っているんだろうか?」と妻が不思議がっています。

Img_5177

12階の風呂から一つ下りて、リドグリルではアイスクリーム・ソフトクリーム・かき氷が食べられます。写真は宇治金時。

Img_5179

リドグリルです。朝昼夕食と長時間やっています。

この日は飛鳥Ⅱプロダクションショーが有りました。※写真禁止

Img_5183

Img_5186

2月4日。ベトナムのハロン湾に入港します。

昨日より機関室に問題が発生し時速30キロ強で航行出来るはずが15キロほどに落ちてしまい到着時間(投錨 )時間が3時間遅れています。

Img_5201

朝食後、多くの人が12デッキに出てハロン湾を見ています。

Img_5207

Img_5222

ビスタラウンジからも多くの人が。乗船初日に此処で橋田壽賀子さんと合いましたがその後最後までご尊顔を拝することが出来ませんでした。

Img_5228

Img_5231

Img_5246

Img_5276

Img_5285

Img_5312

Img_5330

ベトナムには来ていますがハロン湾には来ていません。オプショナルツアーに申し込むか否か悩みましたが、船の最上段から見た方が今流行のドローン画像のようにハロン湾を満喫できるであろうと考え止めました。大正解でした。因みにハロン湾遊覧は$126USドルでした。
観光の皆様 いってらっしゃ〜い・・・でその後とんでも無い事が起こったのです。

Img_5333

Img_5334

Img_5339

Img_5342

昼食後は11階リドカフェで食後のデザート。メインダイニングでそのまま食べても良いのですがこちらの方が眺めがいい。

Img_5353

船に残った人達の為にも少しゲームがありました。ホースレースゲームに参加してみました。連勝で着順を予想します。4レースやって当たると粗品がもらえましたが当たりませんでした。申し出て馬の役をやってみました。参加記念にステッカーがもらえました。後日又有るのですが妻が馬役に名乗り出たのにはビックリ。自分(馬)が入賞するとクリアファイルがもらえました。

Img_5369

Img_5375

ディスカロタイム。


パームコートではスイーツでティータイムや映画等の催し物が有りました。

Img_5381

Img_5384

Img_5387

Img_5390

Img_5390_2

Img_5393

Img_5396

Img_5399

カジュアルです。外気30度を超していますのでジャケットを羽織るのは止めました。

さてハロン湾観光に出かけた人の一艘が浅瀬の岩に激しくぶつかり座礁。死ぬかと思ったと乗船していた人が言っています。幸い近くに別の船がいたので引っぱってもらって飛鳥まで戻ってこられたとの事。全員怪我無く良かったですね。

夜は立川談四楼 立川只四楼さんの落語 ※撮影禁止

Img_5402

Img_5405

Img_5406

Img_5411

2月5日、カジュアル。
妻は、親燕が雛に餌を運が如く毎朝フルーツとヨーグルトを運んで来ます。果糖を取りすぎちゃうよ!

Img_5426

エアロビクスです。先生も下手くそですが受講生も下手くそ。声を出しているのは僕一人。他に男性の参加は居たのだろうか?最前列に居ましたから解りません。

Img_5438

イカでシャッフル。

Img_5450

これはベトナム舞踊教室。

終日航海の日はイベントが盛りだくさん。タップ教室やタガログ語教室。作詞で脳と心の活性化講座。社交ダンス教室(先生が体調不良でやっとこの日から出て来た?僕はやりませんから詳しく知りません)。ダンスの好きな人はダンスタイムがいっぱい有りますからとても良いと思います。衣装やエナメルの靴などを持って参加して居ます。過去に色々なロマンスも生まれた様で・・・

Img_5456

トンキン湾事件(ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件)を切っ掛けに本格的なベトナム戦争に突入したトンキン湾では石油の掘削が行われている。何カ所もあった。

Img_5458
お昼はリドカフェでランチビュッフェにした。

日が経つにつれ食べたい物を一寸だけの方が良くなってくる。

Img_5474

Img_5465

Img_5468

Img_5471

Img_5477

明日はベトナムのチャンメイに寄港する。

オプショナルツアーの出発時間や自由行動のためのシャトルバスの時刻表が張り出されている。

ヒマラヤの山を見る5泊6日のランドクルーズ$4,220も有る。5泊分のクルーズ代金が安くなる訳でもなく、日本から直接同じコースのツアーに参加すれば はるかに安く行ける。「こんな高いプランに参加するかよ〜」と、世界一周を何度もしている人達が同じ様なことを言うのに一寸ビックリした。

Img_5480

Img_5483

Img_5486

Img_5488

Img_5495

Img_5498

Img_5502

アスカプラザ

Img_5509

Img_5517

Img_5521

Img_5525

艦内の店は意外に早く閉まる。展示する商品は毎日入れ替えている。

ギャラクシーラウンジではベトナム民族舞踊が有った。食事一回目の人は20:15〜20:55  ※撮影禁止

Img_5534

Img_5549

Img_5561
2月6日。飛鳥Ⅱ初寄港のチャンメイ(ベトナム)です。

Img_5565

Img_5566

Img_5570

Img_5574

朝ご飯はメインダイニングで。

Img_5577

Img_5580

Img_5583

Img_5586

初寄港にしては出迎えが少ない。

Img_5595

Img_5602

Img_5610

Img_5613

Img_5622
自由行動します。久しぶりに陸上を歩くのが一寸嬉しい。

Img_5637

ベトナム名物のオートバイ。昔より少なく成って代わりに自動車が増えた。

Img_5640

ゴチャゴチャ感は昔と同じ。

Img_5643

ダナン大聖堂。中国人の観光客がウンザリするほど居た。

Img_5661
ハン市場。閉まっている店が多かった。

Img_5664

果物の王様 ドリアン。

Img_5676

Img_5694

Img_5697

Img_5700

Img_5703

船に戻って遅めの昼ご飯。ハッキリ言って街の食べ物屋の様子を見れば不衛生で食べる気がしない。

Img_5715
ベトナムの旗が出ている。

Img_5718

Img_5730

Img_5733

16時45分から ボン ヴォヤージが有る。

Img_5739

坂井宏行シェフです。後日彼の料理が出るはず。

Img_5743

Img_5761

この日川島様の ご主人の誕生日に招待されました。84歳だそうです。

川島さん御夫妻は世界一周(経験者はワールドと言っている)を2回やって居るし他のプランも沢山乗っているベテラン。その後解った事は知り合ったのはシンガポールの グランドハイアットホテルだったそうだ。
招待された理由は乗船初日、席が隣り合わせになった事。その後不思議な事に案内される席が隣に成る事が続き、奥様が「不思議な御縁を感じます、是非一緒に主人の誕生日を祝って下さい」と成ったのです。

もう一組は村岡御夫妻。ワールドも何回もやって、あと少しで飛鳥500泊達成だそうだ。

みんな凄いね。掃いて捨てるほど金があると思わざるをえない。しかし始末する所は確り始末する。スイートか最低でもバルコニーと思って居ましたが7F8Fに泊まっていますのでFかKです。

Img_5769

Img_5771

Img_5773

Img_5777

Img_5780

Img_5783
そして誕生祝い。

Img_5792_2

川島さん 村岡さん 我が家と一緒に写って居る写真屋の写真が有りますが・・・

Img_5796

ドレスコードはカジュアルでしたがお呼ばれしましたのでジャケットにしました。

夜は 飛鳥Ⅱプロダクションショーでした。 ※撮影禁止

« アジアグランドクルーズ 1 | トップページ | アジアグランドクルーズ 3 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

よし坊殿

何々!今回のクルーズの参加者は、ハゲと白髪とカツラが条件でしたか。

物凄く厳しい参加資格があるんですね。拙者には条件が一つもクリアーしません。

永久にクルーズ船には縁がなさそうです。野山の花を巡ることにします。


奥様が「イカ飛ばし」や「馬」になられたり、フィットネスに通われるなんて、、、
すっかりお元気になられたのですね。
というか普通の方より 活動的になられ、よし坊様も ご安心ですね。

飛鳥の常連さんは 裕福な暮らしをされている方達ですが、
細かなことにシビアな高齢者も多いので 世界一周の長期クルーズになると
ゲスト同士で もめることがしばしばある、、と聞きました。

ピースボートで世界一周を何度もしたという人は 何より気楽でいいと言っていましたし
クルーズ船の選び方は 人それぞれですね。
船で知り合った方から伺うお話が 非常に参考になります。

青大将殿
こお言う所に食いついてくるんですね。引きも強い!

お断りしておきますが薄毛はOKですよ。資格がお有りだと思います。
アジア一周でなく世界一周に是非参加して下さい。気を使いすぎて禿げると思います。

shinmama様
体を動かす事は元々好きですし、過食の分運動しないといけませんから登りも下りも階段を使って。階段を使っている人が多かったです。皆さん考えて居る事は同じです。

もめると言えば過去にどうしようもないお客さんが居て船長命令で途中下船させた事が有ると誕生祝いの日に聞きました。同じ日にダンスの先生と生徒の話も聞きました。詳しくは何かの機会に・・・
我が家は世界一周はしません。言った国のピンポイント観光では勿体ないしそんな金もありません。

 みなさん、船内、船外問わず、アクティブに行動なさいますね。
 大きなマンションごと移動しているようなものですものね。
 気の合うお仲間ができたり、
 新たな交流も生まれますね。
 
 ドリアンの山に目が釘付けです。
 大好きなんです!
 もちろん船内持込みはできませんよね。

うつきよう様
そうですね。レストランや商店、美容院、日帰り温泉まであるマンションと同じですね。
県人会やゲーム、食事時と知り合う機会は沢山有りますから。しかし、どうしてもイヤだと思う人も居ました。色々な人が居ますから。
ドリアンはその後船内で食べられました。南洋の色々な果物と一緒に。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアグランドクルーズ 2:

« アジアグランドクルーズ 1 | トップページ | アジアグランドクルーズ 3 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。