« 無事帰国しました | トップページ | アジアグランドクルーズ 2 »

2019/03/04

アジアグランドクルーズ 1

Img_5946

 1月29日、心配した雪もなく神戸港に到着した。

いよいよ31日間のクルーズが始まる。

Img_4358_2

ポートターミナル駅から飛鳥が見える。デッキやラウンジに人影も見える。


Img_4363_2

Img_4367

Img_4370

Img_4377

待合室には軽食や飲み物

Img_4381

受付は申し込んだ旅行社ごとに分かれていた。

Img_4389

Img_4392

一番安いKステートですがバスタブも付いている。

Img_4395

Img_4399

乳液など確り揃っていた。

Img_4403

お決まりの避難訓練。点呼がありますからサボれません。

Img_4415

Img_4424

Img_4426

7デッキでセールアウェイ・パーティー。知人や家族が見送りに来ている人には特別な思いがあることだろう。

Img_4433_1

Img_4436

Img_4439

Img_4442

Img_4445

Img_4446

Img_4451

食事は1回目を希望してあり17:15から。窓際に座りたい訳でもなく5:30に行くとほとんど席はいっぱい。東京から参加の川島さん御夫妻と同席に成った。この後川島さんとは思わぬ形の展開があった。

夜は6デッキギャラクシーラウンジで 曹雪昌さんの二胡の響きコンサートがある。※撮影禁止

Img_4454

Img_4457

30日ダイニングルームで。和食。

Img_4463

昼食はヒレカツ。

Img_4466

6デッキ飛鳥プラザとレセプション。

Img_4475

種子島沖を通過。

終日航海で各種イベント等の説明会などが目白押し。出入国書類を渡したり映画を見たり忙しく過ごす。

妻は生花のコサージュ作り教室に参加。この日はフォーマルで自作のコサージュを胸に付けるため。

Img_4477

Img_4481

キャプテンズパーティーが有る。記念に船長との記念写真を撮る。

Img_4484

奥にピアノバー

Img_4485

フォーシーズンダイニング入り口。氷の彫刻が飾られていた。

Img_4490

Img_4493

Img_4496

Img_4499

Img_4502

Img_4505

Img_4508

Img_4511

男性はタキシードの人も多い。黑のフォーマルや、中にはダークスーツの人等様々だ。
女性はイブニングドレス・カクテルドレス・留袖・訪問着など様々で派手やかだった。妻が小耳に挟んだ会話「着る物が無いから普段着で鮨屋の海彦に行ってダイニングには行かない」・・・・・

滅多なことではない経験。着飾るのも楽しいと思わないと損だと思うフォーマルデイ。
夜は 岩崎広美&国府弘子スペシャルステージ が有った、※撮影禁止

Img_4516

31日終日航海。

7:00からストレッチ。妻が参加していた。

Img_4520

Img_4523

Img_4531

楽しみにして居た写真教室が始まる。講師は永島岳志さん。説明会を含めて6回ですが全くの素人相手の内容でガッカリだったが全て参加した。

Img_4536

輪投げタイム

Img_4553

ラダーゲッター

Img_4556
昼食の鴨せいろ

Img_4559

食後6Fのザ・ビストロでコーヒータイム。

初乗船者パーティーが有り有意義に過ごしたらしい。

Img_4565

船は焦臭い尖閣諸島直近を通過。

Img_4583

オーバルボール。その他映画男は辛いよを見る。

Img_4590

Img_4591

Img_4596

Img_4598

Img_4601

Img_4608

Img_4611

カジュアルでしたが未だ外気温も低くジャケットを羽織った。

夜は落語 立川談四楼 立川只四楼 さん。※写真禁止

Img_4621

2月1日終日航海。6:30からラジオ体操。全てに参加すると30飛鳥ドルがもらえる。

Img_4626

終日航海の日は運動不足になりラジオ体操後左舷最後尾の階段を登ると70段、そのまま右舷側に下りる。そして7デッキを回る。これを三回から日によって八回。やった。

Img_4629

Img_4632

朝食後11階のパームコートに。

Img_4635

Img_4637

此処でも果物やパンなどを食べる事が出来ますが「その一口が豚の元」と呪文を唱えて読書タイム。実は食後直ぐ部屋に戻ると清掃中で入れない事が多いのです。

Img_4645

スカッとボール。これらのゲームには参加すると5ドルもらえるか大会だと優勝チームには一人50ドルもらえるが参加だけにはもらえない。博打好きは大会へ。

Img_4653

Img_4656

確り酢飯だった。

Img_4677

ディスゲッター

この日はシングルズ・パーティーも有り、お一人様参加の皆さまお友達を作りましょうとの企画だ。ナント今回一人参加が150人弱。常連さんがこんなに多いのは初めてだと言っている。

Img_4683

各階にランドリーが有る。

洗濯機6台(約35分)乾燥機10台(約90分)。此所に通う人は男性が多かった。

時間が来ても取りに来ない人の為に係りが居て部屋番号の書かれた袋に入れて吊しておいてくれる。他人の物を勝手に取り込むことは禁止されている。旅慣れた人のアイデアで下着類はネットの袋に入れて洗濯をしていた。これは良いアイデアですが次の機会が我が家にあるだろうか?

Img_4689

Img_4692

Img_4695

Img_4698

Img_4699

Img_4704

2月1日もカジュアルです。

この日も曹雪昌さんの二胡の演奏があった。

Img_4707

Img_4708

明日の寄港地香港の情報が張り出されていますが同じ物が夕食中のターンダウン時に飛鳥デイリーと共に届けられている。

飛鳥デイリーには各種イベントが刷られて居てブログ繋がり広島のshinmama様のアイデアを頂き自分の参加したいイベントを丸で囲んで夫婦勝手に行動している。

イベントにはコントラクトブリッジ・社交ダンス・コーラス(ドイツ語で第九を歌う/後日発表会が有る)・フラ・エアロビ・七宝焼き・クラフト教室・ゴルフレッスン等様々です。

Img_4716

Img_4720

7時香港入港。上陸日にはラジオ体操を始め各種イベントはお休みです。

Img_4725

昨夜決まったアジアカップ。1-3で負けと張り出されていた。

Img_4728

Img_4731

Img_4737

香港在住の人が着岸後乗り込んできましたが彼らの話では昨日までずっと雨で寒く、全く視界が無かったという。着岸と同時に雨が止んだそうだ。付いているね!

Img_4749

今回は訪ねたことのある国のツアーには参加しないことを原則とした我が家。

外出許可が出るまで船内をブラブラ。ネット利用30分千円のコンピュータールーム。勿論使いません。

Img_4755

持って来た本を読みながら待ちます。

Img_4758

Img_4759

Img_4764

自由行動で出ます。注意事項にYモバイルは使うな。罰せられる事が有ると有った。中国関係で何か有るんだろうと推察できる。

Img_4770

妻の時計の電池切れで電池交換の出来る店を探し回りましたが交換できる店が見つかりません。やっと見つかってヤレヤレ。香港ドルを持って居ませんのでUSドル10ドル払った。

Img_4773

一端船に戻ります。クルーズ船のお客さんは出入国検査が極めて緩い。

Img_4779

Img_4782

Img_4785

掃いて捨てるほどお金がありそうな皆さん、確り船に戻って昼食。再び街に出るようです。我が家も当然出ます。

Img_4791

正月飾りです。

Img_4794

ペネンシュラホテル。

Img_4798

一寸した物でもカードで買えますから換金する必要は全く有りません。船内で3千円の換金が出来る様に成っていますが余ったら日本円に戻せませんし無理に使い切らなくてはなりませんから無駄です。

Img_4809

Img_4812

Img_4821

4時前船に戻りました。香港に住んでいる日本人が訪船して居ました。子供はアイスクリーム等、大人は麺類などを食べて居ました。一端船に入ればお客と同じ扱いで飲み食い自由ですから。

Img_4827

Img_4830

Img_4833

Img_4836

Img_4838

Img_4842

出航前に夕食。

Img_4845

Img_4860

Img_4874

Img_4881

Img_4899

Img_4916

出港風景とボン・ヴォヤージ
船員が鬼役になりお客さんが一升枡に入った豆を思い切りぶつけて鬼退治。「イテーイテー」と悲鳴を上げています。

Img_4929

Img_4944

Img_4956

Img_4964

最後は鬼もお客も一緒になって大量に撒かれた福豆を踏みつぶしながら輪になって踊りました。

Img_4970

100万ドルの夜景も見納めで、明日は終日航海です。

« 無事帰国しました | トップページ | アジアグランドクルーズ 2 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい、、、そして お疲れ様でした。
ブログが始まるのを 今日か今日かと 首を長くして待っておりました。

そうですか、香港で飲茶や中華を召し上がらなかったのですね。
奥様は 和食がお好きですものね。
飛鳥で良かったですね。

フォーマルを 苦にするか、楽しみにするか、、、人それぞれですね。
飛鳥はディナーのビュッフェがないので、フォーマルを避けるためには 
ルームサービスしか選択肢はない、、と思っていました。
他のクルーズ船では 有料レストランも ドレスコードが適用されますが
飛鳥の有料レストランは カジュアルでもOKでしたか?

お帰りなさい!!!
お元気にお帰りの様で何よりです。
お留守の間、日本は寒波に襲われ北海道内陸部ではマイナス30度ほどになったところがありましたよ。この時私は東名高速の道路状況を心配しながら孫の初節句の飾りを見に次男宅を訪れていました。
よし坊様がお帰りになったころには河津の桜も散っていたと思います。これから春本番です。日本の春をゆっくりお楽しみください。
写真を楽しみにしています。

shinmama様
早速の書き込み有難う御座います。今そちらのブログを読み終わってカキコしたばかりです。
香港は時計は売っていても電池交換してくれる店が無く大変困りました。
朝昼晩和食を続けると他の物が食べたくなる事が解りました。
さて、有料のレストランには行きませんでしたからドレスコードが適用されて居たかは解りません。夕食は二部制でメインダイニングだけですからね。
カジュアルの日でもルームサービスを頼んで居る部屋がありました。我が家はそんな贅沢はしません。
shinmama様のアイデア、確り頂いて日々行動しました。

ごくらくとんぼ様
元気で帰宅できました。暇どころか忙しかったですよ!
日本は天候不順で大変だったようですね。
そんな中お孫さんの節句で大活躍!良いじゃないですか!幸せな時間だと思います。
靜岡の美和桜が満開だとショートメールで知りました。

ここ数日船ボケしていて夫婦揃って段取りが上手く出来なくなっています。家事雑務一切を一ヶ月やらなければ成っちゃうよな〜と言いながら夫婦で笑っています。

 3月に入って出かけたりしてばたばたしていましたが、
 ようやく少し落ち着いて、
 楽しみにしていたよし坊様のブログを拝見できます。
 華やかな幕開けですね。
 食事もおいしそうですし、
 イベントも楽しそうですし、
 拝見しているだけでうきうきしてきます。
 
 

うつきよう様
お忙しいのに丁寧に読んで頂いたようで恐れ入ります。
未だに元の生活に戻れないんです。特に段取りが悪くなってしまいました。今我が家では「クルーズボケだから許して」が堂々と通って居ます。

お帰りなさい。
クルーズの楽しいご様子拝見しました。

ご心配おかけしました(m_ _m)

忙しさにかまけてUPもしないまま気がついたら6ヶ月も経っていました。
パソコンを入れ替えたりした後なんとなくブログから足が遠のいてしまって・・・。
これからは少しずつですが頑張ってUPしたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアグランドクルーズ 1:

« 無事帰国しました | トップページ | アジアグランドクルーズ 2 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。