« アジアグランドクルーズ 2 | トップページ | アジアグランドクルーズ 4 »

2019/03/11

アジアグランドクルーズ 3

Img_6301

 2月10日はタイのレムチャバンに到着です。 写真はパタヤビーチで,まるでハワイのワイキキのよう。多くの人がパラセール等アクティビティーを楽しんで居ます。

Img_5801

2月7日終日航海。

Img_5804

Img_5805

Img_5810

デザートは二人分です。

Img_5825

各種ゲームやジェスチャーにも参加。ジェスチャーは見て居るだけでも楽しいが参加することに異議あ。細かい説明をしなくても想像出来ると思います。

Img_5833

Img_5838

最後尾スポーツエリアと階段の様子。

Img_5846

Img_5855

Img_5856

Img_5867

Img_5875

風呂は12階

Img_5879

今日はメニューが立派で坂井宏行×西口雅浩(飛鳥総料理長)の洋上興宴ディナーでした。味はマズマズかな〜。
ドレスコードはインフォーマルです。

Img_5882

Img_5885

Img_5893

食事中夕日が沈む。船の進行方向でどちら側に夕日が沈むか解るので出来る限り夕日の見える側に座った。ただ、窓際に座ろうと言う気持ちはほとんど無い。妻は独立した二人席が希望のようだが僕は色々な人と話をしたいので繫がった席を好んだ。

Img_5909

Img_5911

Img_5913

Img_5918

Img_5921

Img_5922

Img_5927

Img_5930

2月8日。終日航海。

Img_5932

ワッフル・パンケーキ・フレンチトーストはタイミングが合わなくて食べ損なった。

Img_5939

Img_5942

日が経つにつれて益々軽い朝食を食べたくなり11階に行く事が多くなった。

Img_5945

朝食後はパームコートへ。この写真は先端のビスタラウンジの手前にあるバーでタバコが吸え。なので出来るだけこちら側(左舷)を避けて通って居た。

Img_5955

Img_5971

Img_5977

相変わらずイカ飛ばしは人気だ。

Img_5986

Img_5987

Img_5992

Img_5995

かき氷にも種類が有る。外出後や風呂上がりによく食べた。

Img_6002
ディスコンタイム。

Img_6010

Img_6011

Img_6016

Img_6018

Img_6021

Img_6024

Img_6026
食事中には必ずフィリピンバンドが席に回ってくる。

Img_6031

ナントこの日はフグ料理。美味かった!!

この夜は平成最後のスターは誰だと称してお客さんの素人演芸大会が有った。聞く所に寄れば民謡・民踊・詩吟・歌・社交ダンス等だったそうでこれが解っていれば仕舞を披露したのに・・・・いや、そんな出しゃばったことはしない。

Img_6037

Img_6038

Img_6042

Img_6046

2月9日終日航海。

Img_6048

オフィサーの写真。

Img_6052

来年の世界一周説明会なども有ったが行く気がないので参加しない。申し込んだ人も居たとのこと。

Img_6059

Img_6067

最後尾の階段。なかなか登り堪えが有る。

Img_6074

マラカスに万歩計が付いていて決められた時間内に一チームで幾つ振ったかを競う。チームはその都度集まった人が何となく5〜6人で組む即席チーム。

Img_6090
何種類かのデッキゲームが有った。

Img_6104
ダンス教室

Img_6108

トランプなどゲームをやる部屋。教室もやっている。

Img_6113

ゲーム等に参加して稼いで来た飛鳥ドル。

Img_6118

Img_6119

2月9日の昼食にはゲストシェフ坂井宏行氏の2品(サバのスパイシークレープ・バーベキューチキン)が振る舞われた。美味いと褒める程でもなかった。

Img_6124

Img_6127

Img_6131

Img_6134

Img_6139

Img_6142

Img_6143

Img_6147

エレベーターと階段は3ヶ所有る。中央の階段には大きな壁画が描かれている。
毎夜遅く乗組員が手摺りをピカピカに磨いている。

Img_6152
連日ユックリ本を読む時間もなかなか取れないほどイベントや講座に追われている。

Img_6157

Img_6160

Img_6163

Img_6166

Img_6169

Img_6170

Img_6187

Img_6190
食事中夕日が沈みました。

夜は石川綾子「ジャンルのないヴァイオリンコンサート」が有った。

弓毛が何本も切れる大熱演だった。

Img_6196

Img_6214

2月10日、タイのレムチャバンに入港する。

Img_6217

Img_6241
歓迎式典がある。

Img_6248

朝食後は11階に。その一口が・・・・でチラッと見るだけ。
自由行動で出る準備が出来るまで読書。

Img_6253

Img_6256

 

Img_6262
以前書きましたが行った国はツアーに参加しない事にしている我が家は自由行動。幸いな事にパタヤ迄シャトルバスが出ますのでそれに乗ります。

Img_6263

Img_6268

Img_6277

Img_6279

街は中国系の正月飾りが派手です。

Img_6283

ネパールも顔負けのタコ足配線。

Img_6298_2

Img_6292

Img_6313

Img_6325

Img_6337

シャトル発着は目印になる大きな飛行機が有る「グランデセンターポイントパタヤ」で巨大なショッピングモール。

Img_6341

Img_6344

Img_6348

昼ご飯をラーメン屋で食べたのですがカードは使えないという、、、広いセンター内の両替所を必死で探して現金で払いました。焦ったー。

Img_6350

各階が各国のテーマに沿って作られています。

Img_6365

Img_6368

Img_6373
船に戻って風呂に入って一休み。アイスクリーム・ソフトクリームです。

Img_6376

Img_6377

Img_6382

Img_6383

Img_6388

Img_6389
白いご飯か冷やし梅そばが選べた。

Img_6394

この日は20,793歩 良く歩きました。

夜はレムチャバンローカルショーが有った。※撮影禁止

« アジアグランドクルーズ 2 | トップページ | アジアグランドクルーズ 4 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!
毎日おしゃれな食事を召し上がっていて、それはそれで奥様の手料理が食べたくなったんじゃありませんか?

真っ赤な太陽がいいですね。海に沈むダルマ太陽も見たことないんです。


ごくらくとんぼ様
食事も極めて家庭的なのから豪華なのまで色々で、毎日が豪華な内容とはいきませんでしたね。
その程度が過食しなくて・・・つまり太らなくて良かったと思います。
朝日も夕日も沢山見ました。360度遮る物がないですからね。そして毎日 日の出と日の入り時刻もプリントされて居ました。
今から静岡ダービーのボランティアに行きます。今日も期待できない、、、、

 船内のイベントの様子や、
 もちろん、観光の様子も興味深いですが、
 お料理を拝見するのが楽しいです。
 多種多様、いろいろなお料理がありますね。
 長い旅でも飽きることがないですね。

 電柱のタコ足配線が面白ーい!
 整然とタコ足になっているのに感心してしまいます。

 

うつきよう様
イベントも各自好みがあるようで参加者を観察するのも又楽しいものです。惚けているご主人をホローしながらやっている人も居ましたね。
食べるだけの料理、奥様方は勿論、一人暮らしをしている男性も楽が出来た一ヶ月だと思いました。
タコ足ね、ネパールはこんなもんじゃなかったですよ!

クルーズ中にクルーズのブログを拝見すると
なんだか、思考が交錯して不思議な気持ちです。
拝見している太陽の画像と同じ画面が目の前にあるのですから、、、、、。

最近のクルーズは隣国のかたが急増しているらしいので、
クルーズも日本の船、という方も増えるのではないでしょうか?

shinmama様
クルーズの最中船内から書き込み有難う御座います。地球が狭くなった感じですね。
360度遮る物が無い外洋から見られる太陽、それを又食事をしながら・・・クルーズでないと味わえない感動ですよね。
飛鳥も日本丸も隣国人が乗客として乗って来たら日本人が嫌がって乗らなくなるでしょうね。そんな時代が来ない事を祈ります。
shinmama様が今乗船しているルーズも後数日ですか?残された日、楽しんで下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアグランドクルーズ 3:

« アジアグランドクルーズ 2 | トップページ | アジアグランドクルーズ 4 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。