« アジアグランドクルーズ 4 | トップページ | アジアグランドクルーズ 6 »

2019/03/18

アジアグランドクルーズ 5

Img_7765_2

 写真はアジアンデッキディナー&フルーツビュッフェでのフィナーレ

Img_7163
2月15日。一晩航行し船は早朝マレーシアの古都マラッカに到着する。

Img_7173

Img_7176

朝食は11Fリドガーデンで。

Img_7179

7時投錨。

Img_7185

同じ様な位置にクルーズ船が。後で解った事ですがアメリカのクルーズ船で全室スイートだと言うが聞いた話でアテにはならない。

Img_7200

Img_7206
渡船で上陸します。

Img_7209

一歩踏み入れてビックリしたのは飾り立てた三輪車。「乗らないか」としつこく誘われるがキッパリと ノー!
我が家は初めて訪れる国なのですが、主な観光ポイントが歩いて見られそうなのでOPツアーには参加しなかった。

Img_7210
サンチャゴ砦

Img_7218

砦から歩いて小高い丘に登れば街全体が見渡せる。飛鳥も見える。

Img_7213

フランシスコザビエル。日本でお馴染みのあの姿でもなければ歳もグンと若い。

Img_7222

セントポール教会。

Img_7225

オランダ広場の中心。

Img_7239

マラッカ川の橋を越すと

Img_7248

中華街。

Img_7260

Img_7263

マレーシア最古の中国寺院で 青雲亭。屋根は陶器で出来た装飾が見事。

Img_7272

トライショー 主なポイントを回るOPに遭遇した。

Img_7320

Img_7321

真下から見る飛鳥は大きい。

Img_7326

Img_7328

妻は鉄火丼で

Img_7332

僕は軽食セット(うなぎと浅利の茶漬け)。

Img_7342

Img_7350

Img_7353

Img_7356

遅めの昼食は船に戻って食べた。殆どの人がそおだ。みんな確りして居るというか倹約している。

夕食までは読書やお風呂。ゲーム等が無くてホッとした自分が居る。

17時抜錨。

Img_7377

Img_7378

Img_7384

Img_7389

Img_7392

Img_7395

Img_7398

ドレスコードはカジュアル。
この日はアルパデュオ コンサートが有りました。
アルパデュオは南米パラグアイの民族楽器でハープのようですが違います。※撮影禁止

Img_7404
2月16日、終日航海。

Img_7407

ダイニングルーム フォーシーズンの左舷側奥まった所から写しました。

Img_7410

Img_7413

Img_7416

Img_7419

コンピュータープラザは人が居た事がありません。

Img_7424

Img_7427

Img_7437

写真教室や各種ゲーム、妻はコーラスフラ等に参加して居ます。

Img_7440
フォトショップ前の壁には連日いたる所で写されている写真が飾られ自分の写った写真や欲しい写真を1枚500円で買う事が出来ます。自分だけ写って居ても気に入らなかったり要らなければ不用の箱に入れてしまえばそれまでですがそのまま置いて置くと最後まで飾られてしまいます。

Img_7451

夜の演芸などが行われるギャラクシーラウンジ入り口です。連日此処でエンターテイメントが行われます。

Img_7456

Img_7470

さり気なく飾られていますが売り物です。単位が一桁も二桁も違う、、、、

Img_7472

Img_7476

映画や講演会などが行われるハリウッドシアター。

Img_7485

Img_7494

Img_7500

営業前のリドカフェ。

Img_7505

一度も入らなかった鮨屋「海彦」。有料です。更にその奥にはスイート客専用のプレミヤダイニングがありますが覗いた事はありません。

Img_7512

北緯1度。赤道の直ぐ上です。

Img_7514

妻が参加した折り紙教室で作った小物入れ。

Img_7518

Img_7520

昼食はざる蕎麦。この頃になって気が付いたのは飛鳥の蕎麦は旨くありません。と言うより不味いです。

Img_7561

Img_7567

御題を与えられ順送りしていきます。歌舞伎の御題でミエを切って上手に伝えたのですがその後がダメでした。見て居るだけでホントに楽しいが参加した方がなお楽しいゲームでした。僕が与えられた題はラーメン。これは上手く伝わりましたが二問目のチーズは上手く伝わらなくて時間切れ、、、、

Img_7574

公演 ナンタケットの捕鯨と歴史。長い鎖国で日本近海は鯨の宝庫だった事も初めて知った。

妻は昨夜公演したアルパの歴史と魅力の公演。楽器も触り弦も弾かせてくれたそうだ。
終日航海でその他各種ゲームも目白押し。

Img_7579
この日のディナーは11デッキでアジアンデッキディナー&フルーツビュッフェ。アルコール飲料も無料で振る舞われた。
ドレスコードはカジュアル。

Img_7583

Img_7587

Img_7600

Img_7605

Img_7606

Img_7611

子豚の丸焼きも振る舞われている。

Img_7617

食後は各種果物。

Img_7639

Img_7651

ゲストシェフの 落合 務さんと記念写真に収まる妻。

Img_7655

Img_7663

Img_7664

Img_7685

Img_7698

マレーシアの民族舞踊も始まった。

Img_7720

Img_7760

Img_7768

最後は乗客が輪になって回る回る回る

Img_7779

Img_7784
2月17日、インフォーマル。朝食は11デッキで。

Img_7793

オーバルボールやディスカロ、公演では地図を楽しむ や、寺崎美保子さんの「私がパズル作家になった理由」ダンス・コーラスと盛りだくさん。

Img_7802

この頃、暇でしょうがないだろうと思って居た船旅が「こんなに忙しいとは思わなかったね」と夫婦の会話で良く出て来る。

Img_7803

Img_7812
昼前プールサイドでドリアンとココナッツジュースが振る舞われる。

Img_7817

Img_7819

昼食は軽食セットの鰹お茶ズケセットにした。

Img_7834

Img_7840

Img_7864

Img_7872
昼食後アスカプラザでエキゾチックカジノが有る。船長がデーラーをしています。

Img_7898

上手に稼ぐと稼いだドルに応じて賞品がもらえます。

Img_7909

これはジャンケンゲーム。

Img_7922

Img_7924

Img_7927

Img_7931

Img_7932

ジャブシャブ。この肉は美味かったー。

Img_7936

Img_7954

Img_7965

夜は二回目のアルパデュオ コンサートが有った。※撮影禁止

Img_7968

メインダイニングのサラダやフルーツ置き場。

Img_7976

2月18日、ブルネイのムアラに入港します。

Img_7979

Img_7980

Img_7983

浅利の味噌汁に釣られてメインダイニングで食べた。

Img_7992

Img_7999

Img_8002

Img_8004

初めてオプショナルツアーに参加する。マングローブリバークルーズ$140USドルだ。マングローブ等見たい訳ではなく『テングザル』が見たいからです。

Img_8009

Img_8010

Img_8021

貧しい国かと思いましたが立派の道路もあります。

Img_8036

Img_8045

船で30分以上ジャングルを搔き分けるように登って行きます。

Img_8075

辛うじて撮れたのは小猿。親は葉がガサゴソと動くだけで姿を見る事が出来ませんでした。何の為に・・・・

Img_8114

Img_8126

水上生活者の家

Img_8127

これは学校です。

Img_8139
バスで船に帰りますがシャトルバス発着所で降ろしてもらいました。一々離団願いにサインするんですね。何か有った時の責任逃れの為なんでしょうね。

Img_8153

旧モスク

Img_8154

中に入れてもらえました。ショートパンツがダメですが羽織る物を貸してくれました。靴を脱ぎますが靴下はOKでした。ドネーションボックスが有りましたので小銭を少々。

Img_8172

Img_8163

Img_8169

王室資料館にも入りました。金銀財宝やコレクションが沢山。日本から送られた記念品もありました。撮影出来るのは1Fだけ。立派な馬車です。

Img_8179

Img_8194

Img_8198

Img_8203

日本食屋を見つけて蛸飯と鍋焼きうどんを食べました。これが旨かった!!

Img_8210
シャトルバス発着所です。

Img_8217

船に戻るのですからこちらからだと出国します。

Img_8220

Img_8223

Img_8226

モニターを見るとグルッとアジア各国を回ってきましたね。残り1/3です。

Img_8244

Img_8247

Img_8250

Img_8253

Img_8259

Img_8260

Img_8263

この日同席した方は埼玉県から参加の工藤さん御夫妻。膵臓癌を患っていると言っています。薬品販売の会社を廃業。子供さん達は全員医者になったそうです。ワールドも何回か経験し、この航海が終わると500乗船と言っています。
お酒をこよなく愛していると言っていますが「酒は止めろと」息子さん達に言われて居るそうだ。
昨日のしゃぶしゃぶ美味かったね。お代わりしちゃったよ!美味けりゃお代わりすれば良いんだよと言っている。
そのご解ったのはFかK。この手の人達はスイートやベランダには拘らない様だ。
話すと面白い人で「毎日新鮮な卵が出て来ます。これだけの人数分の卵をどうして調達しているか解りますか?」と言う。さ〜解りませんと言うと「実はね、船の一番下でニワトリを飼って居るんですよ」と。更に話は進み「スケベな親父でしょ!爪にマニキュアを付けているんです」と言う。「それがスケベとは思いませんよ、ほら僕も付けてます」と言うとビックリしていた。実は3ヶ月ほど前から爪の先が欠けて困り、マニキュアを付ける事にしたのです。野球のピッチャー等も爪でコントロールが悪くなるのを防ぐ為にマニキュアを使うと聞いています。
この日も楽しい会話で盛り上がりました。

夜の公演はマレーシア民族舞踊 ※撮影禁止
ドレスコードカジュアル

« アジアグランドクルーズ 4 | トップページ | アジアグランドクルーズ 6 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ
ブルネイっていつかテレビで紹介されていました。
教育費や医療費が無料で税金もないんですってね。
王立の国だそうで豊かなお国のようですが住みたいかは別物です。

クルーズ3分の2との事ですが飽くことは無いのですね。

ごくらくとんぼ様
へ〜、そんなお金持ちの豊かな国なんですか〜。知りませんでした。
そお言えば街にゴミは落ちていなくて綺麗でしたね。街の美は豊かさに正比例しますから。
飽きるなんてとんでも無い。充実した毎日でしたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアグランドクルーズ 5:

« アジアグランドクルーズ 4 | トップページ | アジアグランドクルーズ 6 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。