« アジアグランドクルーズ 7 | トップページ | ココログの大々的なリニューアルで思う様に出来なくて大変苦労しました »

2019/03/28

アジアグランドクルーズ 8

 

Img_5946_2

 

 アジアグランドクルーズのブログもこの回で終了します。 人生の1ページをメモに残すだけの内容ですが読んで頂いた方々 本当に有難う御座いました

Img_9917_4

Img_9920_3

2月27日、ドレスコードカジュアル。

11Fで朝食。毎回出て来た果物は二人分です。

Img_9923_3

Img_9931_2

今日は皆様お待ちかねのビンゴ大会の日。ギャラクシーラウンジかハリウッドシアターの二ヶ所で行われますがどちらを選ぶかは乗船客の意思。我が家は何となく自分の座る位置が決まっているギャラクシーラウンジにしましたが、こちらの方が収容人数は多そうですので当たる確率は低い。

Img_9939_2

ワー、妻が一番でリーチが掛かった。ビックリですが意外とその後数字が出ないんだよな〜

Img_9943_2

10人目ほどでしたがなんとかビンゴ。膝掛けが当たりました。

Img_9947_3
Img_9950_3

鮨の類なら妻は文句なし。

Img_9951_2

昼食後には集めた飛鳥ドルの金額に応じて記念の品物に交換。Tシャツやバスタオル、ランチバッグ等に替える事が出来ました。

Img_9956_2

“優雅な午後の日本茶”が有りましたので出遅れないように早めに行って、和菓子をゲット。茶葉は自分で選んで袋に入れて飲みます。急須じゃないのが残念ですが、やっぱり日本茶は美味い。

さて、こんな日でも各種講座などが有りました。ウォーク・ア マイル ゴルフレッスン ダンス チェス教室 映画 そして航海中手掛けた絵画や写真、手芸作品などを出展する芸術展の開催等ですが、我が家は荷作り。

Img_9959_2

我が家にとっては船で食べる最後のディナー。

Img_9962_3

Img_9965_3

Img_9968_3

Img_9971_3

Img_9974_2

Img_9978_2

Img_9929_3

部屋に戻るとベッドの上に鶴亀の折り紙と片言のメッセージが置いて有りました。カロリン有難う!!

Img_9984_2

そのカロリンにタイミング良く廊下で会えて記念写真。

その時彼女から「私は夜のクルーショーに出ますから見て下さい」と言われる。

何をやるんだろうかとても楽しみです。

Img_9996_2

21時半。クルーショーが始まりました。

Img_0003

初めは挨拶代わりのイベント係達の演技に続き

Img_0011_2

7階のハウスキーパー達

Img_0014_2

8階はカロリン達。前から5人目でした。

Img_0020_2

9階。

Img_0029_2

これは10階だったかイベントスタッフだったか?

Img_0035_2

さて、オフィサーのクイズショーが始まりました。

向かって左 船長など計5人。右 副船長など計5人。

Img_0041_2

こんなクイズ等々の答えを書いた札を上げるのです

Img_0050_2

僕が注目した問題で 「横浜・神戸以外の日本の港で一番良いと思う港は何所?」で10人中5人が『清水港』を上げた事。

雄大な富士山がド〜ンと見えるからだろうな!

因みに船長は福岡と書いた。何故なら出身地だからだそうだ・・・・なんだかな〜

Img_0056_2

船長がシャンペンを。船が揺れている時はどうなるのか余分な心配をしてしまった。

そして、「ご乗船の感想は如何だったでしょうか。帰宅すると 黙っていても食事が出て来る事はありませんよ。部屋は何時も掃除され綺麗に片づいて、不足しているものはキチット追加されている。こんな事は無いんです。以前の生活に直ぐ戻る事が出来るか一寸心配ですが皆様の事ですからきっと大丈夫でしょう。ご乗船の皆様本当に有難う御座いました」と結んだ。

Img_0059_2

クルーショウを締めるに辺り長年勤めた機関長がこの航海を最後に引退をするとの事で今日は特別にブルーの繋ぎを着て出て来てもらい、船長からねぎらいの言葉が有った。

Img_0066_2

Img_0069_2

2月28日。いよいよ最終日でドレスコードカジュアルですが下船する者には関係ない話です。

11階の洋食にしました。シリアルにベーコン、野菜。そしてヨーグルトにはジャムとたっぷりの蜂蜜です。


Img_0072_2

9時神戸入港。雨か〜、、、因みに出港は14時だそうです。

Img_0078_2

Img_0079_2

Img_0087_2

今度の航海で一度も頼まなかったハーブティーのシャインルージュ(他にアンバーアースとイエローフルムーンが有る)

Img_0092_2

下船のアナウンスが有るまで静かにパームコートで過ごす。

妻は船内のライブラリーで本を借りて読んでいたが全部で8冊読み終わった。

その中には「九十歳。何が目出度い や 万引き家族」等が有る。

Img_0096_2

Img_0099_2

31日間で良く回ってきました。

Img_0102_2

今思えばアット言う間。

Img_0127_2

神戸入港パーティーの前に一端部屋に戻ると 立川談四楼さんの落語が放映されて居た。

Img_0114_2

セイルインドリンクなどが振る舞われる。

Img_0120_2

各旅行者の横断幕が張り出されていた。

下船して外に出るとハイヤーがズラッと並んでいる。乗れますか?と聞くと全て予約だという。

ア ソオ、良いんだよ我が家はモノレールで帰ろう!

Img_0220_2

船内で買った写真 紙飛行機大会のデザイン部門賞。スタッフはアジアの航空会社CAのコスチュームを着ている。

Img_0228_2

ホーマルの日、記念に撮ってもらった船長との写真。船長は背が高すぎるよ。

僕の来ているフォーマルウエアーは二十歳になってすぐ成人式で着る為に作ったもの。ボタンのかけ方が一寸特殊で燕尾服と同じ掛け方。

ポケットは斜め。雨蓋が付いていない。

Bot02

Bot01

それが50年以上経った今でも着られるのは奇跡。

Img_0229_3

川島さん御夫妻 ご主人の誕生祝いに招待されて

Img_0234_2

Img_0237_2

毎日配られるアスカデイリーに 数字で見るアジアグランドクルーズが掲載されていた。

航海距離神戸→神戸 8,041マイル 燃料油C重油ドラム缶換算で9,690本・ディーゼルオイルドラム缶換算で360本 機関室最高温度49°レムチャバン→シンガポール間 お客様用精米3,090Kg 味噌300Kg サラダ油1,221リットル 卵27,900個 牛乳3,651リットル 砂糖454Kg 人参1,266Kg(人参ジュース用)スイカ1,627Kg 梅干し157Kg ヨーグルト1,541リットル ミネラルウオーター(500m)25.383本 瓶ビール1,577本 生ビール693リットル ワイン556本 日本出港時に積み込んだ荷物の数1,187個 クルーズスタッフが着替えた衣装コスチュームの種類24種類 アベダサロン&スパでネイリストが削った爪の長さ180cm サロンでシャンプーした回数482回(我が家は一回も使わなかったけど金持ちが居るんだな〜)トイレットペーパー使用ロール数6,635ロール セルフランドリー使用洗剤個数15,564個 主なもの抜粋

我が家には分不相応の経験をさせてもらいましたが初期の目的※妻に 一ヶ月一切の家事をすることなく過ごさせる を達成する事が出来ました。

乗船して感じた事や思った事が幾つかある。飛鳥Ⅱに数多く乗って居る人はアスカの崇拝者と見た。その証拠に日本丸の方が食事が美味しいと言うと一寸嫌な顔をされる。

落語・歌・演芸・演奏・マジック・ダンサーによるショー等がホボ毎日行われ、1回が5千円~1.5万円と思えばそれだけで大変な金額と思えばクルーズ代金のコストパホーマンスが割り切れる部分も有る。

乗客を飽きさせないように次々趣向を凝らせて繰り広げる各種講座やゲーム。企画する人も大変です。

元々賭け事は好きではないのでカジノのモンテカルロは一度も行かなかった。

自宅で使っていた歯ブラシは充電器ごとソックリ持って行って良かったと思って居る。

クルーズの欠点は一国のめぼしい観光地を見て回る事が出来なく寄港地近辺の限られた所しか見られ無い事です。本文中に書きましたがランドクルーズは日本から直接行った方が遙に安い。マア、そんな細かい事を言う人は乗らないか、乗らなくても良いと観光汽船会社が考えて居るのかも知れません。

※ほとんどヤッツケ仕事で書き上げた乗船記、最後まで読んで頂き本当に有難う御座いました


Img_5828_2

 








 

« アジアグランドクルーズ 7 | トップページ | ココログの大々的なリニューアルで思う様に出来なくて大変苦労しました »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

ブログアップ、完璧に上がっています。
最高の仕上がりです。文字の大きさも丁度良いし間隔もバッチリ!
難を言えば、写真が大きすぎるね。大きな海原だけを見せてもらっても何も感激しないね。
参加した本人には、何かしら思い出がありUPしたかったんだろうけど。うん! うん!

山がいいね。海はカタカナの文字が沢山出て意味が分からない。
山男になれば、最初から最後まで着たままで何日でもOK!
春だ!山へ行けば花がいっぱい咲いて待っていてくれる。うれしいなぁ~❣

青大将殿
これは又て厳しい。
船でずっと向こうまで行くんだよ。後ろを見れば遙か彼方に・・・・乗った事が無い人にはワカンナイか、、、、
山屋はずっと着たままなんて言ってるから西洋乞食に成っちゃうんです。
自分のブログがなんとか構築できた途端、手取り足取り教えた師匠にも手のひら返して、、、しかし教え甲斐があったよ。

 後半はココログリニューアルの混乱に巻き込まれて大変でしたね。
 ブログも無事に完結できて良かったです。
 クルーズには今は全く縁のない我が家ですので、
 細かなことも興味深く拝見しました。
 一ヶ月の家事から解放されて、奥様がどれほど喜ばれたことでしょう!
 良かったですね。
 陸に戻られてひと月になりますが、
 すっかり元の生活リズムに戻られましたか?
 また海に出かけたくなられたのでは?
 楽しく拝見しました。
 ありがとうございました。
 さて、パソコンからはまだコメントを受け付けてもらえない状態が続いていますが、
 スマホからはどうでしょう?
 送信できますように!
 

うつきよう様
ココログで生活リズムまで変わるほど苦労しました。必死の構築作業で此処まで漕ぎ着ける事が出来ました。ロコログ利用者は皆様困り果てています。
さて、興味のない人にはどうでも良い話だと思いますが隅々まで読んで頂き本当に有難う御座います。ブログを続ける励みに成ります。
帰国後時々ポカをしますが「クルーズボケだから」と夫婦で慰め 認め合っていますがそろそろ一ヶ月に成りますから何時までも使えませんね。
PCは まだダメですか〜スマホでは文字が打ちにくいでしょうに恐縮です。スマホをパソコン画面で見るにして居るのでしょうか?それともスマホ画面で?参考に知りたいです。

コンバンハ!!!
毎日毎日、美味しそうな食事で体重が増えなかったことが不思議です。
そして旅の目的が「奥様に楽をさせてあげること」のようだったそうですが、私は一週間家を空けただけでも家事が懐かしい気がします(苦笑)

記事で意外だったことはスタッフの多くが外国人だと言うことです。なぜだろうと思います。

ココログの不具合があるようですがこのコメントが届きますように・・・・・・・・・・。

 >ココログで生活リズムまで変わるほど…
 ほんとに振りまわされましたよね。

 私はスマホにみな様のブログをブックマークしてあって、
 出先ではスマホでブログを拝見しています。
 コメントはスマホのコメント欄から、メールの要領で入力しますが、
 キーボードで入力できるパソコンに比べると時間がかかります。
 パソコンからコメントを送信しようとすると、
 「海外IPのコメント投稿は行えないように設定されています」 と表示されて投稿できないんです。
 この状態が直っていません。
 もちろん私のIPアドレスは日本のものなんですけどねえ。
 スマホからはなんとか送れるようですから、しばらくはスマホからになると思いますが、
 早くなんとかなってほしいです。
 しばらく様子をみて改善されないようでしたら、
 また問い合わせをしてみます。

ごくらくとんぼ様
とびきり楽しい事ばかりではありませんが充実した毎日でした。
上に下にと移動する時は階段を使うし、毎朝のラジオ体操の後はデッキウォークに船尾の階段登り。厳しく自分に課せてやりました。お陰で体重は増えませんでした。
お茶やお酒類が飲める所は白人系のスタッフ、食事と部屋係りはフィリピン人とハッキリ分かれています。フィリピンでは確りした日本語教室が有って、合格した人しか雇わないのだそうです。(教養講座に参加して聞きました)
ココログが困った事に成って皆様苦労されています。書く事や写真の貼り付けが出来ないようならお手伝いできますよ!

うつきよう様
未だ未だサクサク行ける状態に成って居ないですね。ホームページを見ると質問が出て居ますがそれに対する答えは「解決済み」と成って居るだけで答えに成って居ません、、、、
ワザワザ スマホでポチポチ文字を打って書き込んで頂けるなどホントに有難う御座います。僕はとても出来ない、、、スマホに繫ぐキーボードが有れば買ってしまうかも知れません。
画像認証を外し海外OKの設定をしたら怪しげなのが一晩でド〜〜〜〜ンと くっつきましたので、皆様には一々面倒でしょうが画像と海外不許可にさせてもらいました。

私は クルーズ中に親しくなった人たちと 船内でお話しをさせていただくたびに
クルーズの目的によって 船の選び方、部屋の決め方、船内の楽しみ方、寄港地での過ごし方が それぞれに違うことを知り、
その都度 「クルーズを楽しむ方法に 正解はないんだなあ」と感じています。

それだけに 日本人の クルーズファンの多くが憧れる「飛鳥でのロングクルーズ」の様子を
よし坊様の目線で拝見させていただき とても参考になりましたし
1ヵ月の飛鳥の船内の様子を 詳しくご紹介くださり、感謝しています。

主人も 日本語が通じて、日本食を食べることが出来る「飛鳥」のファンで
乗船中は (お酒を呑めないのに) 席料が不要で きれいな白人のお姉さんがいる、
夢のような「マリナーズクラブ」に 毎晩通ってコカコーラを飲んでいるくらいですから
もし1人になったら 飛鳥でクルーズをしようと思っているようです。
(とんでもない事を考えている 不届きものでしょ?)

私の 飛鳥の「のべ乗船日数」は33日。
よし坊様に 完璧に抜かれてしまいました

shinmama様
書き込みが出来たようですね。良かった〜。実は僕も自分のスマホでテスト書き込みをしたら出来ました。出来る人、出来ない人、色々有るようでそれも困った事です。
さて、仰る通りですね。僕も楽しみ方は様々有ると感じました。驚いたのはワールドを何回もやっている人達がFやKに居ると言う事。安心する自分が居ます。
彼女たち確かに綺麗な人を揃えていますね。初めて飛鳥に乗った時“この子達は夜のショーに出て居る子かな?”と思ってしまいました。日本語も通じるし英語も通じるし面白いですよね。しかし彼女らから見れば日本人って変な人種だな?と思って居るんでしょうね。
一人で乗っている男性も多く「もしかすると奥様を亡くし毎日メシ何食うか?何作ろうか〜」と考えなくても良いから お金がソコソコある人なら乗ってしまえば1ヶ月考えなくても良いし作らなくても良いと思って乗っている・・・・と何人かの男性を見て想像してしまいました。
33日ですか!ハワイとアラスカ回ってくるクルーズに是非乗船して下さい。アレは終日クルーズが多そうですね。アット言う間に増えますよ。帰国後我が家に優待割引券が送られてきました。其所には、あと60日で100日と成って居ました。もう3日ほど多いはずなのにおかしいな?とは思いますが問い合わせもしていません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアグランドクルーズ 8:

« アジアグランドクルーズ 7 | トップページ | ココログの大々的なリニューアルで思う様に出来なくて大変苦労しました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。