« ミサゴ | トップページ | トビ 綺麗だね »

2019/04/05

今年もJリーグが始まった

223日、今年のJリーグが始まりました。

Img_0145

エスパルスの今年の目標は5位以内。初戦は丁度船に乗っていた最中でしたので結果は後日知り 強い広島相手に1-1はマズマズの出足。

 

Img_0156
ボランティアも3ヶ月ぶりの顔顔顔
Img_0180
花束も入り口両サイドに溢れるほど来ていますし例年に比べて多い。

Img_0173

3月2日はホーム開幕戦で対戦相手はガンバ。しかし2-4で負け。

Img_0162

試合後のインタビュールームが虚しい。

3月9日、アウェー札幌は2-5と大敗。3月17日は神戸でアウェー。1-1で引き分け。たった4試合で11失点とはなんたる事か。しかしJリーグ始まって以来の大金をつぎ込んで大物助っ人を雇った神戸に引き分けは光明を見た。

Img_0196
3月13日。ルバンカップのホームはいきなりダービー。チケット完売で座る所もなくアウェイ側の階段に座って見た。(休憩時間に見る事が出来ます)
Img_0266

応援にも熱が入る。

R10

1-0で辛勝。ダービーで勝つほど気持ちの良い事はない。

Img_0314

お客様をハイタッチで見送る。

Img_0328
3月31日、天気は上々。
Img_0324

Img_0327

今シーズンから入場者数をカウントする人は別のビブスを着る事に成った。

『入場者数カウント中 お問い合わせは別のスタッフに!』と書かれている。チケット数と大きく差が出る事が有ったようだ

Img_0354

ホームに湘南を向かえる。何時も湘南の応援は統制が取れて居て素晴らしいと思う。

Img_0360
この四人は当日の審判。ウォーミングアップ中。
Img_0363
試合が始まりました。
Img_0370
スタジアム横の桜は満開で富士山も奇麗に見えたこの日、エスパルスは見事に1-3で散りました。我慢も限界だ!いい加減にしろ!さらに腑に落ちない交代で納得できない。
相変わらずサポーターも甘く、試合後不甲斐ない選手が回って来ると拍手をする。「許してくれるんだ、これでも良いんだ」と誤解するんだよ。激しいブーイングに決まってんだろう

Img_0157

余談ですが選手がコーナーキックを蹴る時はこんなふうに見えるんですね。

« ミサゴ | トップページ | トビ 綺麗だね »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミサゴ | トップページ | トビ 綺麗だね »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。