« 無事帰国しました | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 2 »

2019/05/31

英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 1

 実はこのプランは第三希望だった。第一希望はイタリアですが今シーズンから希望するプランそのものが無くなってしまい、第二希望はスイス。このスイスは4千mを超す雪山でグーグルアースで見ると最後の登りは尾根の両サイドは雪で切れ落ち、とても登る自信が無く諦めた。そこで決まったのが今回のプランだった。

 

先ずは一つ目の山 ウェールズの最高峰スノードン(1,085m)を目指す。

Img_0916

写真はその山頂

Img_0837

Img_0843

5月17日東京から参加は9人で男性は僕と埼玉さん、其れに夫婦で参加の群馬さん。群馬さんのご主人はアルコールが一切ダメで臭いがしてくるだけでも発作が起きるほどでお酒を飲む人の近くには決して居る事は出来ない。なので何時も皆様とは別の場所で食事を取らなくてはならないという事を承知願いたいとリーダーから告げられる。そのリーダーは中川氏で出発前、現地英国は摂氏6度との情報が伝えられた。

Img_0849

Img_0853

乗り換え地アムステルダムで関空から参加の3人(男性一人)と合流。総勢計12人だ。今回はプラスやビジネスでの参加者はなかった。

Img_0862

イギリスのマンチェスターまでのフライトでは軽食が配られた。

Img_0867

更にバスで北ウエールズのカーナフォンに移動

Img_0876
ホテルは ケルティックロイヤル
Img_0871
Img_0878

目の前がスーパーで明日からの飲料水や少々の食べ物を調達した。

そして此処では同じホテルに連泊します。同室は埼玉さん。海外ピーク30座を目指して回を重ねていると言っている。

やっと長~い一日が終わった。

Img_0880

朝食は僕の定番。

Img_0886

そして専用車で向かったのはスランベリス。

Img_0892

ナント蒸気機関車だ。

しかもアプト式。

Img_0904

これに乗って山頂まで行ってしまおうという魂胆。車窓からは歩いて(当たり前だが)登山をする人の姿を多く見かけるものの20分もしない内に霧で周りが全く見えない状態になってしまった。

Img_0913

1時間で山頂駅。

Img_0918
Img_0922

駅舎の直ぐ横がスノードン山頂。石を積み上げて無理に標高を上げているように見えた。

記念の証拠写真を撮って直ぐ下山。登山とは言えないよ、、、ブルーのウインドーブレーカーとザックの女性は現地ガイドのジルさん。彼女は日本のノバで三年間英語の先生をして居たという。とても上手な日本語だ。

Img_0925

途中で一瞬ガスが切れた。

Img_0931

直ぐ横を登山電車が登って行く。

Img_0937
Img_0932

宿で用意してくれた昼食を食べる。不味いサンドイッチは初めから食べる気はしなく林檎とクッキーで済ます。その間少しずつガスが切れて行く。

 

歩き出したその後、両足の親指が一歩ごとに靴に当たる。下りばかりの岩の道で傷みは激しくなるばかり。途中で歩く事が思うに任せずリーダーにクッション材を当てがってもらい靴紐を思い切り締め上げてなんとかごまかして歩く。

Img_0950

ガスがやっと切れて周りが見えて来る頃蒸気機関車がSL独特のドラフト音で登って来た。

Img_0955

ジルが何やら説明していたが傷みが大きくて頭に入らない。

Img_0964

やっと広く平らで舗装された緩い下り坂に。振り向いてもスノードンの頂上は雲の中。

Img_0973

駅舎に戻った。下山に要した時間3時間40分。予定時間より40分多く掛かった。途中で僕の手当に20分ほど費やしているからで歩速も落ちた。皆様に迷惑を掛けてしまった、、、

Img_0978
Img_0982

約1時間バスに乗り移動ボドナンドガーデンを見学します。城のように大きな建物は個人所有で元々の所有者なので権利があり今も住んでいるそうです。

Img_0985

ここ一番の見所は キングサリ日本名キバナフジ。

みごとなトンネルです。背の低い日本人の頭すれすれで欧米人は頭を下げなければ通れません。

Img_0990
Img_0993
Img_0997
Img_1000
Img_1001
Img_1004
Img_1009

曾ては日本の樹木等も有ったらしいのですが今は絶えてしまったと説明が有った。

Img_1015

広大なほんの一部を見ただけで全てを回ると一日でも足りないとの事だった。

※バスの中では靴を脱ぎ、歩く所はユルユルに履いてごまかし歩きをしています。

Img_1036

ホテルに戻る途中世界一長い街の名前の場所に案内された。上がウエールズ語で下に書かれているのが英語

THE CHURCH OF MARY IN THE HOLLOW OF THE WHITE HAZEL NEAR THE FIERCE WHIRLPOOL AND THE CHURCH OF TYSILIO BY THE RED CAVE

ナント言ってもウエールズの人はプライドが高いらしく英国旗ユニオンジャックよりウエールズの旗を立てているしウエールズ語を話す人が北部では3割居るとジルさんの説明が有った。

Img_1042

駅舎もウエールズ語だ。

そしてホテルに戻る。

Img_1051
Img_1053
Img_1057
Img_1060

明日は観光と軽いハイキングですからトレラン(トレールランニング用靴)で歩きますから良いのですがその後の登山が心配だ・・・・さて、どうしたもんか

この日の歩数23,425歩

 

« 無事帰国しました | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 2 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

直行ではなく アムステルダム経由でしたか。
最近の ヨーロッパの荷物の乗り継ぎは かなり危ないと聞きますが、 
荷物がロストにならなくて良かったですね。

ええ?? 
靴に何かあったのですか? それとも足の方に何かあったのですか?
ふむ、原因は 靴のようですね。

イギリスのキューガーデンには行きましたが、チェルシー・フラワー・ショーに行ったことがないので
行きたいと思っています。
ちょうどこの時期ですので、イギリス中の公園が コラボしていたのかもしれませんね。
すごくきれい!! 見に行きたい、、、、羨ましいです。

shinmama様
直行便は高いのでアルパインが使わないんでは無いでしょうか?と僕は以前から推察しています。
行き帰りとも荷物は大丈夫でした。
靴が悪いんですよ、、、北欧のロングトレールを歩いた時と同じ靴なんですがね、、、オカシイ?、、、
話はこれで終わらないんですぅぅ

花は何所も綺麗でした。実は僕の家の斜向のお家のお嬢さんは今 英国に住んでいるのですが、彼女のブログの最新にボドナンドガーデンに行ったと書いて有ってビックリしました。

なるほど・・・・・・大変な事とはこの事だったんですね。
靴が問題だった?・・・・・・・北欧で履きなれたはずの靴がなぜよし坊さんを苦しめたのでしょうね。
素敵なお庭ですね。お城のような家は個人所有とは思えないほどです。どのような方が住んでいらっしゃるのか興味があります。

ごくらくとんぼ様
靴なんです、、、しかしこれはほんの挨拶でその後想像を超す事態になったのですぅ。
英国は今 花の季節を迎え花好きにはとても良い時期です。
此処は元々庭を造り管理していた親子三代が持って居たらしいのですが今はナショナルトラストが管理しています。しかしそのまま此所に住む権利をもらい暮らしているのだそうです。イギリスは寛大ですね。

 靴でしたか!
 それも両足に不具合とは、なにが起こったのでしょう?
 足の痛いのは辛いですね。 

 霧のお出迎えがいかにもイギリスらしいですね。
 標高の割に高い木がなく、岩山で、高山のような雰囲気がある山ですね。
 
 この先の展開が怖い・・・

うつきよう様
一歩一歩ガツンガツンと当たるんですよ。参りました、、、これが次に繫がっていくのです・・・
英国の天気はこんなもんか?と思って居ましたからあきらめも付きますがせめて頂上だけは晴れてもらいたかったです。
平地は樹木が見事なほど多いのですが、どの山も入ると直ぐ岩だらけで低いのにとても歩きにくい山ばかりでした。低いからと言って侮ってはいけない山でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無事帰国しました | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。