« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 2 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 4 »

2019/06/05

英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 3

Img_1319

 英国4日目、イングランド最高峰のスコーフェル・パイク978mに登ります。

頂上の写真です。石室が作ってあるのかと思いましたがそうではなく、石を積み上げて有るだけ。低い山を無理に高くして居るとしか思えない。

Img_1240

部屋の窓から外を見ると晴れているようだ。よ~し!

Img_1233

Img_1238

朝食を済ませ専用車で出発地点まで1時間程走ります。

Img_1253

Img_1247

柔軟体操をして出発です。

目の前に山が見えて居ますが頂上までは二つも三つも山を越さなければならないとジルさんの説明が有る。今日は現地ガイドのニック君も同行する。ジルさんの説明「二人合わせてニクジル(肉汁)です」上手い!座布団五枚。

Img_1256

さあ出発。最後尾はニック。

Img_1259

橋が見えます。渡って更にグレイン谷をつめ上流に進みます。後で解ったのですが帰りは此処に写真右手方向から下ってきました。其れには我々の体力の問題も有ったのですが・・・

Img_1265

あの山でもなく

Img_1266

この山でもなく

Img_1269

此処まで3時間。いよいよ近いか?と思いましたが未だ未だ稜線まで出ません。

Img_1277

彼方に見えますがアレ?でも有りません、、、

この後一人が足をツッテしまいます。足がツッタらシャクヤクカンゾウトウ68番を飲もう。直ぐ直る。

Img_1286

ゴーロ地帯が続きますが頂上らしいのも見え少し元気が出る。

Img_1316

頂上です。4時間30分掛かりました。左手を挙げているのが僕です。

Img_1289

Img_1292

奥まった所にある山ですので周りの山しか見えません。

Img_1325

さあ下山だ。

ニックとジルさんがリーダーと共に長い間 話して居ました。其れは・・・実は同じ道を引き返す予定でしたが体力に問題がありゴーロの道を引き返すより時間は掛かるが比較的平らな道を歩いた方が良いだろうと言う結論に達したと言うのです。

Img_1331

振り返って頂上を見ます。

Img_1334

成るほど、歩きやすい。

Img_1337

深い谷に落ち込む滝が見えました。底は見えません。怖いですゥ

Img_1340

一寸怖い所を通過してやれやれですがこの後 壁を登らなければならない所が有ります。

カメラをザックにしまい、ストックをリーダーに預け一人ずつ順番に。

Img_1343

登り切ってカメラを出します。当然登っている所は撮れません、、、

Img_1346

最後にニックが登ってきました。

Img_1348

全員登り切ってヤレヤレと一安心。

Img_1352

Img_1354

池が見えます。頂上から2時間経過。

Img_1358

Img_1359

Img_1362

この橋の手前で思い切り転びました。相変わらず下山時に膝小僧が笑い出すと転びます。

Img_1367

石の橋まで戻りました。後ろ姿は三重さん。(三重県から参加)

Img_1372

振り返れば綺麗な青空。

Img_1376

Img_1379
スタート地点に戻りました。
8時間30分掛かりましたが予定は8時間ですから上出来です。ホテルでもらった弁当を撮り忘れましたが初日と同じ様な物です。
これでホテルに戻ります。
Img_1382

Img_1385

Img_1388

Img_1391
本格的な山でしたがトレランで歩きました。痛めた指の痛みは残って居ますが靴に当たる訳ではないので問題なく歩けました。
本日の歩行36,611歩

 

 

« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 2 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 4 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

きゃーーーーー、ハード。
拝見しているだけで 足がつりそうになります。
シャクヤクカンゾウトウ68番を飲まなきゃ。

主人も 下山時によく転びます。
視力が悪いので、足元が見えないからだ、と本人は言っていますが、膝がわらうのかも、、、。

shinmama様
デカイ岩がゴロゴロした歩きにくい山でした。特に気をつけ無ければならないのは岩の隙間に足が入ってしまい抜けなくなったり骨折する事ですね。
ハイ、68番は特効薬です。マラソンやる人も最近は持って居ると思います。僕は病院の処方で出してもらっていますので安いし、内容量は市販薬より2g多く入って居ます。つりそうだと思ったら事前に飲むのも良いし、成ってしまったら二袋同時に飲んでも問題有りません。僕は山で飲んだことはありませんが誰かの為にと思って何時も持っています。しかし、登山をした日の夜は飲みます。夜、寝ていてつるとホント痛いので・・・・・

978mというとそれほど高く感じないのですがそんなに時間がかかるんですね。ビックリです。
靴を変えたとはいえ長く歩いて痛くなかったと言うのも驚きです。日ごろの鍛錬の賜物ですね。

シャクヤクカンゾウトウ68番と言うのはツムラの漢方薬ですか?
友人二人が普段の生活の中ですぐつって死にそうに痛いと言っていますので教えてあげようと思います。ポカリを普段から飲んでいるとよいと聞きますがシャクヤクカンゾウトウのほうが効きそうです。

ごくらくとんぼ様
低いからと言ってバカにするととんでも無い事に成る山ですね。
トレランの欠点も解りました。其れは底が柔らかいので凸凹を直接感じてしまうのです。
さて、芍薬甘草湯 漢字で書くとこうなります。袋にはテイコクと成っています。ツムラにもあるらしいですが(商品名は違うと思います)皆さん使っているのは僕の使って居るのと同じです。病院に行って処方してもらいましょう。僕の行っている病院は1ヶ月分と言って30ヶ出してくれます。漢方薬ですので飲み過ぎてドウコウは無いそうです。

 「芍薬甘草湯」の名前が出てきてびっくり!
 母がかかりつけのお医者さんに処方してもらっています。
 母のはツムラで、同じ68番、名前も「芍薬甘草湯」です。
 医者にかかる前は、ゴルフをした夜は足がよくつって困っていましたが、
 今の先生のところに行くようになって、68番を処方してもらうようになってからは足がつることがなくなりました。
 効きますね。
 
 山は、標高で判断すると痛い目に遭うことがありますが、
 登って下りての繰り返しはじわじわと疲労が溜まりますから、
 ずいぶん手ごわい山ですね。
 岩だらけで1000メートルに満たない山とは思えません。
 足の状態が悪くならずにほっとしました。
 
 

うつきよう様
そおなんですか!!お母様も使っていてしかもツムラも同じ名前とは。一つ覚えました。
ホントに効くんですよねこの薬!トレーニングと山登りをした夜は、寝る時必ず飲みます。ツルと痛いですからね、、、
低いけど本格的な山でした。実は本文に書かなかったのですが自信が無いと言ってこの日は初めから不参加が3人居ました。
僕が具合悪くなるのは実はこの後で、大変な事に成ったのですが・・・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 2 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 4 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。