« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 1 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 3 »

2019/06/03

英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 2

Img_1165

 5月19日、エミリー・ブロンテの嵐が丘の舞台となったハワーズの丘を歩きます

Img_1063

Img_1064

朝食を済ませホテルを後にします。3時間でハワースに到着。

Img_1073
Img_1076
Img_1089
Img_1095

田舎の小さな街でしたが丁度イベントの真っ最中。古きアメリカをしのんで人々が当時のファッションやおしゃべりを楽しんで居ました。この日は誰とでも自由に写真を撮って良いと言う決まりがあるそうです。なんでアメリカなのかがよく解らない、、、

Img_1093

オースチンのクラシックカーや

Img_1082

こんな猛禽も参加して居ました。

Img_1097
Img_1101

オヤ?東京さんがチャッカリ写真に収まっています。

Img_1116

さて、今は博物館に成って居るブロンテ姉妹の家まで来ました。

Img_1119

Img_1123

Img_1124
Img_1128

嵐が丘の作品を残したブロンテ姉妹が住んでいた家には当時の家具や調度品がそのまま残されている。

Img_1130

姉妹の父親がハワースの牧師に任命されこの教会に居た。今でもブロンテ一家の墓があるそうです。

好きな人はたまらないだろうな~。僕は何も興味が無くて勿体ない話だ、、、

Img_1136

Img_1141
Img_1142

Img_1145

BBに連接されたこのレストランで昼食。

Img_1153

そして食後は ハワース・ヒースの丘ハイキングです。

Img_1156

ブロンテ姉妹も歩き 見たであろう丘の景色。好きな人は・・・・気絶しちゃうかな?

でもね、歩くのが目的の我々は一寸違ってますね。

Img_1168

Img_1174

羊などが出られないような柵やゲートがあります。当然他人の土地ですが誰でも歩く権利が有るのだそうです。

寛大で良い国ですが足元には羊たちの落とし物が沢山あります。

Img_1180
何所に行っても有るこの石垣を学者が調べたそうです。長さはナント地球半周分だそうです。
Img_1181

さて、ハワーズを後に湖水地方に2.5時間掛けてバスで向かいます。

Img_1189

Img_1192
Img_1196

ウォーターヘッドホテルです。名前の通り湖畔に建っています。

Img_1199
Img_1203
Img_1205
Img_1209

今日からこのホテルを3日間一人で使います。ベットの上のワンちゃんを連れて帰りたい人は有料です。

Img_1213
Img_1216
Img_1219
食後湖畔に出てみました。
Img_1222
20時半ですが。外は未だ未だ明るい。

歩行数11,388歩 トレランシューズ(トレールラン用の靴)で歩きましたから親指に痛みはありますが歩くのは問題有りませんでした。

 

 

« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 1 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 3 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

名作の舞台を訪れた感想はいかがですか?
丘の風景が素敵です。美瑛・富良野とはちょっと違いますね。残念ながら日本にはこのような風景はありませんね。
湖水地方は憧れです。町の佇まいがシックで物語の世界にいるような雰囲気があると思っています。行ったことはありませんが^_^;
次の記事が楽しみです。

ごくらくとんぼ様
感想と言われても、、、この手はからっきし弱くて。
広大さは美瑛の方が有ると思います。綺麗さも美瑛が勝ちです。何所に行っても牧場と畑の違いです。畑のパッチワークの方が絵になります。
湖水地方とはその呼び名で、良さそうと勝手に解釈している感がありますね。


文学を好む人は 歩くより、じーーっと滞在して 満喫したいでしょうし、
歩くことを好む人は 美しい風景を見ながら、どんどん先に進んでいきたいのでしょうね。
今回のツアーでは 目的が目的ですから 後者が多かったのでは?

私は 十年前に イギリスにひとり旅をしたときに 田舎町に行きたくて 
コッツウォルズ.とストラトフォード=アポン= エイヴォンに行きました。
その時に見た光景に とても似ているので、懐かしくて やっぱりイギリスはいいなあ、、、
と羨ましく思いながら 拝見させていただきました。

この日は 靴を変えられて 足が順調だったようで良かったです。

 「嵐が丘」は読むには読んだのですが、
 子どものころで、どれほど内容を理解できたのか、今となればいささか疑問です。
 熱心な読者ではないのですが、
 拝見した丘が、ずっと持っていたイメージに近くてちょっと嬉しいです。
 ここは問題なく歩けてよかったですね。
 ほっとしました。

shinmama様
その通りでして歩く事が目的に集まった人達ですから文学には全く興味がなく話題にもなりませんでした。勿体ない話です。一人旅も凄いですがコッツウォルズ・・良いな~。妻は行っているんです。
それにしてもイギリス人はそれぞれの国のプライドが強いですね。アレでは独立だ、EU反対だと言う訳です。今はEU加盟しているからユーロだと思ったらポンドなんだもんね、、、余分なお金を換金しちゃったよ。最後は使い切らなくちゃ成らないし。

うつきよう様
熱心な人の感激度はもの凄いらしいですよ。震える位だと言うことですから。
さて、想像していた丘の景色が似ていたあれば、詳しく知らない僕もそのイメージを共有出来た訳で有難い事です。
はい、トレランなら問題ないんです。この日はスニーカーで歩いた人も居ましたから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 1 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 3 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。