« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 3 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 5 »

2019/06/07

英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 4

20190521_123054_resized

 写真はピーターラビットの作者ポーターさんの住んでいた家で仕事机や家具等がそのまま残されている。

ポーターさんはヒル・トップの農場主として暮らしていたのですが何故そうなのかと言うと、次々開発され変わって行く姿をみかね印税と親の遺産で地元の土地を買いそのまま残そうとしたのです。今はナショナルトラストに提供されていて湖水地方国立公園の一部になっているのです。以上全て受け売りです

 

Img_1394

今日は遠足みたいな日でヒルトップ農場まで軽いウォーキングです。

専用車で30分移動。

Img_1406

Img_1415

如何にも湖水地方らしく綺麗な景色が出迎えてくれ、渡し船で対岸に渡ります。

Img_1430

上に見えるのは展望台。400mmの望遠レンズで戦闘機が飛んで来るのを待つ人が居ました。

Img_1439
Img_1446
Img_1449
Img_1452

広い農場をルンルンと歩きます。痛めた両指は痛いですが歩くには何の問題も有りません。

Img_1455

村に着いたようです。家に入る時間を予約してあるらしく其れまで村内を散策。

Img_1464
Img_1469
Img_1470
Img_1473

多分昔のままの姿を止めているだろうと思いますし物語に出て来るヶ所が有るのでしょうが僕にはよく解りません。

Img_1479

家です。中は暗くて写真が上手く撮れません。

Img_1486
Img_1489
Img_1491
Img_1494
Img_1505

こんな場所はバカチョンの方が撮れるかも知れませんね、、(フラッシュ禁止)

Img_1510
Img_1513

昼ご飯はホテル。

Img_1515
Img_1521
Img_1526

美味しかったです。

さて、その後移動して詩人ワーズ・ワースが少年期を過ごしたホークスヘッドに立ち寄ります。

Img_1527

Img_1530

此処も小さな街です。中学生らしい子供達が遠足?に来て居ました。

Img_1540
Img_1544

彼が通った小さな学校です。此処の卒業生は優秀で有名大学など一流校に進学したそうですが彼はあまり頭はよくなかったらしい。これも受け売りです。昼休みでクローズされて居て中を見る事が出来なかった。

Img_1547
Img_1548

その後ホテルに戻り夕食が付いていなかったので近くの中華料理屋に入って野菜スープヌードル入りを食べた。麵が7~8cm程に切られていて食べにくかったが欧米人はススル事はしないからこの方が食べやすいんでしょうね。

本日の歩行16,197歩

 

« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 3 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 5 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント


知識のない私には システムがよくわからず、
イギリスのナショナルトラストというのは 日本の国立公園のようなものかと理解していますが、
それが日本のように自然を保護するだけではなく 
原風景そのものを維持管理して保全してるところが すばらしいですよね。

ロンドンの教会には イギリス人の著名な作家のレリーフと共に 遺骨が埋葬されていますが
私が行ったときに、たまたま子どもたちがその前で 遺作が 朗読されるのを聞いていました。
内容が難しいので 子供たちには理解できないかもしれませんが、彼らの心に残るものは大きいだろうなあと思いました。

古い歴史を持っている点では 日本もイギリスに負けないと思いますが、
次の世代への伝え方、残し方が違うのが残念でなりません。
本当に 良いルートを歩かれましたね。 

shinmama様
実は僕も同じ様な物だろうと考えて居ましたが現地ガイドの説明で全く別物で有る事が解りました。日本でもこんな方法が取れればもっと自然が維持出来るだろうと思えます。それどころか日本の金持ちは自然より金儲け第一で考えてしまいますから何所まで言ってもダメでしょうね。
レリーフと共に遺骨が埋葬されて居る?日本と違いますね〜。日本では反対意見を出す人が現れそうですね、、、
今回は大変な山の合間合間に息抜きも兼ねて回りました。しかし無駄だ!と言って文句を言っていた人も居ました。山登りに来たんだよ 何考えてんだ とね、、、色々な人が居ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 3 | トップページ | 英国3つの最高峰登頂と湖水地方、エディンバラゆったり滞在11日間 5 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。