« 待ちに待った新形 Mac Pro | トップページ | ウニも毛蟹も美味い時期に 2 »

2019/07/15

ウニも毛蟹も美味い時期に 1

Img_2242

 マイレージで取ったチケットで北海道に行きます。

静岡空港の駐車場は八割ほど埋まっています。ここに駐める人は日本人だけのはずですが多いですね。ビックリしました。

Img_2253

Img_2248

空港運営は民間に任せ大幅に店が多くなり、お気に入りの蕎麦屋 燕も入って居ましたが同じ品でもここのは高いです。

Img_2257

ANAのカウンターでは「自分でやってみたけど、どうしても上手く出来なかった」と言うと入れて上げましょうか?と親切にWi-Fiのアプリを入れてくれた。本心は期待したんですがね。

Img_2260

FDAの機体が止まって居るのが静岡空港らしい。

さて、機内でWi-Fiを繫ぐも上手く行かずCAに手伝ってもらってやっと繫がった。定刻に飛び飛行時間1時間40分予定が10分早く到着した。

Img_2263

AIR DO が止まっていると北海道に来たな~と感じる。

Img_2267

手っ取り早く駅地下のラーメン屋 えぞっこ に入った。特に調べた訳でもなくたまたま看板にぶつかっただけ。とても塩辛かった。

Img_2272

ホテルマイステイズ札幌北口に泊まる(写真は翌朝撮った)翌朝の朝食は家から持ってきた余り物を食べて済ませた。

Img_2283

レンタカーはオリックスの旅楽を使う。3日間借りて10,800円保険込みは安いと思う。

Img_2281

途中小樽を通り、初めに向かったのは黄金岬。ここがそうなのかよく解らないがソーラン節ふるさとの石碑が建っていた。

Img_2287

そして今日のメイン神威岬(かむいみさき)に。

Img_2290

中国人と韓国人ばかりがやたら眼に付く。「何で1枚の写真を撮るのに一分も二分も掛かるんだ、5秒で終わるだろう!ツタク」

Img_2296

風もなく妻を気遣いながら片道30分。途中でダメそうなら引き返すつもりでしたが確り歩いてくれた。暑くて汗が噴き出た。

Img_2305

妻は20年ほど前。僕はその更に前に来て居ると思うのですが何時どんな時に来ているのか思い出せない。

Img_2311

5分ほど楽しんで引き返す。

Img_2323

Img_2326

戻って一休み。

Img_2329
Img_2338

さわ と言う店で生ウニ丼2,800円を食べた。美味かった~。その10分後には のれんを下ろしてしまい次々やって来る人を断っていた。神威岬駐車場横の店では3,800円だったが売り切れだったのが幸いした。

Img_2351

札幌に戻る途中でローソク岩を見る。

Img_2354

この岩は昔から男性の神とあがめられていた。

昔、海草を採りに来たメノコ(アイヌの女性)が尊いこの岩に登った所、天が真っ暗になって海が荒れメノコはビックリして集落まで逃げて帰った。

その夜からもの凄いしけとなり津波まで起こった。付近の集落は大半波にさらわれ、それから海の魚がほとんど居なくなった。女が岩の神を汚したので神の怒りに触れたのだ。人々は近くに祭壇を設けて神々に許しを願った。するとその夜、ローソク岩の東の隅に円盤のような燈火がともった。それは神様の怒りがとけたというお告げで、それからは以前のように魚が沢山採れるようになった。

と説明されている。

Img_2357

ホテルに戻った。チェックインの時、連泊だと言う事で広い部屋にアップグレードしてくれてある。素泊まり1泊一人8,400円(税サ込み)。これでも広いそうだが値段が値段だから。

Img_2365
夕飯はここです。女将と仲居さんらしい人が入り口に立っていて僕が客だと察知して頭を下げた。
Img_2369
Img_2416
Img_2405

夜、ススキノの料理屋 杉ノ目に 特製蟹会席1万円に予約してある。1.5万円も有るが食べ切れないだろうと安い方にした。

Img_2377

Img_2381
Img_2384

二人で毛蟹半分

Img_2387
メニューに無いシューマイです。掛かりの人が食べログで予約したと勘違いして出してきた。「せっかくですから召し上がって下さい」と言われて遠慮なく食べた。出された料理でこれが1番美味いと感じた。
Img_2392

Img_2401

Img_2406
Img_2411
Img_2412
Img_2419

食べ終わって感じた事は飛びきり美味い料理は無くガッカリして杉ノ目を後にした。

Img_2423

ススキノは相変わらず人でごった返していた。

« 待ちに待った新形 Mac Pro | トップページ | ウニも毛蟹も美味い時期に 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
UPを待っていました。
積丹半島へはこれまで行った事があったんですね。でも思い出せない。
と言うことはその時は印象に残るほどの感激もなかったということでしょうか。
ウニは今、旬ですもんね。さぞ美味しかったでしょう。また食べたくなりました。
私も同じ道を通ったはずですがローソク岩は見落としました。あの辺りはトンネルが多いので運転に集中していたせいかもしれません。

ごくらくとんぼ様
会社の慰安旅行か組合の旅行かどちらかで行ったんだろうと思うのですがハッキリ思い出せません。歩いて見に行った事は記憶にあるんです。
ウニが美味しかったです。「バフンはありますか?」と聞いたところ無いと言われました。丼いっぱいバフンを盛ったらとんでもない金額に成るので売る気が無いんだろうと推察できます。
ローソク岩は行きにチラッと見えます。駐車場の事も有り帰りに寄りました。寄る価値が有りました。
ブログをUPしてから墓参りに行ったので返事が遅くなってしまいました。お許し下さい。


ブログを振り返ってみると 私が行ったのは 2年前の9月でした。
積丹ブルーが 本当に美しかったのを覚えています。
https://runslowly.exblog.jp/25619189/

奥様も先端まで よく歩かれましたね。
よし坊様が傍にいらっしゃるので 心強く思われたのではないでしょうか?

来月 また小樽に行くのですが ウニは函館で食べようと思っていました。
でもブログを拝見すると 小樽でも、、、と思い始めました。

shinmama様
ブログを読み返してもらいました。とても綺麗な空の良い天気だったんですね。今回我が家がニッカウイスキーに寄らなかったのは飛鳥Ⅱのオプションで寄っているのでパスしました。
妻は歩いてくれましたが大腿骨骨折をすると人生が大きく変わってしまいますから絶体に避けたい怪我ですね。
美味いものは何所で食べても美味いですから小樽でも函館でも召し上がって下さい。
実は通過する時間によっては曾て shinmama様やニャン様も食べに行かれた函太郎も候補にあったのですが時間的に積丹でウニ丼に成りました。函太郎はいずれの機会に行きたいと思います。

 積丹半島、我が家も目指したのですが・・・
 渋滞に阻まれ、時間が足りませんでした。
 すみません・・・バフン、山盛りで食べました。
 変わったご主人の、変わった店でした。
 

うつきよう様
あれ〜 渋滞でしたか?信号もない一本道で?それとも半島が渋滞で身動き取れなくなったのでしょうか?、、、やはり連休だからなんでしょうね、、、
バフンを山盛り食べたなんて・・・・・・・くやしい!!!!!!!!!!!!!!!!
早速ブログを読ませてもらいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 待ちに待った新形 Mac Pro | トップページ | ウニも毛蟹も美味い時期に 2 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。