« 秘湯と なまはげ 1 | トップページ | 秘湯と なまはげ 3 »

2019/10/16

秘湯と なまはげ2

Img_3532

ホテル等でナマハゲのショーを見た事が有りますが実際は どんな事をするのか知りたくて「なまはげ館」に行きます。

 

Img_3504
Img_3498
泥湯温泉を後に「道の駅おがち小町の郷」に。湯沢市は 小野小町が生まれ育った地と言われ、近くの秋ノ宮温泉鷹の湯は小町もこの温泉に浸かったと言われて居る。今回泊まる候補の一つに成って居ましたので次の機会には泊まってみたいと思います。
Img_3511
おがち小町の郷を後に走る車両が少なく本線上にペンペン草が生える高速道路をひたすら直進。

道の駅 おが に到着。

Img_3510
Img_3506
秋田犬がいました。

ここで昼食を食べる予定が何処かの県知事とやらが来て貸し切りに成っていて入れません。昼食難民に成ってしまいました。

Img_3514
やっと見つけたのが男鹿みなと市民病院の院内食堂、、、、なにも院内食堂でなくても良いのにwww

見かけは不味そうですが美味しかった~。妻とシェア。自分でも呆れるほど小食です。

Img_3521
Img_3523
Img_3535
「なまはげ館」に来ました。
Img_3537
Img_3539_20191013135301
Img_3543
日本各地にあるナマハゲが展示されて居ました。こんな多くの地に有るの~?
Img_3551
Img_3556
男鹿地方の曲家(まがりや)と言われるL字型の民家です。此処でナマハゲの実演を見る事ができます。
Img_3560
ナマハゲは大晦日の行事だそうで部屋には正月の飾りがしてあります。
Img_3565
写真白髪の人が主人で向かいに座る先導役が ままはげが家に入って良いかを聞きに来ます。許可をすると
Img_3566
けたたましい音を立てて障子を開け唸り声を上げてナマハゲが入ってきます。

「わりいごはいねぇがー」(悪い子はいないか)「なくごはいねぇがー」(泣く子はいないか)等と主人との会話が始まります。それがバリバリの秋田弁ですが理解できます。

Img_3567
家にはそんな悪い人は居ないからとひたすら誤り「まあまあ酒でも一献」ナマハゲ「うめ~酒だ秋田の名酒〇〇?うめー訳だ」
Img_3568
ナマハゲ「そおはいがね~、ちゃんと調べてある」と言って台帳を
Img_3569
何と書いてある と言って別のナマハゲが言う。
Img_3570
「ここの嫁は夕飯が終わると直ぐカラオケとやらに出かける。毎晩夜遅くに帰ってくるだろう」主人「今日も家にいます。子供たちもしっかり勉強しております」
Img_3573
家にいる?と言って家中を探し回る「嫁はおめ~か」とかお客さんの子供を抱いたりする。
Img_3575
一頻り暴れまわり探し回った挙句納得したような仁王立ち。
Img_3577
主人から労いの品をもらい
Img_3578
来年もまた来るからと言って立ち去るのです。
Img_3581
知らなかった事を知る喜び。気持ちよくなまはげ館を後にしました。
Img_3582

Img_3587_20191013140701
Img_3653
宿は男鹿温泉郷の つばき 高台に建ち目の前に雄大な海が広がります。
Img_3657
Img_3654
レセプションとロビーです。
Img_3593
部屋は大きなベットのツインです。
20191009_152333_resized
20191009_154534_resized
大浴場と露天風呂です。時間が早かったので写真は撮り放題でした。
Img_3596
夕飯が始まりました。
Img_3600
ご飯と汁物は此処でもらえます。
Img_3599
Img_3604_20191013140701

Img_3608
鯛のカブトは妻の大好物で僕の分まで食べてしまいました。

Img_3611

揚げたての天ぷらですが種類が無い、、、


Img_3617
Img_3619
鯛の解体ショーが始まりました。めちゃくちゃ大きな鯛です。※この鯛は明日の料理に使われるそうです
Img_3624
鮨も出来ました。鯛めしと鯛のすまし汁。
Img_3627
デザート。なんとか食べられた料理と言う感じの内容でした。

Img_3632_20191013142201
二階には各種飲み物が何時も用意してありますので自由に飲んでいました。夕食後はデザートも増えて居ました。

 

« 秘湯と なまはげ 1 | トップページ | 秘湯と なまはげ 3 »

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

RINOもなまはげ館5月に行きました
最前列で 迫力ある動きと言葉で 
一緒に行った孫も首をすくめていました。
RINOが行った時は 超混雑していました。

RINO様
エ〜 そおだったんですか〜!
そんな話全く聞かなかったですね。5月だと観光客も多くごった返した事でしょう。しかし最前列というのは我が家と同じ。お孫さんはよく怖がらずに行くと言いましたね。度胸が座って居ます。
色々な意味で共有出来ましたね。

ナマハゲの実演、面白そうです。
実演の時間が決まっているのでしょうか?
主人とのやり取りもその日その日によって変わるんでしょうね。嫁が夕飯の後カラオケに行くなどとはナマハゲさんもユーモアがありますね。
海が見える高台に建つ宿と言うことは露天風呂から海が見えたり?
・・・・・・・・前号の野天風呂と言い、こちらの露天風呂と言い、私、入りたいです。

ごくらくとんぼ様
今撮った写真を確認しました。1日に13回、1回が30分ですが20分くらいで終わり、入れ替えがあります。ほぼ並んだ順に最前列から陣取れます。そうとは知らずに10分前に行って並びました。遅くなった人は後ろで立って見ますが自由に動いて撮って居ますからそれも悪く無いと思いました。
ナマハゲは怖いというイメージは無くなりました。
つばき の風呂は1階で海は少ししか見えませんでした。女風呂からは如何かな〜。部屋は最上階でしたので良く見えました。

秋田には クルーズで何度か行き、山歩きで何度か行きましたが
「なまはげ館」に言ったことがなかったので 新鮮な気持ちで拝見させていただきました。

もし「なまはげ館」に行ったら 主人に 「お前のほうが怖い」と 言われてしまう気がします。
確かに、、、、、(笑)

それにしても 温泉、、、いいですねえ。
羨ましい!!

shinmama様
男鹿半島の丁度ヘソの位置に有りますから行きにくい所ですね。と言っても車だと男鹿駅から1時間掛からなかったと思います。
お前の方が怖いって、、、、、、、そんなこと言うなら なまはげさんに叱ってもらいましょう。
日本人ですね、温泉は良いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秘湯と なまはげ 1 | トップページ | 秘湯と なまはげ 3 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。