« オーストラリア顛末記 メルボルン編 | トップページ | オーストラリア シドニー編 »

2019/11/27

オーストラリア顛末気 ゴールドコースト編

20191117_081455_resized
 9時出発で市内観光にゆきます。ロビーはまだ静かです。

エ?今日は二人だけですか?

20191116_080351_resized
無料トラムの体験乗車ですか、、、昨日我が家は乗ってますが、、、
20191117_085722_resized
有名なアーケードにモザイクだそうですがなんだったか忘れた。
20191117_090153_resized
ちょうど10時、カラクリ時計が動いた。兵士がラッパを吹いた。
20191117_093928_resized
実はこれ落書きです。試験に通らないと書く権利をもらえないそうです。
20191117_094117_resized
ゴミ箱も落書きだらけ。今や観光名所になって居るそうです。
20191117_103946_resized
20191117_103958_resized
ユーレカタワー展望台から
20191117_104514_resized
サッカーの本田圭介が所属して居たチーム「メルボルンビクトリー」の球場が見える(写真右側の建物)
20191117_105027_resized
20191117_105349_resized
この日は偶然階段を使って駆け上がる大会をやって居た。ゴール後の選手や酸素タンクを持ったレスキューが居た。
20191117_111817_resized
カールトン庭園や
20191117_1144200_resized
世界遺産のロイヤルエキシビジョン

20191117_112853_resized

議事堂や市庁舎、聖パトリック大聖堂など見学


20191117_120119_resized
20191117_121612_resized
20191117_123821_resized
昼食はスケジュールに記された通りでパスタが付いて居た。
20191117_125346_resized
20191117_125434_resized
外ではイタリアフェスティバルが行われて居て大賑わい。
20191117_125026_resized
20191117_125726_resized
イタ車も並んでいる。デザインは良いんだけど故障ばかりで、、、金のかかる車だったな〜

 

空港まで送ってくれるのはミキさんでビルマ人。昔お父さんが日本のビルマ大使館で働いて居てその時日本語を覚えたという。

20191117_145431_resized
ゴールドコーストに向かいます。
20191117_160320_resized
クッキーとジュースが出た。
20191117_161918_resized
タラップを使って下ります。
20191117_173056_resized
20191117_173113_resized
20191117_173225_resized
マントラオンビューホテルに泊まります。旧アウトリガー、更にその前は全日空ホテルだったそうです。
20191117_173154_resized
ベランダから街がよく見えます。今回3つのホテルに泊まりましたが何処も13階は偶然でした。その中でもこのホテルが最も部屋は広く気持ちよく過ごせました。
20191117_173210_resized
夕闇迫ってきましたので

20191117_183623_resized
20191117_184906_resized
街の散策に出かけました。ゴールドコーストって素晴らしいリゾート地なんですね。行って初めてわかりました。
20191117_190126_resized
また夕飯の事を考えなくては成りません。
20191117_185512_resized
空港からホテルまで連れてきてくれた現地ガイド橋口さんが美味いと教えてくれた此処に入ります。
20191117_185650_resized
20191117_190239_resized
またまた選んだ海鮮スパゲッティー。チョット味が薄いですが美味かった。
20191117_195709_resized
部屋から見事な夜景が広がって居た。
20191117_182213_resized
さて、翌18日。広いロビーと
20191118_071415_resized
二階の朝食会場。付いて居ないはずの朝食がこのホテルの二日間はついて居るという。有り難く食べさせてもらう事にしました。
20191118_070451_resized
20191118_073028_resized
20191118_071704_resized
今回の旅行中初めてシリアルが食べられました。
20191118_085337_resized
20191118_085233_resized

食後4階に出てみました。4階にはプールとフイットネススタジオが有る。そのつもりで支度はして来ましたが使わずじまいでした。

20191118_093305_resized
9時出発で観光です。二人だけですか~。真剣に話を聞いてやらなくてはならずくたびれますぅ、、、

車中で、貰ったパンフレットと(持ってきた)日程表が違うのは何故か確認した所「それはおかしい。私が確認します」と言ってくれた。

さて、今日は動物園に行きます。

20191118_104559_resized_1
20191118_101921_resized
Img_5156-1

強制的にコアラを抱いて写真を撮られましたが「まあこの写真を旅立ちの写真にしよう」と茶化しながら撮ってもらいました。

 

我が家が動物園を見て居る間に橋口さんが会社と連絡を取り、明後日の予定を前倒ししてシドニー到着後観光する事に成った。パンフレット記載通りのスケジュールに成ったと言う訳だ。何故この様な間違いが起きたのか?それは11月までのスケジュールと12月からのスケジュールがごちゃ混ぜに成った事が原因だった様だ。パンフレットを見た橋口さんが「それにしてもこんな高い料金で来て居るんですか?」と言って居た。


20191118_120805_resized
続いてスカイポイント展望台。
20191118_115120_resized

20191118_115053_resized
北側で綺麗な砂浜がずっと先まで見渡せます。
20191118_114447_resized

20191118_115237_resized

真下。運河?に面して建つ家は大金持ちで殆どの家がモーターボートを持って居るそうです。

20191118_115806_resized_1
20191118_115756_resized_1
南側です。
Img_5157
Img_5159

展望台を降りると其処に現地会社のお偉いさんがお詫びの印にと言ってチョコレートを持って現れた。「JTBに取って我が家は上得意のはずですが良くやっていただきましたので私からは何も申しませんからご安心を」と言って有り難くいただいた。なんでも地元では大変有名なチョコレートだそうだ。

 

展望台で解散。自由行動ですので

20191118_121848_resized
一旦浜に出て、その後15分ほど歩いてホテルに戻り昼は持ち込んだ あさげの味噌汁と五目ご飯を食べた。
20191118_122231_resized
街には若い子がいっぱいです。首からストラップを下げADが付いて居ますから直ぐ解ります。実は高校生だそうで日本で言えば修学旅行中。
20191118_122254_resized
20191118_1406100_resized
20191118_145727_resized
20191118_152312_resized
これが高校生?と思うほど肉体美な子ばかり。
20191118_141118_resized
ハードロックカフェも有ります。おしゃれな街でワイキキより良いんじゃ無いかと思うほどです。
20191118_180907_resized
さて夕飯は、昼間この店が良いんじゃ無いかと目星しておいた店に入ります。
20191118_182453_resized
ここで、日本では絶対見る事がない白い蟹を食べる事にしました。事前に妻と1万円以内なら食べたいねと言って話して居ました。
20191118_182443_resized
値段はいくらだと聞くと108ドルと言う。妻に「108ドルだそうだから食べようね」と言って生簀から取ってもらった。
20191118_181703_resized
小さいので良いからと言って掬い取ると目方を測って1.4??キロと言う。結構重いんだねと特に不思議にも感じなかった。
20191118_182629_resized
じゃ~ん。出来てきました。手前のスープは別に注文したワンタンスープ。
20191118_182652_resized
茹でた蟹をネギと生姜とお酒と醤油を片栗粉で絡めて有るようだ。

身がしっかり入って居てとても美味い。ミソは無かった。一杯をシェアし余すところなく食べてとても満足。うまかった~~。

20191118_191748_resized
デザートにフルーツアイスクリームを頼んだ。フルーツが・・・缶詰だよ、、、ビールも1本取ったが写真がない。

さあ、支払いは332.98ドル?「おかしいじゃないか。なんでこんなになるんだ!」と証拠の写真を見せると「良く見て下さい。per half(500g)$108です・・・・良く見なかった自分が悪いと諦めてカードで払った。大ドジの3つ目はこれか~ぁ、、、めちゃくちゃ美味かったから文句も言うまい。

実はこの店に日本の修学旅行中の中学生が団体で入って居て奥の部屋は貸切になって居た。全員が学校の制服です。昼間同じ学校の生徒らしいセーラー服を着た少人数の女の子を見た。どうやら同じ学校の様だ。ダサい制服でオーストラリアの高校生修学旅行との違いを見せつけられた。管理のしやすさと悪さをさせないためだろうけど、、、ちょっと気の毒にも思った。

20191117_195734_resized
ゴールドコーストの最後の夜は輝いて居た。
明日はシドニーに向かいます。

 

 

 

« オーストラリア顛末記 メルボルン編 | トップページ | オーストラリア シドニー編 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

何をなさっているんですか。
外国語慣れしていない私でさえ記事を読み進めていて per half kg はすぐ目に入りましたよ(^o^)
証拠の写真を撮ったんですよねぇ。文字を見たんですよねぇ。
nice body な高校生を見て目がチカチカしてたんじゃないですか?(^_-)-☆
でも珍しいカニを召し上がってこられたんですから良かったですよ。


えっ?日本の高校生が制服で居たんですか?
まだそんな程度だったんですねぇ~~。
せっかくの海外なんだからオシャレさせてあげればいいのに・・・・・・・・と思います。

ごくらくとんぼ様
ハイ、、、、お粗末な話でして108の数字と$108会話ばかりばかり頭が回ったんですぅ、、、
支払いの段階で$108じゃなかったらクレームをつけようと思って撮った写真が墓穴を掘りました。
今となっては旅の楽しいおもいでです。これで不味かったら最悪でしたが美味かったから!!
トップレスみたいなもんじゃないか〜と思うほどの子もいましたから良い目の保養になりました。
ダサいよね、、、制服、、、しかもセーラー服。水兵じゃあるまいし。びっくりしました。
しかし、中学でオーストラリアに来る?何処ぞの私学でしょうがすごいね!


海外は かなり前からoz表示だったり、kgや100g表示ですが、
最近は 日本でも 魚は kgやg表示されているレストランが多くなり、
主人が いつも引っ掛かりそうになるので 確認(注意)すると
「危ない、騙されるところだった」と 一人で大騒ぎするのが 我が家の恒例行事です。(笑)

ゴールドコーストへ行ったのは 20年も前のことなので、まったく記憶がないことに気づきました。
もう一度行ってもいいかなあ、、、と思い始めました。

shinmama様
この時は英語を理解する事に集中していて肝心なところを流すか訳せなかったんでしょうね。良い勉強になりました。
でも、中国系の店って何か怪しげで騙して居るんじゃ無いかと思ってしまいますね。嫌な性格になってしまいました。
20年前ですか〜今より静かだったんでしょうね。我が家はグレートバリアリーフに行っていないんです。何回か行こうと言ったのですが日焼けするから嫌だと言われ今では諦めています。

 青い空に青い海。
 近代的なビル群もきれいですね。
 コアラかわいいですね、重くないですか?
 白い蟹、めずらしいですね。
 美味しいんですね。 食べてみたいです。
 今どきの日本の若い子は欧米人並みに体格が良くなっていると思いますが、
 まだまだその差歴然ですね。
 中学の修学旅行でオーストラリアですか、すごい!
 
 
 

うつきよう様
リトゥルハワイですね。変な物売りや近づいてくる怪しげな奴もいませんので安心していられるので、高校生や日本の中学生が来ても心配いらないのだろうと思います。
コアラは約7キロだそうで人間の1歳の子供くらいだと言う事でした。
抱く前でなくて抱いた後、指の消毒をします。うつるとまずい病気か何かが有るんでしょうね。
曲がった様に見える高層の建物はデザインです。地震国日本では建てれられないと思います。

オーストラリアには二度行ったのですが、タスマニアと西海岸のパース界隈のみ。
なので新鮮です。
食材のお値段、気を付けないと危険ですよね。
私は反対に「高ッ」と思ったら、500gの値段だったりしました‼️
日本では、まだまだ制服の修学旅行生が多いですね。
娘たちの学校は、先生達が「格好悪い」と、私服でしたが…(笑)

パンジー様
そおですか~。良いですね!西海岸は機会があれば行きたいと思っています。特にANAがパースまで直行便を就航しましたからね。問題はパースだけで何日も遊べるかどうかですが。タスマニアはトレキングで行きたいと思っていますが実現していません。
言葉の問題もありますが値段でトラブルと台無しになりますからね。
男子の制服はまあ良いとしてセーラー服は異常に思うだろうと思うのです。私服がいいですよ!お嬢様たち、良かったですね。

コアラ抱っこされたのですね。
私もずいぶん前にしましたがずしりと重かった記憶があります。

パースはとても綺麗な街でアクティビティも豊富です。
ピナクルズはお勧めです。

みやび様
はい、抱いてきました。以前行った時は別料金を払ってまで抱く気はないと言って断りました。
ピナクルズね、カッパドキアみたいな所で面白そうですね。
PCがぶっ壊れてしまい みやび様のブログ名が分からないし、勿論アドレスも分かりません。是非メールで教えて下さい。

こちらにお知らせして良いのでしょうか?
是非私のブログにいらしてくださいね。

みやび様
いろいろお手数かけます。
PCが壊れると本当に困りますね。
バックアップはしっかり取っておかないと、、、、
大変申し訳ないのですがみやび様のブログに飛びません。ブログのアドレスとブログ名を教えて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーストラリア顛末記 メルボルン編 | トップページ | オーストラリア シドニー編 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。