« 恒例行事の越前に 京都祇園 さ々木 の巻 | トップページ | 新型 Mac Pro 発売 »

2019/12/13

恒例行事の越前に うおたけの巻

Img_4601
京都に行くなら数日前にTVで紹介して居た宝筺院に是が非でも行きたいというので妻の願いを叶えます。

 

Img_4593
ホテルを後にして目指す宝筺院に向かいます。
Img_4614
Img_4621
綺麗ですね!
Img_4625
Img_4630
Img_4631
早い時間ですのでお客様も比較的少なく落ち着いて鑑賞できました。
Img_4638
Img_4646
盛りを過ぎて居ましたが未だ未だ綺麗です。

宝筺院には駐車場が無く犬の散歩中の方に聞くと、隣の清涼寺駐車場を使うのが良いと教えてもらいました。

Img_4652

Img_4651
その清涼寺の仁王門。

Img_4656
本堂です。
Img_4669

Img_4677
実相院門跡に来ました。
Img_4682
Img_4690
枯山水石庭で三日月型は打ち寄せる波を表して居るそうです。
20191209_135901_resized
ここはツルツルに磨き上げた黒色の板の間に映る庭が有名ですが撮影禁止でこの写真はパンフレットを撮影しました。
Img_4696
続いて園光寺
Img_4753
龍が奔る姿を現して居るそうです。
Img_4706
Img_4737
Img_4734
ここで正座し瞑想すれば禅の悟りに至る道が開けるという。
Img_4739
Img_4742_20191210104401
Img_4748
予定の何箇所かを周り心が洗われ清々しい気持ちになりました。
Img_4756
竜の背中に乗って旅立ちたいものです。

全体に1週間遅かったと思いますがこれだけ紅葉を見られれば上出来だったと思いました。

 さて、まっすぐ越前に向かいます。ちょっと遠回りですがチマチマした道より高速道路のほうが楽なので高速を選びました。

越前に近づくと猛烈な雨。その後小雨になりましたが一晩中雨。思い返せば観光中全く降られなかったのはありがたい事です。

Img_4757
SAで牛丼。

Img_4765_20191210104901
Img_4760_20191210104901
例年ですと かねとも に泊まりますが満室で断られ うおたけ に到着。
Img_4777
厨温泉ですがヌルッとして居ます。いつ行っても貸切状態でこの日は計二組しか泊まって居ませんでした。

 

2食付き“越前蟹来てから選ぶプランの蟹だけ料理セイコ蟹付き@18,700円”。で頼んであります。一食くらい偏っても蟹だけたらふく食ったほうが良いと割り切りました。

Img_4806
Img_4793
セイコ蟹
Img_4796
焼き蟹
Img_4799
蟹釜飯
Img_4802
蟹鍋。鍋は美味しそうなところだけを食べて他は残しました。明日おじやにして出しましょうか?と言われましたが一晩置くと美味しくないから要らないと断りました。
Img_4809
蟹刺し「本音は他のものいらないからこれだけたらふく食べたい。
Img_4812
Img_4818

ジャーン 越前蟹 18,000円です。ひとりに付き一杯でなくても良いと言うのでこの一杯を二人で食べる事にしました。安いのは17,000円から25,000円迄だったかはっきり見なかったですが大きさを自由に選べます。

Img_4822
蟹天ぷら
Img_4825
Img_4828
お碗とデザート。

さて、日が変わりました。

Img_4831
朝食です。かねとも もそうですがカレイの一夜干しを出してくれよ、、、、と言いたくなります。
Img_4840
9時過ぎ、ウオタケを後に
Img_4846
日本海さかな街に寄って数の子やカレイの一夜干しを買って帰るのは例年通り。カレイの値段は3年前の二倍に跳ね上がっていた。

手前に写って居るのは僕の車。

体力が続く限り通いたいと思いますが何時迄続けられるか?早く自動運転車にならないかな〜

 

 

 

 

 

« 恒例行事の越前に 京都祇園 さ々木 の巻 | トップページ | 新型 Mac Pro 発売 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


連日のグルメ料理、、、
これだけのことは そうそうできることではありませんので、
奥様はお幸せ、、、羨ましいです。

しかも 美味しい料理を 連日食べれるということは 胃腸が丈夫であることが 必須条件。
ご夫婦揃って、お元気でいらっしゃる証拠ですね。


コンバンハ!!!
京都の紅葉を東奔西走して堪能されたようですね。
嵯峨野は何回も行っていますが清凉寺や宝筺院には行っていません。、実相院・圓光寺もよし坊さんの記事を見て行ってみたくなりました。
紅葉を愛でて美味しいものを堪能して・・・・・・・この上ない贅沢だと思いました。

 ピークを過ぎたとはいえ、
 京都の紅葉は見事ですね。
 今年はどこも紅葉が遅くて、その分長く楽しめましたね。

 あら?
 「うおたけ」さんは前は青い外壁で目立ってましたけど、
 黄色に塗りなおしたのですね。
 黄色も目立ちますね。

 越前の蟹、立派です。
 
 

ahinmama様
年に一度の行事ですから。運転が出来なくなったらそれでお終い。考えると寂しいです。
船と一緒で上げ膳据え膳は妻にとって最高の贅沢ですね。
少食が困るんですよ、、、減食して痩せるなんて・・・歳がくれば食が細くなります。

ごくらくとんぼ様
今回の蟹旅行は三つ星と紅葉がおまけにつきましたから
トンボさんも京都は好きなようですから動けるうちに(といっても僕より遥かに若いんですから、失礼なことを言ってしまいました)ぜひ訪ねて下さい。朝がお勧め。ギャーギャー五月蝿い連中がいませんから。
名古屋のまことやもぜひ!

うつきよう様
他にも紅葉の名所はいくらでも有るでしょうが何故か京都がもてはやされますね。纏めて行けるから良いのかな〜?
うおたけ はニャン様も泊まって居ますからね。
パンジー様が泊まって食べた蟹がすごくて越前というブランドを除けばもっと安くて蟹だけたらふく食える宿がありそうですね。
うおたけは3年前にリニューアルしたそうで部屋もきれいでした。

手水鉢の上の紅葉、額縁のような紅葉、可愛い石仏の紅葉、
やはり京都の紅葉は一服の絵のようですね。
カサコソと落葉の音が聞こえてきそうです。
そして蟹、美味しそうですね。
一番お好きなのは蟹刺し、私も大好きです。
蟹の時期に行かなかったことが悔やまれます。

URLを以前お知らせしましたが再度こちらにも記載させて頂きました。

みやび様
京都の紅葉は良いですね!それに集中していてたくさん楽しめます。
しかし最近はユックリ落ち着いて鑑賞出来なくなったのが残念です。
蟹 良いですね。やっぱり蟹刺しですね。あれに英もの無しと思います。
一つ前のブログに出した さゝ木には行った事がありますか?良いですよ!ぜひ舌の肥えたみやび様にも行ってもらいたいところです。
ところで、みやび様のブログに飛べないんですぅ、、、
ブログのタイトルを教えてもらえませんか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恒例行事の越前に 京都祇園 さ々木 の巻 | トップページ | 新型 Mac Pro 発売 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。