« オーストラリア シドニー編 | トップページ | 恒例行事から帰宅しました »

2019/12/02

思わぬ遭遇


Img_5146

 撮影は終わりにして帰り支度を始めると目の前にカンムリカイツブリが居る。

居るわけない場所にいたカンムリに目を疑った。

ほんの数m程の距離から撮った写真の精細な事。出来栄えに自分で驚く。カメラをデーテル重視の設定にして居るお陰でもある。

 

何でこんな写真が撮れたのか!真相はこうだ。

続きを読む をご覧ください

10月のある日、一人の女性がダンボール箱を持って撮影して居る横を通り過ぎた。

その数分後カンムリが現れた。

夢中で撮ってひと段落すると先ほどの女性が「私が放しました」と言う。

いろいろ聞けば、数日前の夜、道端でうずくまる鳥を男性が見つけた。捕まえようとすると襲って来て手に負えない。そこで犬を保護する事をして居る私の所に来て事情を話す。袋をかぶせ鳥を捕まえ自宅に戻る。動物園に電話しても貴重な鳥ではないので預かれないと言われた。仕方なく自宅で柵を作り様子を見た。餌も食べてくれた。

これなら大丈夫だろうと今日ここに来て放した。と言うのだ。

実はこの池のすぐ東側に繋がって、もう一つの遊水池がある。そこにカンムリカイツブリが一羽入って居ることは聞いて居た。その個体と今日の個体が同じなのか別なのかわ判らない。

Img_5167
Img_5173
Img_5182
Img_5185
実は今日から恒例の越前蟹を食べに行きます。
例年とちょっと工程がイレギュラーして居ます。書き込みや管理は行先のホテルでWi-Fiを使います。
行ってまいります。

« オーストラリア シドニー編 | トップページ | 恒例行事から帰宅しました »

」カテゴリの記事

コメント

 カンムリカイツブリの目が赤く見えますが、
 そういう目なんですね。
 
 パンジー様も香住のカニにおでかけでしたし、
 よし坊様も越前ガニにおでかけですね。
 我が家は本場には手が届かないので北に外れて、
 今週末、新潟のカニで手を打ちます。

うつきよう様
西に東に皆様アクティブに行動されまね。感心しています。

カンムリカイツブリ、名前に聞き覚えがあるのですが、テレビででも聞いたのかしら?
頭にちょこんと乗ってるように見える冠羽が可愛いですね。
流石よし坊様、きっちり写真におさめられて…
恒例の蟹ツアーのブログアップも楽しみです。

パンジー様
カンムリの話しはニャン様とのやり取りでたびたび有りましたので 何となく聞き覚えが有ったのだと思います。今越前です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーストラリア シドニー編 | トップページ | 恒例行事から帰宅しました »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。