« 恒例行事の越前に 鳥勢の巻 | トップページ | 恒例行事の越前に うおたけの巻 »

2019/12/11

恒例行事の越前に 京都祇園 さ々木 の巻

Img_4512
ブログ繋がりで知った さ々木(飾り字のささのさの字がどうしても出ない。新パソコンを買ったらATOKUを買います。そしたら間違い無く変換できる。それもそお遠くはないだろうと思う)

※10月1日10時00分ちょうどから同時に2台の電話でささ木に掛け続ける。途中昼ご飯も食べながら尚も掛け続ける。12時51分突然繋がる。名前・人数・電話番号を告げ目出たく予約ができた。

ここは最近ミシュラン二つ星から三つ星に格上げになった京都祇園の割烹。ミシュラン等には縁がないと思っていた我が家ですが冥土の土産に行ってみるべきと決めた。しかし、予約が取れてから心配事が、、服装はどうしようか?お客の質が違う場違いな所ではないだろうか?と・・・

予約4日前、予約確認の電話が入った「行きます」と返事。もお後には引けません。

例年 名古屋で昼食の天むすを食べてから出発するのですが今回は朝食後直ぐ京都に向かいます。

Img_4459
山科の近く醍醐寺に。桜で有名だそうですが此処の弁天堂付近は紅葉も見事だとの事です。
Img_4426
Img_4432
Img_4437
Img_4449
Img_4466
Img_4468
国宝 五重塔
Img_4474
国宝 金堂
Img_4480_20191208194601
Img_4488
国宝 唐門

見応えがありました。

と、時間を見ると11時15分。「しまった!」ささ木は12時一斉に始まる事は承知していますが駐車場も探さなくてはならず間に合うだろうか?と焦りました。

Img_4489
15分前ギリギリで近くの駐車場に。細い小路の一郭にささ木は有りました。
Img_4495
階段を上がります。

のれんを潜ると三つ星祝いのランが所狭しと置いてありました。

奥の部屋には長~い一枚板のカウンターにお客様が座って居ます。まだ数人の人が来て居ないようです。あからさまに一人二人と数えるわけにもいきませんが18人ほどだろうと見受けます。

12時一寸過ぎ佐々木さん本人が登場。一寸理由があって遅れた事を詫びて挨拶。気取らず料理の案内と説明が有り一通りの来客に頭を下げて回りました。

カウンターには常時見習い中の料理人が数人。お客と料理の内容や素材の話などをしながら進みます。

写真NGなのが残念ですが盛り付けはもちろん、使われる器等目を見張るものがありました。

妻が出された料理を思い出してその夜メモをくれました。

前菜(カマス ほうれん草 松の実)の胡麻酢和え・紅葉の八寸(栗 エビ 卵 きのこ 長芋 キャビア)・お造り(さわら 玉ねぎ酢で食べる)・お碗(鯛とユズ)・鴨肉ソテーと煮た蝦芋の揚げ物)・漬けマグロ 沢庵の手巻き寿司・キノコの炊き込みご飯と、ジャコと削りカツオを混ぜた炊き込みご飯。ミョウガと山芋の漬物(二種類とも食べられますし お代わりも出来ます)・デザートは五種類(アップルパイ レモンのスフレ 薩摩芋のどら焼き 果物のヨーグルト掛 紅茶のムース)数種類でも良いし五種類全部食べても構いません。全員全種類食べて居たと思います。

いや~美味しかった!そして心配しましたが気楽に食べられました。

因みにランチお任せコースのみの八千円は安いと思います。ディナーは二万四千円だそうで使われる素材も高価なものだそうです。それよりディナーでは我が家は食べ切れるかが心配です。

 

ランチの味と雰囲気に余韻を残し 毘沙門堂に向かいました。8年前「そうだ、京都いこう」のポスターになった所です。

Img_4521
Img_4518
Img_4535
Img_4538
紅葉祭りも行われて居ました。
ホテルに向かいます

Img_4576
Img_4545
Img_4540
Img_4542
リーガロイヤルホテルに素泊まりします。
Img_4569
ホテルから京都駅までホテルのシャトルバスが出ます。10分で駅に到着。待ち時間を考えると歩いたほうが早い。
Img_4562
Img_4551
Img_4554
夜は駅地下で。ラーメン一杯でお腹いっぱい。美味かったです。

朝食はコンビニで買ったサンドイッチと牛乳で済ませました。

« 恒例行事の越前に 鳥勢の巻 | トップページ | 恒例行事の越前に うおたけの巻 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


あれ?
前回のブログにコメントをしたつもりでしたが、最後に番号を入れ間違えたのかな?
最近 こういうドジばかりする自分に、驚かなくなりました。(笑)

私もパンジー様のブログを拝見して
京都の「ささき」に チャンスが有れば行きたい、と思っていましたが
よし坊様が完食された、、とお聞きすると 量は少なめ?
量より質、、の素晴らしい料理だったのですね。

最近、広島でもちょっと気の利いたところでランチをいただくと
10000円近くしますから、「ささき」は ミシュランの星を持っているのに
このお値段は リーズナブル、、、だと思います。
しかも よし坊様の舌を満足させた味ですものね。

ますます行きたくなりました。

Shinmama様
アレ?そんな事がありましたか?僕も最近よく分からない事が多く成って困って居ます。
パンジー様とブログで繋がらなければささ木も知りませんでしたから一生ミシュラン三つ星なんて行かずじまいでした。ありがたい事です。
美味しかったです〜!!!!!!!!!!世の中にはあんなに美味ものを何時も食べて居る人がいる・・・知らない世界を知りました。お決まりコースを一斉スタートするからあの値段でやれて居るのかもしれません。
1万円でランチですか?春帆楼並ですね。
名古屋の鳥勢も美味しかったですが早く行かないと親父の手捌きが見られなくなる心配も出てきました。

 京都の☆☆☆はこちらでしたか!
 もしや、そうかな?と予感はありましたが、当たりました。
 
 少し前、ご主人の佐々木さんが登場するTV番組があって、
 そのとき、カウンターに椅子が並んでいる店内の写真が一枚提供されていました。
 あのお席でよし坊様と奥様が召し上がられたんですね。
 すごい!
 
 shinmama様のブログで拝見した鱧といい、
 やっぱり京都だなあ・・・
 

じっくり拝見させていただきました。
ミシュランね、世の中には私とは無縁な世界がここにもあるものだなあと思いました(^o^)
紅葉は少し過ぎてしまった感がしますが人がまばらでゆっくりご覧になれたんじゃないですか。

さゝ木デビュー、おめでとうございます、そしてお電話、お疲れさまでした(笑)
残り紅葉も堪能されて様で、良かったですね。
さゝ木が三ツ星とってしまったせいか、あっという間に11月12月は満席に。
そこによし坊様もいらしたんですね(笑)
私は、何とか二月にお席を確保できました。
ここの夕食、私は頂いたことないのですが、主人曰く「ボリュームがアップする」と。
なると私には多すぎて…
ここでお昼贅沢し、夜はお茶漬けかお蕎麦… そんな老夫婦の2,3か月に一度の楽しみです。

うつきよう様
そおなんです、ブログに三つ星を出しましたので皆様推察がついただろうと思っております。
どちらかというと気楽な服装で来て居る方もおりました。
来年日本丸に佐々木さんが乗るプランが発表されて居ます。これに乗ろうか?と思ったのですが新潟出発で我が家からはアクセスが悪くて諦めました。
部屋や席、器等綺麗に磨かれさすがミシュランと感心しました。
鱧、と言うと京都ですよね。妻が鱧も大好きで!

ごくらくとんぼ様
長い人生ですから一度くらいあっても良いと思いますよ!機会を捉えてぜひ行って下さい。
紅葉はピークは過ぎて居ましたがまだまだ綺麗でした。
狙い目は早朝ですね。何処も通常より早く開門して居ます。

パンジー様
有り難うございます。パンジー様のお陰で行く事ができっました。
これでもか!とばかり電話した甲斐が有りました。お陰で人生の一ページを増やす事ができました。
ここに何度も通われて居るとは羨ましい限りです。
夜はお茶漬け?鱧茶漬けだと、とても贅沢ですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恒例行事の越前に 鳥勢の巻 | トップページ | 恒例行事の越前に うおたけの巻 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。