« この子は | トップページ | 温泉旅行1 »

2020/01/31

途轍もなく贅沢な温泉旅行

Img_5748
珍しくもないジョウビタキです。家の庭にも時々来ています。
Img_5752

Img_5735
おまけの一枚はアオジ
さて、2月2日から温泉に出かけます。何がどう贅沢なのか・・・・・・・・・

« この子は | トップページ | 温泉旅行1 »

」カテゴリの記事

コメント

 ほほう・・・
 「何がどう贅沢」なんでしょう?
 興味が尽きません。
 楽しみです!

うつきよう様
普通の人が普通に考えたら 何でそんな・・・もったいない と

私、只今温泉宿でカフェオレ中‼️
ちょっと可笑しな勝利感味わいました(笑)
決して「贅沢」ではありませんが…💧

パンジー様
いいですね!
今に見ていろ俺だって〜(笑)

ジョウビタキ、ふっくらとした胸元~お腹、触ってみたくなります。
明日から温泉旅行、途轍もなく贅沢な温泉旅ですか。これは楽しみです。
いってらっしゃ~い。

ニャン様
ヤケにまん丸く写っていますね、、、ちょっと見ても普段こんなに丸くは成らないのですが。
明日は昼ご飯を食べてその後向かいます。

ただの贅沢な温泉旅行じゃない 「途轍もなく」贅沢な温泉旅行なんですね。
ふーーーーーむ、そんな贅沢な温泉旅行をしたことがないので 想像すらできない自分が悲しいです。

私は コロナが怖くて、東京に戻ることができないのですが、中旬から温泉旅行を計画しています。
でも それは 途轍もなく「リーズナブルな」温泉旅行です。
それも 悲しい、、、、トホホ。

楽しんできてください!!!!

shinmama様
途轍もなく・・・ウ〜ン・・・我が家にとっては途轍もなくで普通は そのくらい当たり前だよ!に成るのかな〜
なんか自信がなくなってきました、、、トホホ、、、
中旬からですか!サッカーも始まりますがそれより温泉ですね。
途轍もなくリーズナブル?話半分に聞いておきます。

こんばんは。
どこかへお出かけ中のようで・・・・・・・。
お帰りの記事を楽しみにしています。
当方はここ数日急な取り込みでバタバタしておりまして今日ようやくほっとしてよし坊ブログを拝見しました。
お出かけを充分お楽しみください。

ごくらくとんぼ様
返事が遅れてすみません、帰宅しました。
明日からUP出来るか微妙なところですが頑張ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この子は | トップページ | 温泉旅行1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。