« 湯谷温泉 2 大野宿 | トップページ | ウンのつく話 »

2020/01/10

湯谷温泉 3 どうまん蟹

Img_5338
1月3日、今日も晴れました。
Img_5336
寿の文字の入った
Img_5332
おせち料理とお雑煮です。

なんで今日出るんだよ、、、それに粉々に小さく成った数の子。探さないと小さくて見つからない栗の 栗きんとん等ですが本当にどれを食べても美味しく無いのです。参った参った、、、この宿に決めた自分が悪いのですから仕方ないのですが、ネットでどんどん書かれてしまうご時世。気をつけないとね・・・・

Img_5351
Img_5356
チェックアウト ギリギリの11時。人形かと思って触りましたら動きます。生きて居ます。びっくりしました。南アフリカ オオコノハズク 8歳♀だそうです。夜行性ですので昼間は機嫌が悪いそうです。(鳳来寺山はコノハズクで有名です)
Img_5392
Img_5359
浜松は浜名湖の一廓に移動します。目的は大好きな蟹を食べます。
Img_5377
どうまん蟹です。話には聞いて居ますが浜名湖に生息する幻の蟹です。

受付で「どのくらいの大きさですか?」と聞くと生け簀にいるから見てくださいと言われました。

Img_5365
Img_5370
100g 1,500円だそうです。ワタリガニ も有るのですがそれは100g1,000円。もちろん どうまん蟹を食べます。結果的に蟹の値段は8,100円でした。
Img_5380
Img_5384
初めて食べた感想は、味は濃いですが甘くは有りません。ワタリガニ の様な香りも有りません。
Img_5387
蟹だけでは昼ご飯に成りませんのでエビフライ定食も合わせて注文しました。これも美味しかった。この山本亭は地元でも有名な店で此処のご主人は吉兆で修行したそうで、座ったカウンターの目の前に居ましたので ささ木やオーストラリアの白い蟹の話までしてしまいました。

宿では美味しくない料理ばかりでしたが今日の昼で満足。終わり良ければ全てよし としたいと思います。

 

« 湯谷温泉 2 大野宿 | トップページ | ウンのつく話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

 ははーん・・・
 おせちは、一泊だけの方にはその日に、 連泊の方には最終日に出るんですよ、きっと!
 
 料金は宿泊した方が決める方式の宿が話題になったことがありましたが、
 はづ別館だったんですね。
 画期的なシステムでしたが、今はどうなっているのでしょうね。

 どうまん蟹は、名前を聞いたことがあります。
 ワタリガニ系の蟹ですね。
 まぼろしと聞けば、食べてみたいです。
 おしまいに美味しい食事を召し上がられてほっとしました。
 やっとお正月がきましたね。
 
 
 
 
 

うつきよう様
連泊の人は2日目?それも考えられますが繰り下げるほど価値がなくなりますからね、、、何を考えて居るかわからない、、、
別館は同業者と泊まりました。その時は2万円か2万5千円の決まり値段だったと思うのですがはっきり思い出せません。
そうですね、ワタリガニ の仲間ですね。地元の話なので度々TV等にも登場し、いつか食べようと思って居てやっと念願叶いました。

「どうまん蟹」のなまえ、初めて聞きました。
みためは「ワタリガニ」ですが、お仲間なんですね。
「幻」に言葉に弱い私、濃いけど甘くない…どんな感じ…??
その不思議さに惹かれますねぇ~(笑)

パンジー様
浜名湖だけで獲れるのか?ちょっと詳しくはわからないのですが地元テレビなどでは時々出てきます。
土産話ができただけで、次に同じようなチャンスが来てもワタリガニを食べます。
この店はうなぎも美味しいようで多くの人が食べていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯谷温泉 2 大野宿 | トップページ | ウンのつく話 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。