« 謹賀新年 | トップページ | 湯谷温泉 2 大野宿 »

2020/01/06

湯谷温泉 1  鳳来寺へ初詣

Img_5106-1

 初詣が混むと予想し、早めの8時半、第二東名経由で鳳来寺に向かいます。第二東名も120キロ制限区間も長くなりおまけに空いて居て極めて順調の到着しました。

上にも駐車場が有りますが、ご利益の事も考えて下から登ります。

Img_5109

Img_5052
路線バスで来たと思しき人たちはチラホラで混んでいません。
Img_5060

Img_5064
Img_5069
仁王門を潜ります。

ずっと階段が続きますし人混みで押されて妻が転んだら大変ですからストックを持たせ、僕はすぐ後ろに着いてガード。

Img_5073
Img_5139_20200105200401
傘すぎ です。立派で天を突き刺すように立って居ます。
Img_5074
Img_5079
初詣客はジワジワ増えてきます。そして次々追い越されます。

Img_5080
Img_5085_20200105195801
本堂を越してもう少し登ろうと思います。
Img_5092
此処を今日の到達地点とします。
Img_5101
本堂に戻りました。
Img_5115
今日は足が痛いと妻は手術した左足を引きずりながら歩いて居ますが良く頑張りました。
Img_5117
もう少し歩いて 東照宮に行きたいと思います。
Img_5121
Img_5125_20200105200801
お参りも済ませ後は同じ道を下りるだけですがこれがなかなか曲者で妻のペースに合わせて後ろから付いて歩くのは結構大変です。
一度も転ぶ事なく下山できた事を感謝したいと思います。
Img_5160

Img_5157_20200105200801
昼食は下りきった所にある食事処 かさすぎ で椎茸定食1,400円をシェア。どれも味付けが甘かったですが美味しかったです。
Img_5161_20200105201301
Img_5164
Img_5171_20200105201301
宿は鳳来寺から15分の湯谷温泉「湯の風HAZU」。此処で連泊します。二人合計十一万円(税・サ込)。
正月は13時からチェックイン出来るはずですが30分待たされました。

Img_5174
部屋からは景色が広がります。
Img_5178
Img_5183
Img_5187
ベッドは見た目が良くないのですが柔らかくなくとても寝心地が良かった。
Img_5189
見取り図を見るとこの宿の最も大きな部屋で和室寝室とも大きな広縁が付いていました。そして景色も良い。

さて、食事が始まりました。

Img_5196
Img_5198
Img_5200
Img_5205
Img_5207
Img_5211
Img_5212
正月に泊まって居るのにそれらしい物が何一つありません。そして不味い。残しても良いのですが、これで終わりだと満腹になりませんから無理に食べます。メニューが有りませんからさっぱりわからなくてクレームをつけました。

周りの人をそれとなく観察すると少しずつ違うのです。値段の差なのか部屋の差なのか?不可解なことばかりの食事でした。

風呂は入れ変え制です。子供がいなくて落ち着いて入る事ができました。

« 謹賀新年 | トップページ | 湯谷温泉 2 大野宿 »

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

 下から千段を超す石段を奥様も良く上られました!
 坂道も階段も下りの方が危ないですし、足への負担も大きくなりますので、
 拝見しながらどきどきしました。
 無事参詣を終えられ、
 今年は良い年になりそうですね!

 湯谷温泉の「はず」の名前は聞いたことがあって、気になっていました。
 1軒宿かと思っていましたが、そうではなさそうですね。
 せっかくのお正月なのに、全くお正月らしさのない食事だったのですね。
 とても眺めのよさそうなロケーションですのに、
 魅力半減でしたね。

うつきよう様
よく頑張ったと思います。ストックがなければ上がれなかったと言って居ます。なんとかこれでご利益があれば良いのですが。
上の駐車場に止めればホボ水平に歩くだけで済みそうで、乳母車を押して来て居た人もいました。
山奥でヤナ場くらいしか無い所ですから期待してはいけないのは初めから判って居たのですが、それにしてもお粗末でした。風呂・部屋・眺めはよかったです。
そんな所でもさすが正月で、正月料金で高いのに満室のようでした。


奥様は本当に努力家でいらっしゃるし、それを支えるよし坊様の素晴らしいこと。
私達夫婦も、見習わなくては、と思います。

暮れからお正月にかけて、旅行に行きたいと思うのですが、
とてもお値段が高いので、なかなか出掛けられません。

それだけに、元旦からのんびりされたご様子を拝見すると、羨ましく思いました。

shinmama様
頑張って居ると思います。
体幹を常に考えスポーツクラブでもそれなりの事をして居ます。ただ歳には勝てず体力がドンドンなくなって居ます。
海外旅行も行きたく無いと言い出して困って居ます。
正月料金と言ってべらぼうな値段をつけますね、、、365日同じ値段の宿が有るわけですから少しは見習って欲しいです。
温泉は極楽でしたが食べ物が悪くて、、、、、、、、、、、、、、、

奥様、長い長い石段を頑張って上がられましたね。夫にもその気力をを分けていただきたいです。
こちらの温泉、お湯がいいと聞いたことがあります。
我が家からもそう遠くないのでいつかいつてみたいと思っていました。新緑の頃も良さそうな風景ですね。
のんびり温泉でお正月、羨ましいです。

ニャン様
嬉しいですね!少しずつでもネットに戻ってこれた事。焦らずにゆっくりどうぞ。

大腿骨頸部骨折と言うとんでもない大怪我でしたからよく此処まで歩けて居ると思います。
本当ですね。ご主人様が早く以前のような行動力が戻ると良いですね。運転そのものが嫌いに成ってしまったのか?それとも体力的な問題で運転するのが嫌いに成ったのか?
さて、この宿、食べ物はダメでしたが温泉は良かったです。ただ皆様方がよく使われる専用露天風呂付きの部屋はありません。

お料理が残念だったのは淋しいですが、お湯がいいのはありがたいですね。
我が家は大浴場があるなら専用露天風呂は必要ないので、その点はクリアー。
関西からも行きやすい所、気になります。
そして、ほぼほぼ1000段の階段とはすごい‼
我が主人なら、間違いなく即刻断念・棄権です。
奥様の気力と努力には脱帽です、爪の垢を送っていただきたい…(笑)

パンジー様
料理がね、、、、最後までお粗末でした。料理を期待するときは高級と付くグレードでないとダメですね。山登りの時は食べて寝られれば良しとして居ますが、今回はちょっと選び間違いをしました。
名古屋弁をはじめ関西系のお客様が多かったです。
本堂までが1316段でしたからね。ご利益があると信じて居ます。
上の駐車場からはほとんど水平移動らしいですからご主人様と是非どうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | 湯谷温泉 2 大野宿 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。