« 令和二年J1リーグが始まった | トップページ | 河津桜・・・ »

2020/02/26

抜糸から一週間が経ちました

Op01_20200220130201
抜糸してから一週間経ちました。
糸は皮膚から出ている部分だけ切り落とすのかと思っていたら
確り抜かれました
痛かったよ、、、
Op02_20200220130201
手術に使われる縫合用の糸は血液から作られる。
このタイプの糸を使ってくれれば皮膚から出ている部分だけ切り落とせばそれですむのに、僕の場合は違った、、、
この糸の事を知ったのはかなり昔の話。JCとLC時代献血活動をしていた頃。例年特定の期間だけ特定の血液型が余ってしまう事があり、そんな時には製薬会社に廻され、血液を原材料にした縫合用糸が作られる事を知った。糸だけではなく色々な薬品にも成る。人々の善意で集められた血液が製薬会社の利益にも成る事に矛盾を感じるが病気を治す事に使われるので仕方が無いのか?。

« 令和二年J1リーグが始まった | トップページ | 河津桜・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

へ〜〜、縫合用糸が血液から作られているなんて今まで知りませんでした。
一つ勉強になりました。
で、いかがですか、抜糸の箇所は違和感ありませんか?

 抜糸がすんでひと段落ですね。
 抜糸痛かったのですね。 お疲れ様でした。

 私が足の手術をしたときは、
 糸で皮膚の内側を縫い、表面はホチキスみたいのでガチャガチャとめてました。
 お顔の皮膚は薄いですし、そうはいきませんものね。
 抜糸はホチキスの針を抜くようなものでしたけど、痛くはなかったです。
 ちなみに糸は青い糸でした。
 自然に体内に吸収されていくと聞いていましたが、
 血液から作られているので、それが可能なんですね。
 知りませんでした。 勉強になりました。
 中の糸の切れ端が縫った傷口から出てきたことがあって、糸が青いとわかったのですが、それは抜いても痛くなかったです。

ごくらくとんぼ様
進歩の度合いが激しいので今は人工血液から作っているのかもしれませんし他の物に変わっているのかもしれませんね。
違和感?無いですね。無くなってとてもスッキリしました。

うつきよう様
麻酔の注射を打つ時ほどの痛さはありませんでしたが痛かったです。
相撲取りが頭を怪我させられて幾つものホッチキスでとめて有るのは衝撃的でしたね。
エ?そのホッチキスを取るのは居たくなかった?一寸信じられませんが痛くなくて良かったですね。
糸が出てきた?吸収される前に出てきちゃったんでしょうか?一寸怖い話ですが今は何事もないようなので良かったですね。


頭部でも 頭頂部は鈍感で 頭蓋骨の割れた部分をとって、セラミックで同じものを作る相当の期間
骨なしに ぷよぷよと皮膚だけ縫合していても痛みも何もないそうです。

でも逆に 顔は多くの神経が通っているので、他の部分に比べると 痛みを感じるそうですから
お気の毒なことに よし坊様はきっと 強い痛みを感じられたのだろうと思います。

でも皮膚科ではなく 形成外科で手術されたのは 正解でしたね。
消化器外科で食道癌の手術をしても 最後の縫合だけは形成外科医にしてもらうほうが
細かな針で縫ってもらえるので 手術の跡がきれいですもの

shinmama様
う〜、、何かすごい話を聞きました。そおなんですか。人間の体って凄いですね。
そおか!痛みを感じたのはそのせいですか。歯医者の麻酔なんて痛さを感じないのに顔は痛いんですね、、、
先生は切りながら「アレ?未だ痛い?」なんて言いながらオペ、、、
形成外科で手術と言われた時 大ごとだし面倒だな・・・と思ったのですがそれが正解でしたか!
良かったです。
話は変わりますが今日は8ヶ所回りましたがマスクは手に入りませんでしたwwww

ず~っと以前、足の骨折で手術を受けた時、整形外科医がザクザクと縫ってくれました(笑)
腕がよかったのか素晴らしく綺麗な縫い目で、ある意味感動。
「抜糸しなくてもいいとける糸」を所望したのですが、「必要なし」と言われました。
縫う時は形成外科へ…なるほど… 
糸の種類も選ばせてくれたらいいのになぁ~❕

パンジー様
足の骨折?それは大変でしたね。
先生に御願いしたんですか〜抜かなくても良い糸と。その勇気に座布団五枚。
皮膚科の先生が形成外科と言ってくれて良かったです。
妻の大腿骨骨折の時は抜かなくて良い糸を使いましたね。痛いだろうと構えていたのに抜かずにすんでニコニコでしたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和二年J1リーグが始まった | トップページ | 河津桜・・・ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。