« 途轍もなく贅沢な温泉旅行 | トップページ | 沖縄旅行2 »

2020/02/05

温泉旅行1

Img_5617
温泉に行くのにこんな方法を取ら無くても良いのでは?と思うほどの手段を使います。

※写真は目的地で撮った夕刻迫る光景

Img_5527
麵屋燕に寄る
Img_5539
新商品 海燕(うみつばめ)を頼んでみました。アサリの身が入っていてご機嫌
Img_5542
これは定番の ツバメ塩ですがここ数年塩辛さがきつくなる。


Img_5546

Img_5549
到着したのは富士山静岡空港です。もう十年経つんですね。いつも中国人が大勢居て五月蠅いのですが・・・居ない。嬉しいね!
空港建設は反対ですが重宝に使わせて頂いております。
Img_5555
Img_5556
で、沖縄に行くんです。
Img_5577
Img_5583
まもなく到着します。機内は・・・ガラガラです。
Img_5590
予定より早く到着。レンタカーを借りてホテルへ。
Img_5603
Img_5598
Img_5605
瀬長島ホテルに泊まります。

と、言うわけで「途轍もなく贅沢とは、わざわざ飛行機を使って他の目的も無く温泉に行く」です。一泊ではいくら何でも勿体ないからと連泊することにしました。航空券はマイレージでただ券使いますし、空港の駐車場も今の所ただです。

Img_5615
ホテル前は瀬長島ウミカジテラスで大浴場の露天風呂が見えます。
Img_5620
ウミカジテラスの一郭に有る親父のマグロに入り
Img_5629
Img_5631

写真右おやじのまぐろ丼(小)750円と左アヒポキライス1,250円(漬まぐろ・アボカド・ご飯・ピクルスにアローカナという種類の卵・サラダ、これをよく混ぜて食べる。酢飯で食べやすく美味しかった。この量をシェアします。

親父が漁師で捕れたマグロをここで提供するとのことで沢山ある店のどれもが若者向けの店ばかりがこの店は我々向きだった。

ウミカジテラスは中国人がウジャウジャ居るしマスクをしていないのは参ったね、、。

Img_5646
食事中夕日が沈んでいった。
Img_5655

部屋にも風呂が有る。温泉です。入りながら飛行機の離着陸を見ることが出来るが一度も使わず専ら大浴場を使っていた。

※コロナも怖く、ドアノブや椅子 テーブル類(布部分も含む)・手が触るであろう部分やリモコン等をアルコールの除菌ティッシュで丁寧に拭いた。因みに飛行機内でも同じ事をした。

明日も晴れ予想だ。

 

« 途轍もなく贅沢な温泉旅行 | トップページ | 沖縄旅行2 »

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

途轍もなく贅沢な旅行とはこれだったんですね。
私は言葉通りに受け取って一泊10万円くらいの高級旅館に泊まって豪華グルメに舌鼓を打って来たのかと思ってしまいました。

 我が家はいつも1泊か2泊のお出かけばかりですが、
 その日数で沖縄へ、なんて考えられません。
 はい、ほんとに「途轍もない贅沢」です。 
 
 「温泉に入りに、ちょっと沖縄へ」
 かっこいい!
 言ってみたい!
 
 

ごくらくとんぼ様
一泊10万円ですか〜 普段は五万円ほどの宿が正月料金で10万や15万に成りますがそんな贅沢は出来ません。余談ですがごくらくとんぼ様の書き込みが6001件めです。有り難うございます。

うつきよう様
マイルは沢山たまっているし取り方も忘れない様にと思い沖縄にしました。無料で取れるのがなんと言っても良いです。
やみつきに成りそうです。


おお、
温泉の目的地が 「沖縄」だとは想定外でした。

この時期、雪深い地方ではなく、沖縄へひとっとび という発想が 若い!!

ふむふむ、2日目はどうなったのかな?

shinmama様
寒い時期は暖かな沖縄!良いですよ!物価も安い。
春節に合わせてしまったのが大失敗でした。しかしホテル以外中国人は非常に少なかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 途轍もなく贅沢な温泉旅行 | トップページ | 沖縄旅行2 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。