« コロナが怖くて | トップページ | レンジャク 1 »

2020/03/20

メジロ

Img_6677
我が家の梅に来ているメジロです。
Img_6598
とても可愛いですね
Img_6650
ひとしきりウメで動き回ると

Img_6540
西洋ヒイラギで蜜を吸い、その後

Img_6763
生け垣のレッドロビンで、見つかりにくそうな場所に入り込みます。
遅咲きの我が家のウメも今は咲き終わっています。

« コロナが怖くて | トップページ | レンジャク 1 »

」カテゴリの記事

コメント


 羽のフカフカしている様子まで 本当にきれいに写していらっしゃいます。
 ちょこちょこ動く鳥を、、、。

 ため息をつきながら 拝見させていただきました。

shinmama様
有り難うございます。200mmのズームに1.3倍のコンバーターを付け手持ちで撮影して居ますので至近距離でもなんとか撮れています。
仰るとおりチョコマカ動きますからね、、、

遅咲きでは負けないはずの我が家の梅、残す花もわずかとなりました。
今年はまだ「メジロ」が現れません、嫌われたかしら?
果物を置いても、ヒヨやムクが食い散らかしていくだけです(笑)
でもよし坊様のおかげで、肉眼以上にくっきりはっきりしたメジロに会えました。
ありがとうございます <m(__)m>

パンジー様
まだ花が残っているというのは静岡に比べて奈良は寒いんでしょうかね。
そして遅咲きですか〜 僕みたいですね(?_?) ???
ムクドリはまだ可愛いけどヒヨは腹が立ちます。
家の庭で今咲いているのは水仙だけ。すっかり寂しくなりました。

 以前我が家に2階に届く紅梅があって、
 そのころはメジロが来ていましたが、
 梅の木が枯れてしまってからはやっぱり姿を見なくなりました。
 今はその梅の実からの実生の紅梅がやっと50センチくらいの木になったのですが、
 メジロが来るにはまだ木が小さいですね。
 
 

うつきよう様
そうでしたか。メジロは梅が好きなんでしょうかね?
50cmならもう少し伸びればメジロも来ますね。
梅に鶯が来てくれれば良いのに来ないですね。梅に鶯の言葉はどこから出たのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナが怖くて | トップページ | レンジャク 1 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。