« 有る日のリンガーハット | トップページ | 静岡市も10万円の給付金が11日からもらう手配が出来る様になった。 »

2020/05/18

キャンセルに成った


20200510_144013_resized
717日から 日南花火クルーズに参加する予定で予約金も払ってあったのですが、郵船トラベルから電話が入りクルーズがキャンセルに成ったと言う。コロナが収まっていないので当然の事ですが新装成った飛鳥Ⅱに乗れない事がガッカリです。

Img_6382
航海時間が長いのが気に入って(船内の各種イベントが楽しめる)同じ内容の来年のプランが発売されるだろうからそれに仮予約するからと言って電話を切った。

何もかもコロナで翻弄されます。

 

« 有る日のリンガーハット | トップページ | 静岡市も10万円の給付金が11日からもらう手配が出来る様になった。 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


私も、ホーランド、日本丸と続けてクルーズキャンセルになり、
QEは こちらからキャンセルしたので 今年のクルーズ予定はなくなりました。
来年の春の予約が 1つだけ残っていますが それも危ないかなあ、、、と思っています。

どう考えてもクルーズ船は 高齢者が多いうえに 密になる場所も多くありますし
また 寄港地で それぞれが どこへ行って何をしてくるかわからないし、
旅行の形態としては コロナには弱いですよね。
かといって海外旅行に行けるわけじゃないし、どうしましょうか?

shinmama様
やっぱりそうですか、、、、こまりますよね、、、、
QEと言えば、16日に“世界の船旅”で取り上げていましたね。妻とQEは良いな!乗りたいね と話したばかりです。
我が家は優待券が二人で5万円有るのですがその期限が2021年3月末まででそれをどう使い切るか思案中です。
どうしましょうか?って・・・良い案があったら教えて下さ〜〜〜い

 残念でしたね。
 今年は諏訪湖の花火も中止です。
 夏のお祭りもみんな中止で、
 いつになく寂しい夏になりそうですね。
 収束の目途がたったら一気に取り返しましょう!
  

うつきよう様
何もかも中止になってストレスを発散させる物がなくなってしまいましたね。
静岡の安倍川花火も三年中止になりました。(前二年は天候が原因でした)
自粛が解けて一挙に人が動くのも怖いですが

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 有る日のリンガーハット | トップページ | 静岡市も10万円の給付金が11日からもらう手配が出来る様になった。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。