« GoToで別所温泉に行き 松茸を食べる 1 | トップページ | GoToで別所温泉に行き松茸を食べる 3 »

2020/10/19

GoToで別所温泉に行き松茸を食べる 2


Img_7659
七草の湯 場所は黒門の直ぐ横。観光には絶好の場所にありました。
Img_7474
ロビーで消毒と検温を済ませ・・・入り口でバタバタしていたので宿の人がやるのを忘れています、、、まあ良いかぁ
Img_7502

Img_7535
部屋は四階の朝霧草です。
Img_7477

Img_7481

Img_7601
チェックイン手続きは部屋で。内風呂・洗面所・トイレとそれぞれ独立しています。
Img_7517
角部屋で部屋から北向き観音様がよく見えます。
Img_7543
部屋に これが置いてあり、とても美味しかったです。同じ物を売店で売っていました。
Img_7484

Img_7496
2時ちょっと過ぎ、他のお客さんが来ていないようなので大急ぎで大風呂へ。半露天風呂に成って居てとても気持ちよく入る事が出来ます。小さいですが露天風呂もあります。
Img_7493
窓からは上田?方面がよく見えます。
Img_7510
部屋の窓からも上田方面が綺麗に見えます。
Img_7504

Img_7509
そして部屋の露天風呂。
Img_7515
露天風呂につかりながら北向観音が見えます。互いの方角から丸見えですから何か罰当たりのような気がしないでもありません。
風呂上がり お参りに行こうと思います。
Img_7524

Img_7527
宿の玄関からほんの10m 観音様のおかげ横丁?の様な商店街入り口。
Img_7528
お参りを済ませました。
Img_7546
さて、食事は7時を予約しました。食事処の個室に成って居ます。入り口もカーテンや暖簾では無く襖です。
Img_7552-2
Img_7552-1
さて、食事が始まります。
Img_7550

Img_7558

Img_7559

20201012_185209

Img_7560

Img_7562
残念、焼き松茸は姿焼きでは無かった。
20201012_195136

Img_7565
天ぷらですが松茸が小さい。
Img_7566
茶碗蒸し
20201012_201848

20201012_200822

Img_7568

Img_7570

ほぼ期待通りでしたが松茸の量がちょっと少なかったかな~。でも不作の最中この量が出れば上出来なんでしょうね。

途中女将が挨拶に来ました。松茸はご主人が大変苦労して彼方此方から調達してきている話を聞きました。そして別所温泉では花屋に泊まりますが今年はブログで知り合った上田の人の推薦で此所に泊まり・・・・等々話しました。

料理は途中途切れる事も無く良いタイミングで運ばれてきました。

竹松旅館と違い 松茸の料理を食べる上品な食事内容 も悪くは無いと思いました。

続く

« GoToで別所温泉に行き 松茸を食べる 1 | トップページ | GoToで別所温泉に行き松茸を食べる 3 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

よし坊様が宿泊された、同じ部屋に宿泊しましたが、もう随分昔の事で部屋もリニューアルされている気がします。
北向観音様が部屋からよく見えるんですよね。
松茸料理いいですね。とても美味しそうです。季節のものを食する、羨ましい限りです。

 まず松茸ですが、
 ここにきて直売所などにどっと並ぶようになりました。
 しかも、びっくりするほど大きなものがずらっと!
 1週間ずれました。
 自然のものとはいえ、せっかく来ていただいたのに惜しかったです<(_ _)>

 七草の松茸ですが、
 私のときも焼き松茸は割いてありました。
 傘も開いてましたし、軸も細かったので、
 一本だときっと見栄えが貧弱だったと思います。

 テラスのガラスはこちらからは見えても、向こう側からは見えないと思います。
 うちは横着していつも部屋からお観音さんにご挨拶です(笑)
 部屋から見える街の、正面付近のひときわ白く見えるあたりに上田駅があります。
 我が家のあるあたりは中ほどの山の向こう側になってしまって見えません。

 山の中の小さな温泉ですから、あまり多くは望めませんが、
 料理に、信州だからと言って川魚を出さないのが、私としては気に入っています。
 料理長さんは中居さんの話ですと、熊本の方だそうです。
 
 

ニャン様
そうですか!同じ部屋でしたか!
畳が新しく障子なども綺麗でした。そおなんです、目の高さに北向き観音堂が見えて、良い部屋でした。今回は観光は一切無しでちょっと勿体なかったのですが良い場所にありますね。到着日と帰る日に車を置かしてもらえば色々行けますね。
ハイ、松茸の時期には松茸。正真正銘の国産松茸は美味しいですね!

うつきよう様
あれ〜〜〜〜そうですか!自然相手の産物ですから仕方ないとは言えちょっと悔しいです。
うつきよう様は焼き松茸を頼んだと言っていましたから姿焼きがドンと出たと思いましたが違いましたか。殆ど出回っていない時では仕方の無い事ですね。宿としてはどんな形にしてでも目的に来ているお客様に出さない訳にはいきませんものね。
ガラスの建具は完全な磨りガラスか白色のプラスチックだったと思います。もう忘れました。早すぎですね、、、
上田駅、そうですか!すると夜ひときわ明るく光っていた辺りですね。太郎山が見えているのかな〜?と思いながら見ていました。


私も うつきよう様の焼き松茸で ドーーント姿焼きが出た画像が脳裏から離れません。
地元の方は ベストの時期を選んでいくことができるので 良いですね。

いや、GOTOは まだ続いていますので よし坊様も もう一度 リベンジなさってください!!

shinmama様
松茸の姿焼きが夢枕に出そうですね。しかし部屋を限定して予約するにはずっと以前に頼まなくては成らず難しいですね。
いくらGoToが有っても松茸でもう一度は年金生活者にはとても無理です。

記事の写真を懐かしく拝見しました。
北向観音堂と本堂常楽寺はまだブログをやっていない頃行きました。お宿から見て北向観音と反対方向にある茅葺き屋根の常楽寺(北向観音の本堂)へは行かれましたか?とても趣があって今もしっかりと覚えています。
そして上田の近くの姨捨の棚田や無言館(戦争で亡くなった画学生たちの絵画が展示してある)へは2009年の6月初めに行っています。ですからこの辺りの画像がとても懐かしく感じられました。嬉しかったです。

ごくらくとんぼ様
行ってません、、花屋に泊まっている時観音様をお参りした後安楽寺の三重塔に行き黒門まで戻り坂をジワジワ登って お参りし、その後真っ直ぐの道をかなり歩いて下って宿に戻った記憶があります。
棚田や無言館?行きませんしそれ以前に知りませんでした。勉強不足で駄目ですね、、

よし坊様、やや細身ながら松茸のオンパレードですね。
羨ましい限りです。
奈良の松茸は大阪や京都に出稼ぎに出たようで、我が家の口には入りませんでした(笑)
今年は松茸尽くしを諦めて、もっぱらGoToトラベルに賭けることにします。

パンジー様
私はややどころかしっかり細身ですから松茸が自ら合わせたんでしょうか?
京都大阪に出稼ぎですか〜。そして、地元の人で無く旅行にくる人たちのお腹に入るんですね。
はいGoTo沢山使って下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GoToで別所温泉に行き 松茸を食べる 1 | トップページ | GoToで別所温泉に行き松茸を食べる 3 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。