« ミサゴ ワシ掴みだ | トップページ | アレ〜?カンムリだ »

2020/11/20

\(・o・)/ワア!  恐ろしい

18UPした個体とは違いますが恐ろしい程の鷲の爪(ミサゴです)が撮れました。

Img_9878
ホバリングして狙いを定めて居ます

Img_9886

Img_9890
この爪でガツッと捕まれたら抜けないし逃げられませんね。

恐ろしや恐ろしや

« ミサゴ ワシ掴みだ | トップページ | アレ〜?カンムリだ »

」カテゴリの記事

コメント

 キャー 恐ろしい!
 それにしても鋭い爪の先まで見事に撮られましたね!
 さすがです!

うつきよう様
でしょ〜、恐ろしいです。
さかなを捕まえる所は木が邪魔に成ってしまい写真は撮れませんでした。

鋭い爪、あの爪で攻撃、捕獲されたらひとたまりもありませんね。
恐ろしいです。
まるで、で作られたかのようです、、、。
昨日時点では、オオワシはまだ来ていません、、、、。

ニャン様
凄いでしょ〜。恐ろしいです。カラスなんて簡単にやっつけられそうですが逃げるんですよね、、、
そおですか 未だ来ませんか。心配です。

おぉ~、なんとコメント申し上げたらいいのやら…
怖~い、けど格好いい!
これぞ猛禽類‼
素晴らしいお写真に拍手です❕

パンジー様
女性はカワセミの写真なら綺麗!を始め色々感じるようですがミサゴは怖いから嫌という人が多いですね。
ミサゴに限らずオオタカを初め猛禽類は爪だけで無く目も鋭いです。

全号の獲物のお腹の血を見てビビっておりましたら今日の鷲の爪で “これでは弱いものはひとたまりも無い” と察しました。それにしても料理に使う赤い唐辛子がタカノツメと呼ばれる所以が納得いきます。形がその名の通りですね。

ごくらくとんぼ様
カメラを構えた20mほど先でしたのでこんな細かい部分まで撮れました。
ガッと曲がった爪ですがこれでも時々落とす事が有るんですよ。
唐辛子のタカノツメ、似てますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミサゴ ワシ掴みだ | トップページ | アレ〜?カンムリだ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。