« Xmas 横浜ワンナイトクルーズ | トップページ | Xmas 横浜ワンナイトクルーズ 2 »

2020/12/25

Xmas 横浜ワンナイトクルーズ 1

Img_8325

備えは万全と言いながらも少しは不安もあるクルーズの始まりです。

※写真は部屋のベランダから撮ったブルーの電飾が綺麗な鯨の背中(横浜大桟橋)の彼方に見えるベイブリッジ。

新幹線はガラガラでしたが新横浜から桜木町までが混んでいる在来線。

Img_8233

Img_8241
タクシーで国際客船ターミナルに。ガラガラです。
Img_8250
乗船時間を待つ間大桟橋の上に登ってみました。こちら側(右舷)は女性用露天風呂で丸見え状態ですが・・・

さて  乗客が少なくドンドン前倒しで進み大幅に早く部屋に入る事が出来ました。

Img_8266

Img_8285
最低の部屋がベランダ付きで何時もの窓は有るけど開けられない部屋の販売は無し。我が家にとっては贅沢です。
ベランダ付きはベットも一寸大きく、タオルで折られた大小2隻の船と二箱のチョコレート。
Img_8270
へ~、ベランダ付きの部屋はバスタブが付いているんだ。しかし使いませんでした。
Img_8273
Img_8374
Img_8276
備品も豊富ですね。冷蔵庫にはジュース・ほうじ茶・水が各2本。マスクケース、その他色々。


Img_8288

飛鳥デイリーでイベント確認。風呂が3時20分から「誰も居ないうちに露天風呂の写真を撮って来よう」と思い早速行きましたが停泊中はクローズ、、、そりゃそうだよ丸見えになっちゃうからね。

飛鳥Ⅱは昨年暮れから3ヶ月間大改装をして居ました。新装成っていよいよこれてからと言う時火事、そしてコロナで全てのクルーズが中止。内部がどんなふうに変わったか見て回ります。

Img_8293

Img_8297

Img_8336
何処もかもクリスマスの飾り付け一色。クルーを始めとしたスタフは特にそれらしくなくいつも通りでした。
Img_8301
船内は何時もと同じ店が出ていました。それぞれには入り口でカードキーをタッチ。と同時に体温チェック。手指の書毒を済ませて入る事が出来ます。
Img_8310
ライブラリー
Img_8312
カードルーム・コンパスルーム・クラブ2100はクローズされています。ダンスが楽しみな人には気の毒です。
Img_8317
Img_8321
高級品ばかりで手が出ません。
Img_8343

Img_8346
パームコートと イースクエアー(以前のコンピュータールーム)
Img_8306
Img_8333
11デッキに出て見ました。
Img_8351
Img_8360
ベイブリッジを くぐり抜けます。
Img_8387

食事は6時からの一回で座席指定でした。テーブルは一つおきで1デーブルごとアクリル板で仕切られています。

Img_8389
メニューは大きいのですが一品ずつ説明書きがあるからです。
Img_8396
イタリア産クラッタ マロンムースとシュトーン
Img_8404
パンは飛鳥自家製にフランス産バター
Img_8408
カプチーノ風マッシュルーム トリュフのクロケット
料理長がディナーの内容とそれぞれの一品ごとに美味しい食べ方まで説明がありました。これは思い切りよくかき混ぜて食べて下さいとの事でした。
Img_8415
山口県下関産トラフグのカルパッチョ とらふぐスープのジュレ
Img_8417
花咲蟹と彩り野菜のサラダ仕立て
これはスプーンとフォークで三回だけ混ぜる事だそうです。
Img_8422
森林鶏と白菜、白葱、白舞茸のホワイトクリームシチュー
Img_8426
黒毛和牛のロースト 燻製インカのひとみと生どんこ メインディッシュですがモウお腹がいっぱい。でも頑張って食べました。
Img_8429
フロマージュとパンドーロ
チーズ好きな妻は喜んでいました。
Img_8435
モロコシで出来たカップの中にはコニャックのチョコレート・オリーブオイル・塩をアイスに掛け 好みや温度差を感じて末茶で出来たスプーンで召し上がって下さいとの事。 カップもスプーンも食べられます。

Img_8442
食事が終わればプロダクションショー クリスマスに因んだ豪華な衣装のダンスと歌をたっぷり楽しみました。

撮影禁止です。ショーが終わった後舞台をかたづける前の大道具を許可を取って撮りました。

Img_8446
Img_8453
パームコートの西浦沙織&菊地沙織さんのクリスマスラウンジコンサートと立て続けに楽しみます。コロナの事も忘れてリッチな気分に浸る事が出来ました。此所は撮影出来ます。
Img_8457
そして〆はクルートーク。

参加者が自由に質問出来ます。僕は日本の港でお気に入りは?清水と函館が良い等回答をもらいましたが此所でハプニング。

なんとお客さんが前に出て来て プロポーズ!♡

お幸せに!!!!!!!!!

 

 

 

 

« Xmas 横浜ワンナイトクルーズ | トップページ | Xmas 横浜ワンナイトクルーズ 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

そんなに乗客が少なかったんですか?
単純に考えればそれで採算が取れるのかなって思ってしまいますが・・・・・・。
スタッフの方がお気に入りの港に清水港を入れてくださったのは嬉しいですね。
やはり海からの富士山の眺めでしょうか?
私は大好きな景色なんですが・・・・・・。

 華やかな雰囲気が伝わって、
 拝見しているだけでコロナを忘れて気分が上がりました。
 クリスマス・クルーズでプロポーズなんて、あら素敵!
 ドラマのようですね。

クリスマスイブを飛鳥で過ごすなんて私には夢のよう。
確かにコロナに対する不安はありますが、、、、
それを上回る上質で優雅な時間を過ごせるなんて素敵です。
横浜の夜景もきれいですね。料理も美味しそうです。

ごくらくとんぼ様
余程の酔狂で無ければコロナ感染のリスクがあるのに乗りませんよ、、
駿河湾を清水港に向かって航行すれば正面にドーンと富士山が見えるのですからそりゃ良いですよね。他県の人は感激しますよ。

うつきよう様
洒落たプロポーズですよね。船内TVで生放送されていますが、式も是非飛鳥で御願いしますとスタッフに言われていました。うつきよう様も○○式に如何ですか!

ニャン様
飛行機が駄目な人は船は良いですから是非お乗り下さい。以前ニャン様ご夫妻がお乗りになったフェリーが「世界の船旅」で紹介されていましたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Xmas 横浜ワンナイトクルーズ | トップページ | Xmas 横浜ワンナイトクルーズ 2 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。