« トモエガモ | トップページ | 油山寺 »

2021/01/18

可睡斎の ひなまつり

墓参りの序では失礼になるかも知れないのですが其れを承知で行かせて頂いた可睡斎(かすいさい)

Img_8577

堂々とした総門

Img_8578
写真のこの階段には2月20日21・27・28日にひな飾りされるのだそうです。
Img_8584
本堂
Img_8587
御真殿(ごしんでん)~秋葉総本殿~  と続きます。

一通り外からお参りを済ませ入場料を払い会場に。

Img_8591

いきなり等身大の人形が出迎えてくれます。

Img_8594
通路にも おひな様
Img_8596
お庭も見る事が出来ます。
Img_8604
その大庭園を望む廊下に並ぶひな飾り。
Img_8608-1
32段1,200体のおひなさま

※拡大出来ます

Img_8615
毛糸で出来た アマビエ雛も展示されていました。
Img_8617
折り鶴です。一枚の紙から作ってある 折り鶴が繋がっています

会場内は手指消毒は当然ですが密に成らない様一方通行に成って居ましたし、混雑を予想して二重のマスクなどの対策をして行きましたが人も少なく心配には及びませんでした。

 

油山寺編に続く

« トモエガモ | トップページ | 油山寺 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

可睡斎のお雛様を知ってはいたのですがこうなっていたんですね。
あまりにも近く、いつでも行けると思っていました。
広間に並べられた段飾りは見事ですね。
この時期の寺参りは寒かったでしょう。

ごくらくとんぼ様
以前から知っては居たのですがわざわざコロナの時に・・・と言われそうでしたが彼方此方遊びにも行っていないので思いきって行きました。行った価値がありました。
そうですね、トンボ家からは近いですからね。
其れが寒くなかったんです。暑くてダウンを脱いでしまいました。

流石関東圏、お雛様も早いんですね。
最近では関西も、東京中心の日本文化に合わせ、2月に雛飾りの展示が始まるところも増えてきました。
ニュースか何かで拝見したことの和えう階段の雛飾りですが、実物はもっと見事でしょうね。
それにしても、雨が降ったら大変でしょうね。
どのように対策なさってるのかしら?

 見事な段飾りのお雛様ですね。
 しかし、等身大のお雛さまにはギョ!
 連鶴もまたすごいですね!
 まだ1.2くらいの視力があって、老眼も全くないころ、
 連鶴を折ったことがあります。
 大き目の折り紙で4X4が精一杯でした。
 当然のことながら、今は絶対無理。 できません。

パンジー様
家の家系は男ばかりでひな人形に縁が無かったのです。妻が嫁いできた時とても寂しく感じたそうです。
飾るのも大変でしょうが雨は確かに困りますね。どうするんだろうか?
寺内の飾り付けはボランティアがやって居るようでした。

うつきよう様
等身大のは美人じゃ無いですね、、、もうちょっと上手に作れば良かったのにと思います。
折り紙の鶴は連鶴というのですか!又一つ覚えました。
写真のだけで無く他のもありました。
4×4とは16羽と言う事ですね?

見事なお雛様ですね。
等身大のお雛様は、ちょっと怖いかも、、、
32段1,200体のおひなさまは、圧巻ですね。
年と共に、こういった年中行事が遠のいていきます。
家にこもっているのだから、お雛様でも飾ろうかな?と言っても小さなお雛様ですが^^;


保育園に通っていた時に、♪ 灯りをつけましょ 「ぼんやりと」♪ と 歌っていたのを思い出しました。
冗談かと思ったら 本人は 真顔でしたので 間違えて覚えていたのでしょうね。(笑)

よし坊様のお宅と同じで 我が家も主人は男ばかりの3人兄弟、息子ひとりに 甥ばかり、
お雛様には縁がありませんでしたが、やっと孫で 復活しました。

自然の風景から季節感を感じることが難しい生活を強いられていますので
「ひな祭り」のような季節の行事に 心が魅かれます。

いいですね、、、。

ニャン様
1200体は飾る時も大変でしょうが、しまう時もキチッと順番を決めて片付けないとヒッチャカメッチャカに成っちゃうでしょうね・・・なんて考えては夢が無いか、、反省。
町内のどんど焼きも有りませんから正月飾りが毎年困って、仕方ないので塩で清めてゴミの日に出すようにしています。
仰るとおり年中行事がドンドン無くなってきますね。

shinmama様
ぼんやりと 笑っちゃいますがなんの不思議も感じないのですから余計に可愛く感じますね。どんぐりコロコロドングリコ と覚えちゃったのと同じですね。
男ばかりの家は殺風景で華やかな所が無いですからね。お孫さんにこれでもか〜 と飾り立ててバアバも一緒に楽しみましょう。
昨日から静岡はコロナが・・・・・仙人にでも成って山に隠るしか無いのか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トモエガモ | トップページ | 油山寺 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。