« 梅に鶯 ? | トップページ | 日本平夢テラスに行く »

2021/02/19

鳥の オマケ 

鳥ネタは一先ず終わり オマケはスズメ

Img_1094
Img_1434

スズメは大筒(レンズ)を向けると直ぐ飛ばれてしまうのですが何故か撮影出来ました。

その後ベニマシコ正面からの写真は撮れていません。

季節が少しずつ変わり今年も既にレンジャクが来ているようです。

« 梅に鶯 ? | トップページ | 日本平夢テラスに行く »

」カテゴリの記事

コメント

帯の結び方で 『ふくらすずめ(福良雀)』 という物があります。
寒い冬に体の羽毛に空気をふっくら入れて寒さを凌いでいるスズメの姿と帯の結び方が重なって見えるのでその様な呼び名がついているものと思われます。
丸々していて可愛いスズメ三兄弟?は気持ちがほっこりします。

ごくらくとんぼ様
おたいこ とは違うんですね。フックラして丸々して・・・・
なんか想像出来ます。暖かそうです。
今日も撮影に行きましたが撮影する人は多く成りましたが鳥が来ない、、、
そちらは来てくれましたか?

雀、どこでもよく見かけますが、いざ写真に撮るとなったら難しいです、、、。
ふっくらまん丸さがとても可愛いです。
前回のメジロの写真、冒頭から2枚目の写真とてもいいですね。
鳥のかわいらしさがよくあらわされた写真で好きです。

ニャン様
スズメってホント難しくて撮れないんですよ。
まん丸してますね、余計可愛く見えます。
メジロの写真ですが実際の写真はもっとピントが合っているんですよ、、、
何故かUPしたらピンボケに成って居て、、、原因が解りません。

 見慣れたスズメも改めて見させていただくと、新鮮です。
 三羽のうちの一番下のスズメが眠そうでかわいい❣

うつきよう様
ホントですね!
よく見ると確かに眠そう
今日は日曜だし風はないし温かで、この写真を撮った所は多くのバーダーが行って雀もおちおちして居られないと思います。

よし坊鳥図鑑、姿かたちだけでなく、表情があってy楽しいですね。
我が家の晩生の梅も、ぼちぼち咲き始めました、いつもより早いです。
その梅野木でメジロを見かけましたが、もちろんカメラは間に合わず…(笑)
桜並木ではまだ固い蕾なのに、鳥につつかれのでしょうか、たくさん落ちて角を発見。
今まで見た事ない光景です。

パンジー様
土日は鳥撮りはお休みで、家の事だけやっておりました。
メジロを見るように成りましたね。やっと春が来たかと感じられます。
今日は家の前の電線にも止まっていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅に鶯 ? | トップページ | 日本平夢テラスに行く »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。