« ザワつく金曜日 | トップページ | 鳥ではない飛び物のオマケ »

2021/03/12

レンジャク

Img_2004
今年も来てくれたレンジャク
Img_1955
写真はヒレンジャクですがキレンジャクを撮った人も居ます。

Img_1840


Img_1907
止まっている木からいきなり飛び出しては又戻るを繰り返しています。

人間の眼では見えていないのですが写真には確り虫が写っています。

これを捕まえて(フライキャッチ)居るのです。




« ザワつく金曜日 | トップページ | 鳥ではない飛び物のオマケ »

」カテゴリの記事

コメント

頭の毛?がとても特徴的ですね。
もうこんなに虫が飛んでいるんですね。今年の春の訪れはとても早いです。

ニャン様
特徴的な頭の毛ですよね。そして顔も怖いです。
虫が居ますね。こんなに沢山飛んでいるなんて想像出来ませんよね。


ヤンキーのように なかなか厳つい表情と髪型?の鳥ですね。

毎年 この時期にやってくるのを よくご存じのよし坊様だからこそ
写すことができた貴重な写真を拝見させていただき ありがたいです。

尾の先が 赤いのが ヒレンジャクの特徴でしょうか?
インパクトがありますね。

shinmama様
はい、去年も同じ頃ブログに出しましたね。
一度写せば後は何れも同じだろう〜と言われそうですが懲りずに通いました。
普段見た事の無い顔の鳥撮りが殆どです。通信網が有るんだろうと思います。
扇のように広がった尾羽がとても綺麗で赤と黄は直ぐ解りますね。

夕方のニュースで、「レンジャク」を拝見しました。
群れでやってきて木の実を食べ尽くすとみんなで一斉によその木に移動…
といった光景でした。
ニュースでは、あの独特なヘアースタイルぐらいしかしかと分かりませんでしたが、
よし坊様のとっても大きくくっきりしたお写真で、レンジャクの顔まではっきりとらえられました。
ありがとうございます。

パンジー様
そうでしたか!ニュースに出る事が有るんですね。
新芽やモチノキの実などを食べます。街路樹がモチノキだと大変です。
レンジャクブログは当分続きますから懲りずに見て下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ザワつく金曜日 | トップページ | 鳥ではない飛び物のオマケ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。