« スピーカー | トップページ | モズの はやにえ »

2021/04/09

桜に止まる翡翠を撮りに

1-1

先週はほぼ毎日桜に止まる翡翠を撮りに通いましたがとうとう撮れませんでした

代わりに来てくれたメジロ

虫をくわえています。食べるんですね。初めて知りました




1-1-1


1-1_20210405211201
まあ何にも撮れなかったよりは メンジー でも良いのですが


« スピーカー | トップページ | モズの はやにえ »

」カテゴリの記事

コメント

懐かしい言葉を聞きました。
そうそう、子供の頃、田舎で育ったので男の子たちはメンジーと言っていました。
ウチのエサ箱にメンジーが来なくなってしまいました。ヒヨドリのせいです。

ごくらくとんぼ様
同じですね、メンジーと言ってました。
エサ箱ね、、せっかく作ったのにヒヨばかり来ては困りますよね。ヒヨが居なくなると他の鳥が来てくれるはずです。もう少し頑張って下さい。

ほっほ~、「メンジー」ですか?
何だか仲良しっぽくっていいですね。
我が家の庭でも、ヒヨどもに追いやられたせいか、メジロを観なくなりました。
でも最近ご近所で、イソヒヨドリを見るようになりました。

パンジー様
仲良し?そお言えばそんな感じですね。子供の頃遠州で育ったのでメンジーと呼んでいました。
そおなんですよね、、、ヒヨが
我がもの顔して他の鳥を寄せ付けない。困った事です。
イソヒヨドリは増えましたね。綺麗な声で(♂)、しかも大声で鳴きますね。春を感じます。雌は見窄らしい姿をして居ます。

 メンジーですか、可愛い呼び名ですね。
 それだけ身近に見られんですね、きっと。
 花を食べる印象が強いのですが、
 虫も食べるんですね。
 やっぱり、たんぱく質必要なんですね(笑) 

うつきよう様
昔、父の実家では飼っていたと思うんです。昔はうるさく無かったし霞網も使っていましたからね。
僕も初めて見ました、虫を食べているの。キリギリスじゃ無いんで菜っ葉だけ食べれば良いとは征かないんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スピーカー | トップページ | モズの はやにえ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。