« 一回目 打ったぞー | トップページ | カワセミの子が撮れた »

2021/06/16

キセキレイ 三態

Img_3469

民家の屋根の上で高らかに鳴くキセキレイ

Img_3444

Img_3451_20210611154801
毛繕いを始めました
Img_3464
オッと 飛ばれてしまった

実は翡翠の子供が出たと聞き雨の日以外はほぼ通っています。証拠写真も見せてもらい間違いありません。

その翡翠の子供がやっと撮影出来ました。18日にUPしようと思います

 

« 一回目 打ったぞー | トップページ | カワセミの子が撮れた »

」カテゴリの記事

コメント

キセキレイ、可愛い顔していますね。
セキレイは、白黒だけだと思っていました。
警戒心の強い鳥ですが、セキレイはちょこまかと人のそばを歩いているイメージがあります。
カワセミの子供、楽しみにしています。

ニャン様
この辺りにはキセキレイが居るんですよ。勿論白も黒も居ます。ミサゴを撮りに行く所ではキセキレイを見ないんです。お尻フリフリしてチョコマカ動いて 可愛いですよね。
翡翠の子供“エこれが?”と言われそうですよ。でも楽しみにして下さい。

今にも鳴き声が聞こえてきそうな 画像です。

翡翠の子供???

楽しみにしていまーーーーす。
(^.^)/~~~

うちの周りには普通のセキレイは来るんですがキセキレイは見ません。通りすがりの田んぼでシロサギとアオサギをよく見かけます。写真を撮ろうとモタモタ準備していると離れていってしまい画像に残せません。アオサギ撮りたいと思っているんです。
翡翠の子供、見たいです。成鳥とは違うんですか。

shinmama様
そおですか 有り難うございます。
エ〜 これが子供〜? とガッカリしますよ。
期待しない方が良いと思います。

ごくらくとんぼ様
キセキレイは意外と少ないですね。
アオサギは大きいですから撮りやすいしピントも合うと思いますよ。
皆様ホントに期待して居るみたいですが・・・困ったなww

 今日も、キセキレイの道案内にあってしまいました(笑)
 ちょっと横によければ良いのに、
 前に前に先行するので、轢きそうで困ります。
 遊んでいるわけではないと思うのですが、
 おかしな習性ですよね。
 
 
 

うつきよう様
そうなんですよね。何で前に前に行くと言うか逃げると言うか?
僕も何度も経験しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一回目 打ったぞー | トップページ | カワセミの子が撮れた »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。