« キセキレイ 三態 | トップページ | カルガモ »

2021/06/18

カワセミの子が撮れた

Img_3680
継続は力なり
やっと撮れた翡翠の子 初めに撮った人は二羽並んで撮れていたが残念 一羽だが撮れれば幸せ
子供の特徴はお腹側の琥珀色が黒く汚い縦じま模様になっている事 成鳥に比べてクチバシがやや短い
それにしても汚いよな〜

Img_3705

Img_3712

Img_3713

Img_3724_20210616090001

Img_3725_20210616090001
背中の瑠璃色は親と同じく綺麗だし羽も痛んでいないから余計綺麗だ
Img_3737
オッと 飛ばれてしまった
しんこ(新子)と呼んでいますが正しい漢字は 新仔 のようだ

Img_4628
参考に成鳥のお腹側 色違いとクチバシの長さ違いが解る写真を貼り付けます。

« キセキレイ 三態 | トップページ | カルガモ »

」カテゴリの記事

コメント

期待が大きくて困るとおっしゃっていましたが想像していた姿よりずっときれいです。
お腹側から見ればなるほどと思いますが頭から背中にかけては惚れ惚れするほど美しいです。
私の地元にも清流はありますが蛇の出没が怖いですからねぇ~~"(-""-)"

ごくらくとんぼ様
写真を撮り始めの頃、お腹側が何でこんなに汚いんだろう。何処かで汚したのだろうか?なんて思って見ていましたから。
蛇の話は止めて下さい、怖い、、、、、
翡翠の巣は蛇が上がってこれないような垂直の崖の高い所などに作るようですが翡翠も蛇は・・・・
今日も撮影に行ったのですが釣りの人が来てしまい早じまいしました。


孫の髪の毛は 何もつけなくても つやつやと輝いているのに
私の髪の毛は 「こし」も「艶」もなく ボサボサになってしまいました。


カワセミも 若いうちは 羽の色に艶があり、輝くようで それだけで 十分美しいのですね。
年寄りカワセミが 私と同じことを 嘆いているだろうなあ、、、、。

shinmama様
毛の話に絞れば男は抜けて坊主になってしまいますからねwww
何でも綺麗な時が一番!
翡翠は水の中に飛び込んでも変に抜けるような事もなく凄いですよね。

新仔ちゃん、確かにお腹側は今一ですね(笑)
でもさすが、綺麗な瑠璃色です❕
これだけのお写真、御苦労が浮かばれましたね。
それともこれぐらいでは、よし坊様は満足に至らないのでしょうか?

パンジー様
汚いですよね、、、
瑠璃色は流石で惚れ惚れしますね。
話しかけてくる人は何方も色が綺麗だ!と言っていますが冬と違って葉が邪魔に成って見つけにくくなっています。
まあこんな新仔ですが通った甲斐がありました。

 確かに親に比べると地味な色あいですが、 
 おっしゃるほど汚いとも思えません。
 顔つきも姿も、見るからに幼いですね。:
 かわいいです。

うつきよう様
正面から見ればこれが生まれた子?と言った姿ですがね。
通って撮った努力を買って下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キセキレイ 三態 | トップページ | カルガモ »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。