« しずおか元気旅 1 | トップページ | エジプト展  »

2021/09/06

しずおか元気旅 2

Img_0349

天気予報は雨予想だったのに晴れています。

この天気なら石廊崎最南端のパワースポットに行こうと思います。

Img_0366
昨夜と同じ場所での朝食で、メニューも付いていました。
Img_0373
Img_0369
鯵のたたきは美味かったです

Img_0376

これ料理?全く手つかず、、

Img_0381
鯵の干物も美味かったですが 全体の量が多すぎて食べ残しの方が多いのは情け無いと思いました。

朝夕とも品数を思い切り減らしてアワビと伊勢エビのどちらかをそれぞれに付けてくれれば良いと思いました。最近は量より質コースが選べる宿も有りますから参考にしてもらいたいな~

Img_0388
10時チェックアウトでロビー前のベランダに出て見ました。
Img_0392
一階は横の駐車場に繋がっています。

参考にこの宿は二人で33,000円。県民割りの一人5,000円×2で支払額は23,000円です。それに県民限定トラベル券2,000円×2=4,000円の買い物券がつきます。

Img_0458

Img_0399
向かうのはオーシャンパークの南にある石室神社(いろうじんじゃ)

Img_0405
駐車代金500円を払い鳥居をくぐり
Img_0408
Img_0412
灯台の横を通過。明治4年、建てた当時は木造だったとの説明がある。
Img_0415

見えてきたのは最南端です。

石室神社には写真を撮ったこの位置から左に10m程下がって行きます。

先ずはお詣りをします。江戸迄の航海を無事終えたら船の一番大切な物を奉納しますと願って航海し無事戻る事が出来 帆柱を奉納したそうです。その帆柱が神社の床下に柱として使われ一部がガラス張りで見えるように成って居ます。神社内全て撮影禁止で写真は有りません。

Img_0434
お詣りを済ませ最南端に。其所に小さなお社がある。熊野神社で縁結びの神様だそうです。右手奥に写っているのが石室神社(いろうじんじゃ)
Img_0427
此所からは伊豆七島が見えるはずですが霞んでいて二つしか見えませんでした。
Img_0442
岸壁にへばりつくように建っています
Img_0448
20210831_114538_resized-1
さて、伊豆中央道を通って帰ります。

Img_0466

トーキョーラスクに寄りました。タダで飲めたコーヒーサービスは無くなっていました


Img_0469
道の駅 月ヶ瀬が出来ました。
Img_0475
ナント、駐まっている車 この列全て他県ナンバーです。平日ですよ~大都会のコロナ感染者が減っても静岡県が増え続ける訳だ

GoToトラベルも県民割りも全て無くなってしまい、しばらくはおとなしくしているしか無いか。

« しずおか元気旅 1 | トップページ | エジプト展  »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

県内に住んでいて
いつ訪れたか忘れたくらい行ってないです。
また のんびり行ってみたいです。
いつ行けるのでしょうか?

良いお天気で気持ちが良さそうです。石廊崎からの景色良いですね。
朝食もしっかり品数も量もありますね。
以前、量少な目のプランを選びましたが、しっかり量がありました、、、。
もっと減らしてくれればいいのに ですね。^^
緊急事態宣言後も滋賀県にも他府県ナンバーの車が多いです、、、。

RINO様
これは又珍しい方から書き込み頂きありがとう御座います。
近すぎて行かないという事も有りますからね。
僕は歳とともにパワースポットの御利益を願う歳になりました。

ニャン様
ハイ、お天気男です。
食べられなくなりました。困っています。見回せば元気な人は良く食べていますからね。
家としてはカサゴや金目よりアワビに伊勢エビです。

やっぱり他県Noが多いですか!これから秋のシーズンに成るともっと増えるでしょうから困りますね。


懐かしい風景と思って 自分のブログを振りかえると
https://runslowly.exblog.jp/26360439/
2018年のことでした。

東京にいる間に もう一度行きたい 伊豆の旅ですが
なぜか 最近 東に東に旅行してしまいます。 

何度か泊まり、出される食事の量が よくわかっているお宿なら
「ご飯はいらない」「お肉と魚は半分にして」と 事前にいろいろお願いできるのですが、
初めてのところは どれだけ出されるかわかりませんものね。
出された食べ物を残す罪悪感、、、よく わかります。

shinmama様
今見てきました。行ってますね〜!
伊豆は宿を往復するだけなら電車も良いんですが他も回ろうとすると車でないと不便ですからね。
又是非静岡県にもおいで下さい。
考えてみると民宿程度の量が我が家の食べ頃量。情け無くなりました。

 鯵のたたき、鯵の干物は伊豆の定番ですね。
 私は実は鯵のたたきはどちらかというと苦手で、普段は手が出ないのですが、
 伊豆では美味しいので食べます。

 我が家は、料理はもちろんのこと、添え物でも食べられるものは全て平らげてしまうので、
 欠食児童みたいでお恥ずかしい・・・
 でも、それもたぶん今のうちです。
 ツレアイも歳をとってきましたから、早晩食べられなくなると思います。

 石廊崎には何度か行きましたので、なつかしく拝見しました。
 やっぱりお天気が良いときれいですね!

うつきよう様
女性で鯵のたたきが苦手とは珍しいですね。しかし鯵はなんと言っても ひらき 出来ればトロ味と名の付いたひらきが好きです。
以前から言って居ましたが痩せる為に食べる量を減らさなくても歳とともに食べられなくなりますから自然と体重減に繋がります。
伊豆は遊びも観光にも恵まれた所ですから、又おいで下さい。

冒頭の写真は朝日ですね。
9月10月頃は駿河湾に沈む夕日の絶景がみられるそうですね。
夕日が沈むときの達磨という現象を一度見てみたいと今頃の季節になると思います。

月ヶ瀬に道の駅が出来たんですか。知りませんでした。

ごくらくとんぼ様
そうです朝日です。建物が邪魔で海岸から登る太陽は見られません。
駿河湾に沈む夕日で有名なのはゴジラ岩に沈むのですね。昔撮りに行きました。場所取りが大変でした。
達磨ね、僕も見た事有りません。
月ヶ瀬の道の駅は大きくないですから品揃えもたいしたこと有りません。
今日はこれから寝て0:00分からのワールドカップサッカーVS中国を生中継で見ます。TV中継はありません。
DAZNでのネット中継だけです。

よし坊様、最近は「ネット配信のみ」が増えてきましたね。
「見たい」と思う試合がテレビ放映されないとガクッとしてしまいます。
かといって一度DAZNを見始めたら、ますます家事をしなくなる恐れが…(笑)
ところで石廊崎、行った事ないんですよ。
でも皆様のブログ参考にして計画立てたら、完璧なツアーができそうな気がしてきました。

パンジー様
途中経過は日本が勝っています。大迫のゴール。
帰化した英国人が2人居たりしてイヤな中国です。
負けている中国が激しくなりそうです。
是非石廊崎に行って下さい。僕がお薦めの宿は観音温泉です。
大仏殿のように大きな檜造りの湯殿で温泉がビックリするほどドボドボした感じの湯です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しずおか元気旅 1 | トップページ | エジプト展  »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。