« 昨日から出かけております | トップページ | 松茸だ~ 2 »

2021/09/30

松茸だ~ 1

Img_0525

今年はワクチンも二回打ったし松茸を 食う のが目的ですから竹松旅館でも大丈夫だろうと思い行く決心をしました。そこで どんな具合か電話で聞いてみることにしたのが9月17日。

すると、「今年は大豊作で今 正に最盛期」との事。妻の都合に合わせて9月26日泊まりで予約をした。

中部横断自動車道が出来てとても楽になり清水インターから入り第二東名清水ジャンクションからそのまま横断道に乗ります。諏訪インターで昼食。小黒川スマートICで出ます。

このまま宿に行くには早すぎますのでICを出て7分程の場所に有るグリーンファームに。

Img_0521
此所で値踏みをします。食べ頃のサイズで一番売れているのが一皿4,000~6,000円です。写真は有りませんが他に8,000~15,000円も買う人が居ます。
Matu01
最も高かったのがこれです。(スマホで撮影)
Img_0534
1時40分に宿に到着してしまい町の散策に出かけました。
Img_0552
Img_0543
建福寺 立派なお寺です。

 

家を出た時は「流石の晴れ男も今日は雨か、」と思う程降っていましたが諏訪湖では晴れ、到着した時は曇り、その後雨になって車内で雨宿りしていると女将が呼びに来てくれました。時間を見ると2時20分。女風呂は入れますが男風呂はもう一寸待って下さいとの事でした。


Img_0573_20210929125801
一歩入ると館内は松茸のにおいが充満しています。
Img_0553_20210929125601
Img_0554
凄い数です。これだけの大豊作は10年ぶりだと言って居ます。多い日は2列に並んだそうです。
Img_0559
Img_0563_20210929125901
部屋は小さいですが見晴らしも風通しも良くトイレも付き一番使い勝手の良い部屋で助かります。
窓から髙遠城址公園も見えます。

Img_0565
Img_0568

Img_0577
先ずはお風呂
温泉の成分表が確かにあるのですがホントなんだろうか?と何時も思うのですが体中がヌルヌルとします。名物の松茸も浮いていました。
Img_0578_20210929130201
食事は6時からにしました。三間繋がっている一番奥の部屋。手前の二部屋には夕食だけの人らしいグループが四組程入って既に食べていました。

カメラの設定を間違えて光源を 電球 にしてしまったらしく、やたら青く写ってしまいましたので修正出来る範囲で直しました。

Img_0589
刺身です。厚く大きくコリコリとして今まで此所で食べた刺身の中では一番良いと思いました。これを食べられただけでも幸せが頂点に達します。
Img_0587_20210929130301
Img_0592
焼松茸の焼く前の状態
Img_0606
これを裂いてアルミホイルで包み湯気が出て来たらカボスを搾って掛けて食べます。香りが最高!!
Img_0596_20210929130301
すき焼き用の松茸です。松茸の下に地元で採れるキノコ類が有ります。

Img_0614

Img_0580_20210929130901
そのキノコ類と野菜を先に入れその上に食べやすく裂いて松茸を乗せます。肉が見えますが妻が馬肉がダメな事が解っていて牛肉に成って居ました。言わなくても解ってくれているのは嬉しいものです。

うどんも有りますがとても食べられないので入れません。

Img_0599_20210929130301
土瓶蒸しの松茸は食べても食べても無くならない程入って居ます。鮨屋の親父に見せたいよ。
Img_0600
左はミョウガの醤油漬・真ん中は松茸の糠漬・右は地元のキノコですが名前は忘れました
Img_0605
フライ 丸々一本で食べ応えが有ります。若い人には良いけど我々の年齢だと天ぷらの方が良いと思うんだけどな~
Img_0617_20210929130901
御飯は要らないと言ったら味噌汁だけ持ってきてくれました。

鍋以外は食べ切りましたが動くのもイヤなくらいお腹がパンパン・・・・苦し~~ぃ

 

途中から四人ずれのお客様が入って来ました。テーブルにはパーティーションが有り空気清浄機のようなコロナ対策らしい器具も置かれ窓が開いていて風通しも良く数値が悪くなると警報が鳴る仕掛けも有りましたので一応の対策はされていました。

 

 

 

« 昨日から出かけております | トップページ | 松茸だ~ 2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

これでもかっていうほどの松茸づくしですね。
見ているだけでため息が出ます。いいなぁ〜〜(^-^)
これだけでもすごいのに何ですか、お風呂に松茸?
贅沢すぎますね!(◎_◎;)

ごくらくとんぼ様
凄いでしょう〜!!!!二年連続不作が続き今年は大豊作。
此所の名物は風呂にも松茸。体中松茸の匂いが染み込んでしまいます。

本当にすごいですね。温泉にまで松茸。これぞ松茸尽くしの宿ですね。
今年は、松茸が豊作だと言っていましたが、本当に豊作ですね。
高遠というと桜しか思い浮かびませんでしたが、毎年拝見するよし坊様のブログで松茸も特産品だと知りましたし、覚えました。
焼き松茸だけで、ガンガンお酒がすすみそうな私です。
場所も大体わかりますし、来年は開田高原と組み合わせて2泊3日ぐらいで松茸を食べに行きたいと願う私です。季節の美味しいブログ楽しめました。ありがとうございます。^^

 すごい、すごい!
 ご存じのように、上田周辺は全国シェアの多くを占める松茸の一大産地ですが、
 これだけの料理を出すところはありません!
 松茸の匂いは強いですから、
 よし坊様の行くところ、松茸の匂いも一緒にお供していましたよ、きっと。
 小鉢の地元キノコは、色を見ると、アミタケですね。
 ほんとに今年は大豊作で、
 値段も3割から、ものによっては5割近く安いです。
 こんな年はめっにありませんから、私も堪能したいです! 

ニャン様
そおなんです。風呂の松茸は此所の名物ですから。しかし不作の一昨年は入って居ませんでしたね。
今年は凄い豊作ですよ!
グリーンファームに出ている量を見れば解ります。
お酒と言えば隣の席のお客さんは「松茸酒」を何回も頼んでいましたよ!
成る程 開田高原と組み合わせて行くのも良いかもしれませんね。この季節に開田高原に行けば其所でも松茸が出るかも知れませんね。是非来年は計画を立てて下さい。

うつきよう様
ブログにも書きましたが松茸を品もへったくりも無く 食う のが目的と思えばこの宿は良いと思います。
アミタケ ね。そお言えばそお言っていました。グリーンファームにも沢山売っていました。
うつきよう様はもうじき出かけますか?今年も同じ宿だと思いますが堪能して下さい。
来年も豊作だと良いのですが。

再び登場のニャンです^^;
「松茸酒」これは、頂いたことがありません、飲んでみたいですね。^^
はい。開田高原でも「開田産の松茸が、19号線沿いの道の駅」で販売されているのを見たことがあります。
風里さんでも松茸の天婦羅や一品を頂いたことがあります。^^v
季節ごとの料理を品をいたでることは、至福のひと時ですね。^^

わあ、豪華絢爛。
ま、つ、た、け、、、づくし。

我が家は、大きな出費をしてしまいましたので、いくら豊作でも、今年も松茸を買うことは出来そうもありません。

う、う、う、(泣)
松茸なんか、大嫌いだあ、、と言ってみたい。

ニャン様
書き込み有り難うございます。
松茸酒ネ お酒飲む人はそれを聞いただけで【飲んでみた〜い】と思うでしょうね。
開田産松茸 やっぱりあるんでしょうね。と成れば当然風里でも出るでしょうから。高級宿となれば尚更の事。

shinmama様
そんな事仰らずに是非国産松茸を今年も一回や二回召し上がって下さい。
昨日、郵船トラベルでQEのオンラインセミナーが有りました。QEは妻がどうしてもイヤというのでキャンセルしたのですが、郵船から勧められたのでどんな船なのか知りたくて見ました。

凄い❕ お風呂に松茸❕❕  松茸酒❕❕❕  驚くばかりです。
やはり豊作の今年ならではなんでしょうか?
ニャン様同様、開田高原とのセットでの訪問はありかも…
これだけ松茸あったら、香りも充分に頂戴できそうです。
でも大好きになったらどうしよう…(笑)

パンジー様
松茸風呂は全く不作の年には入って居ませんでしたが他の年は有りましたよ〜。
飲んだ事は有りませんから松茸酒の味は解りませんが、来て飲んで下さい。
開田高原と髙遠コース、良いじゃないですか!
来年から是非どうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日から出かけております | トップページ | 松茸だ~ 2 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。